「ビリギャル」本人・小林さやか、高校は金城でなく名門だった可能性・・・

大ヒットした映画「ビリギャル」だが、そのビリギャル本人(小林さやか)にある疑惑が浮上していたことをあなたはご存知だろうか。

ビリギャル本人に浮上した疑惑・・・それはもともとビリギャル本人である小林さやかが「名門高校の学生」であり、同学校内においてビリだったということ。つまり、我々が想像しているような“まったく勉強ができないギャルが偏差値を40上げて慶応に・・・”と言ったイメージとはかけ離れているのだ。

結局のところ、この疑惑はあやふやにされ風化してしまった。

が、仮にこの疑惑が事実ならビリギャル本人である小林さやかはもともと頭がよかったものの勉強をしていなかっただけと言える。

ということで今回はビリギャル本人に浮上した疑惑についてまとめた。

実は頭がいい!ビリギャル本人の小林さやかの高校は金城でない可能性浮上・・・

ビリギャル本人・小林さやかのプロフィール

no title

坪田信貴先生著「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公”ビリギャル”本人。

現在28歳。大学卒業後のウエディングプランナー経験を活かし、昨年自身の結婚を機にフリーに転身。夫は都内で飲食店経営をしておりサービス業の師匠でもある。独自の熱い子育て論を持つ母(通称あーちゃん)と「ダメ親と呼ばれても3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」を共著で出版。現在母と講演活動を行いながら、「ビリギャル、保育園をつくる!」計画を遂行中。来年末を目処に愛知県での建設を新たな目標としている。

引用:小林さやか公式ブログ(アメブロ)


Focus 1: 「金城学院」出身が有力の小林さやか、実は名門高校出身か?!

ビリギャル本人・小林さやかに疑惑浮上…出身高校は「金城学院」でない?

no title

“ビリギャル”の勢いが止まらない。勉強のできないおバカな金髪ギャル・さやかが、1人の塾講師と出会い、たった1年で偏差値を40上げて慶應義塾大学に合格した──。

(中略)

しかし、このビリギャルに本当の意味で”ビリのギャルだったのか”という疑問の声が浮上しているのだ。

(中略)

まず、塾講師の著者いわく、ビリギャルと出会った当時、彼女は「小学4年生の学力のギャル」だったというが、本当なのだろうか。

というのも、ビリギャルは中学受験を突破し、私立の中高一貫校に通っていたのだ。
実際、同書にもこんな記述がサラッと書かれてある。

「彼女は名古屋では「お嬢様学校」と呼ばれる私立女子高Xに通っている高校2年生。中学から大学までほとんど試験なしでエスカレーター式に上がれる」 「君、一応、私立中学受験してるんだよね?」

名古屋で「お嬢様学校」といえば、名古屋の女子中学受験の「御三家」「SSK」と呼ばれる「金城学院」か「愛知淑徳学園」か「椙山女学園」のいずれか。本に出てくる「算数と国語の2教科受験」「Aクラス・Bクラス・Cクラスの3クラス制」、また投稿サイト「Story.jp」に掲載されている成績表の学年人数などから、愛知淑徳学園である可能性が高い。

(中略)

つまりビリギャルはビリと言っても、あくまでも”進学校でビリ”なだけなのである。

ソース:ライブドアニュース


Focus 2: ビリギャル本人・小林さやか、「金城学院」でないとすればどこの高校出身なのか?!

 

no title

このようにビリギャル本人である小林さやかは、正真正銘のバカでなかった可能性が浮上している・・・。

が、これについて小林さやか本人はテレビで否定。
しかし、「実は頭がいい・・・」といったカミングアウトもしている。





また、ネット上ではビリギャル本人の出身校を「金城学院」としているが、実はそれよりも偏差値の高い高校の生徒だったという意見も多い。とはいえ、現在でも金城学院を有力視する人々が多いようだ。

結局、ビリギャル本人である小林さやかが出身校を明かすことはなかった。

再三になるが、小林さやかの出身校としてネット上で有力となっている高校は「金城学院」「南山高等・中学校女子部」の2校である。


 

Focus 3: 実は比較的かんたんな「AO試験」に合格したという噂

 

no title

結局のところ、「ビリギャル」の物語を信じた人間は一部のみだったと言っても過言ではない。

そもそも慶応大学に堂々と合格するにはそれなりの努力と学力が必要なわけで、何もしないバカ丸出しの人間が容易く合格できるものではない。つまり、ビリギャル本人の小林さやかはもともと慶応に合格できるレベルの学力をもっていながらも、真剣にテストを受けてなかった、もしくは向き合ってこなかっただけではないだろうか。

確かに学力がない人間でも相当な覚悟をもって勉強すれば、いつしか慶応を目指せるようになるだろう。しかし、それには多くの時間と努力が必要である。

しかしビリギャルを読む、もしくは観たことで、「誰でも勉強さえすれば慶応大学に合格することは難しいことではない」と勘違いしてしまった人間が増加したのだ。まさにこれこそメディアコントロールであり、「インチキ」と言われてもおかしくないのである。

また、ビリギャル本人の小林さやかは慶応の「AO入試」を受けたという噂も・・・。

ちなみに2chスレでは「慶応AOはバカでも入れるレベル」だと有名。仮にビリギャル本人がAO入試で合格したのだとすれば、さらに物語と現実がかけ離れた内容になってしまうのだが・・・。


 

Focus 4: 書籍や映画を売るために“盛った”可能性・・・

 

no title

これは考えすぎの部類に入るが、仮にビリギャル本人の小林さやかが非常に頭がよく、将来のビジョンも考えることのできるキレ者だったとしたら、わざと最下位を取って底から這い上がるストーリーを作り上げたのではないか、と。

事実、この考えを主張するネチズンは多く、ビリギャルのヒットを心底怪しんでいた。というよりも2chではビリギャル本人を怪しむ者であふれていた。

ビリギャル本人・小林さやかがそのようなストーリーを作り出し、慶応大学に合格して最終的に書籍を出版して儲ける計算をしていたとしたらどうだろう?

そもそも以前から学力が低い人間に向けたノウハウ本詐欺は実在した。例えば、「低学歴の私がたった2か月で1億稼いだ方法」だとか「数学が常に赤点だった私が東大に3か月で受かった方法」などがそうだ。

ビリギャルもまたその類なのではないだろうか?

言うまでもなく、この手の類はそれを鵜呑みにしてしまう人間を盛大に釣ることができるコンテンツなので、荒稼ぎできる分野と言っても過言ではない。

現にビリギャル本人の小林さやかは書籍のほか、トークイベントや講演会などで稼いでいる模様・・・。

■関連商品

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
東宝 (2015-11-18)
売り上げランキング: 1,423
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。