【未解決事件】「洋子の話は信じるな」の真相にせまる

有名な未解決事件で今もなおその真相が議論されている「洋子の話は信じるな」こと、嵐真由美さん失踪事件。

この通称「洋子の話は信じるな」は、主婦の嵐真由美さんが当時1歳半の娘を家に残したまま、「同級生に会う」と告げて失踪した事件。その後、テレビ朝日のスーパーJチャンネルがこの真相を探るべく密着。その際、父親へのインタビュー映像に奇妙な貼り紙が映り込んでいた。

その貼り紙に書かれていた文章は“洋子の話を信じるな”。

洋子とは失踪した嵐真由美さんの実姉であったため、同映像がオンエアされるとネット上にてこの事件の真相を追求する動きが盛んになった。

そこで今回は「洋子の話は信じるな」事件の真相についてまとめた。

不気味なメモ…「洋子の話は信じるな」の真相まとめ

嵐真由美さん失踪事件(洋子の話は信じるな)

wpid-0c575274.jpg

(失踪した嵐真由美さん)

1994年(平成6年)9月2日午後7時頃、主婦の嵐真由美さん(当時27歳)が、出産のため戻っていた墨田区の実家から外出、当時1歳半の娘を残し、そのまま行方不明・・・。

◆行方不明当日の真由美さんの不可解な言動

事件当日、「同級生と会う」と姉に言い残し家を出た真由美さん。ところが、行方不明の翌日、真由美さんの姉が同級生に確認したところ、会う約束はしていなかったという・・・。さらに父によれば、外出前真由美さんは「どこか落ち着きのない様子」だったという・・・。

◆残された“謎のメモ”

真由美さんが行方不明になった日の夜、知人を名乗る男性“A”から、複数回電話がかかって来る。翌日、姉の洋服ダンスから真由美さんのメモが見つかり、そこには「“A”と付き合っていたかったが、裏切られた」という内容の文と「ゴメンね」という言葉が・・・。その日の夜“A”と会った姉が聞かされたのは、「行方不明になった日の昼間、真由美さんと会っていた」ということと、「真由美さんが死んでいたら、罰として刑務所に入るのを望みます」という不可解な言葉だった・・・。

◆“A”の不可解な行動

姉が調査会社に“A”の行動を調べさせたところ、“A”は’95年3月9日深夜、缶ジュースを2つ
持って山の中へ入っていったという。その後警察は山の捜査を行ったが、何も見つけることは出来なかった・・・。

今回、我々は元兵庫県警刑事の飛松五男氏とともに、真由美さん行方不明に残された謎を追跡。さらに、我々は“A”に会ったことがあるという、真由美さんの知人に接触!真由美さんが知人に漏らしていた言葉、「“A”にお金ばかり使っている」が意味することとは・・・?

wpid-201405281615172db.jpg

(取材に応じる真由美さんの父親:後方に「洋子のはなしは信じるな」とのメモが・・・。)

ソース:テレビ朝日


Focus 1: 実に意味深…姉・洋子に関するネット上での書き込みまとめ

 

wpid-cc5a7535.jpg

(姉:洋子氏)

 

とあるまとめサイトにて、「洋子の話は信じるな」事件に対する意味深な書き込みが見られた。その内容を要約すると以下のとおりである。

「某まとめサイトのコメント欄に書き込まれた真相?」

失踪した真由美さんの姉・洋子を知る人物が某まとめサイトのコメント欄に投稿。

姉・洋子と投稿者の関係は間接的なもので、投稿者の女友達が姉・洋子と友人だったとのこと

女友達によると姉・洋子はかなりの虚言壁の持ち主だったという(サイコパス)

姉・洋子は異常で毎日猫などを虐待して殺していたが、それら悪行がバレそうになるとすべて妹の真由美さんに罪をなすりつけようとしていた

姉・洋子は盗み癖などもあり、よくお金など物品を盗んでいたが、これもまたバレそうになると妹の真由美さんに罪をなすりつけようとしていた

最初のうちは妹が悪行をしていたものと両親も思い込んでいたが、後に姉・洋子の悪行がバレる

両親は姉・洋子を注意するようになる(目をつけるようになる)

洋子が妹・真由美さんを異常に恨むようになる

洋子は妹に対し、毎日「殺してやる」と吐き捨てるようになり、親も手をつけられない状態だったという







以上が、「洋子の話は信じるな」をまとめた記事に書き込まれた投稿内容だ。

が、さすがにこれは名誉毀損レベルになってもおかしくない内容。確たる証拠がない限り、それを真相と呼ぶことはできないだろう。しかし、数ある「洋子の話は信じるな」のまとめ情報の中でもっとも意味深であり、引っかかる情報である。

