スタン・ハンセンの現在→“日本人の嫁”と“大リーガーの息子”をもつ父親に

プロレスファンなら誰もが知る往年のプロレスラーであるスタン・ハンセン。

最近の日本でテレビで見る機会はほぼないが、往年のプロレス番組などがオンエアされると必ずと言っていいほど彼が特集される。

とはいえ、スタン・ハンセンの現在はどこか謎に包まれていると言っても過言ではない。

そこで彼にについて調べてみたところ、ある衝撃的な2つの事実(現在)を発見。

ということで今回は往年の人気プロレスラーであるスタン・ハンセンの現在についてまとめた。

スタン・ハンセンのプロフィール

スタン・ハンセン

スタン・ハンセン(Stan Hansen、本名:John Stanley Hansen II、1949年8月29日 – )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。テキサス州ノックスシティ出身のデンマーク系アメリカ人。

日本で最も成功したといわれる外国人レスラーの1人。第32代AWA世界ヘビー級王者。第2代PWF会長。なお、現夫人は日本人で息子が2人いる。

引用:Wikipedia 

“日本人の嫁”をもらっていたスタン・ハンセン

往年のプロレスラー「スタン・ハンセン」の現在でもっとも注目されている情報は「画像」と「嫁」。

彼の現在画像は検索すればかんたんにヒットするので特にここで紹介する必要はない。

が、嫁情報についてはやや複雑なので解説しておく必要がある。

 

Wikiにおいて記述されているが、現在のスタン・ハンセンの嫁は日本人。

嫁の名前はユミ・ハンセンだ。

 

画像:スタン・ハンセンの嫁「ユミ・ハンセン」

 

画像を見るかぎり、スタン・ハンセンの嫁は間違いなく日本人だ。

なんでも以前に日本で放送されたテレビ番組に夫婦で出演したこともあるようで、それをきっかけとなって彼の嫁がネット上で話題となり、あらためてTBS系のテレビ番組に夫婦で出演することとなった。

なお、現在の嫁であるユミ氏は後妻。

そのため、以前スタン・ハンセンの結婚を知る者からすると、“日本人の嫁”という情報がデマであるかのように認識されていたこともあった。

彼は前妻との間に1男1女を設けたが、度重なる来日などに前妻の不満が爆発して離婚。

その後、スタン・ハンセンは親権を勝ち取った。

さすがスタン・ハンセン、彼はどこまでも“漢”なのかもしれない。

と、衝撃はこれだけに終わらない。
もう一つ、彼の現在を語る上で仰天せずにはいられない事実があるのだ。


スタン・ハンセンの息子は“マリナーズ選手”だった

スタン・ハンセンの嫁が日本人ということだけでもビックリだが、さらに驚愕すべき現在情報がある。

それは彼の息子がシアトル・マリナーズの選手だったという事実だ。

息子の名はシェーバー・ハンセン。

 

画像:スタン・ハンセンの息子「シェーバー・ハンセン」

sh

彼は右投げ両打ちで遊撃手。
幼少期は日本で育ったこともあり、日本語が話せるとのこと。

2006年の「日米高校親善試合」には遊撃手として出場しており、やはり日本との縁を感じずにはいられない。

彼はミート力の高さとバッティングスキルがスカウトの目にとまり、シアトル・マリナーズにドラフト6巡目で指名された。

ちなみにシェーバーの弟も外野手として活躍。
スタン・ハンセンの息子は野球で実力を発揮しているというわけだ。

なお、シェーバーは父・ハンセンを尊敬しており、その偉大さを誇りに思っているとのこと。

残念ながら現在は保険会社の営業職をしているようでメジャーリーガーではないが、彼の息子たちが優秀であることは言うまでもない。

 

スタン・ハンセンの大ファンとしては、彼の息子たちがプロレスラーになることを心から願ったに違いない。

しかし、このように活躍している姿を確認できれば自然と応援したくなるものだ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link


Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。