テレビ朝日の映像に映った「洋子の話は信じるな」のメモと照らし合わせると、決して上記書き込みが嘘だとも断定できないわけだが・・・・。


 

Focus 2ネット上の「洋子の話は信じるな」に対する推理まとめ

 

no title

真相が明らかにならないほうが幸せ・・・といったケースもあるわけだが、この「洋子の話は信じるな」事件に関してもそうなのかもしれない。

「洋子の話は信じるな」のネット上における粗方の推理としては次のとおりだ。

「洋子の話は信じるな」の真相(推理)」

真由美さんが失踪した未解決事件「洋子の話は信じるな」の真相は、姉・洋子の精神疾患による虚言や嫌がらせによって妹の真由美さんが精神的に追いこまれ、行き場をなくして失踪に至った。

その後、妹・真由美さんが失踪した原因が姉・洋子によるものだと父親が気づき、警察に駆け込んで真相を話すものの、姉はギリギリ健常者なので警察から信用してもらえなかった。そして、父親はテレビ取材時、視聴者向けてにメモで警告を促す(なぜなら隣の部屋に洋子がいたので張り紙でもしなければ気がつかれるから)。

無論、これが真相であるとは限らない。
あくまでネット上が「洋子の話は信じるな」にくだした答えがそれなのだ。

あれから何年も経過しているが、洋子の話は信じるな事件における有力、もしくは意味深な情報は書き込まれていない。


 

Focus 3: その他「洋子の話は信じるな」における推理&考察まとめ

 

no title

他にも「洋子の話は信じるな」におけるネット上の推理および考察があるので、それもまとめて掲載しておく。

 

「そもそもAこそが犯人なのではないか」

テレ朝というよりも、姉・洋子が怪しんでいたAもまた、この事件の犯人である可能性をもつ。仮にAが警察から取り調べを受けて無罪なら、洋子との証言が食い違ってないことを意味する。すなわり、Aと洋子がグルという可能性が浮上するのだ。

洋子はAに「妹が金を出すのをやめようとしている、代わりに私が出す」と吹き込み、Aに動機を与えて共謀&妹を殺害。Aが山へ行った事を明らかにしたのは洋子との密会を不透明にする為、もしくはAと洋子の関係を遠ざける口実。

 

前述した推理と並んで上記もまた合点のいく内容として注目されていた。

が、さすがにそうだったとしても、そこまで警察がバカとも思えないが・・・・。


 

Focus 4: 「洋子の話は信じるな」の真相が語られる日はやってくるのか

 

ネット上では姉・洋子が妹・真由美さん失踪の“真相”と推測する傾向にある。仮に某まとめサイトのコメント欄に投稿された姉・洋子の実態が事実ならば、真由美さんは姉・洋子から相当憎まれていたことになる。

とはいえ、真由美さんが殺されたのか自殺したのかは現時点で明らかになっていないことであるし、そもそも姉・洋子が悪であるわけでもない。そもそも姉・洋子にまつわる噂ですら信ぴょう性があるかわからないレベルなのだ。

しかし、メモに書かれた“洋子の話は信じるな”という文章は明らかに不自然。少なくとも父親は洋子に対して不信感を抱いていることは確かだろう。

少しでも早くこの未解決事件「洋子の話は信じるな」の真相が語られる日がやって来ることを願うばかりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

    • 名無し
    • 2015年 3月 23日

    古い書き込みだし何回も指摘されてるだろうけど
    洋子の友人とやらが洋子の生まれた頃の話まで知ってるのはおかしいでしょ
    洋子が虚言癖なら本人が話すわけ無いし家族が赤の他人にほいほい話すとは思えないし誰に聞いたんだって話になる

    • 名無し
    • 2015年 4月 27日

    こんなgoogle検索の上の方に来るような誰にでも届く情報が事実なら
    警察が掴んでないはずがないだろ

    それで解決してないんだからデマだデマ

    ここまで悪質なデマは被害届だされたら捕まるぞ

    • 名無し
    • 2015年 10月 02日

    無能な兵庫県警だからなおさら解決なんて無理だわ

    • 名無し
    • 2015年 10月 06日

    マジな話さ・・・兵庫県って猟奇的な事件多すぎなんだよ!!!

    呪われた土地なんじゃね?

    このコメントも「名前」「メアド」ってうるさいんだよ。うぜーな。正直に入れるバカいるのか?www

    • あらかた
    • 2015年 10月 10日

    単に推理。暇つぶしに使ってごめん。「〜の話は信じるな」で一点突破すると、姉の話は全て無視すべき。今でも実家のどこかに「ある」か、失踪者も姉同様に精神的に危うかった為に何だかんだあって自分の意思で失踪したか。まだ後者だと良いな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。