完全に消えたMay J.が嫌いな歌手に変貌した理由

以前、テレビ朝日系でオンエアされていた関ジャニ∞の仕分けがすべてのはじまりか。いや、終わりのはじまりと表現すべきかもしれない。

もはや、嫌いな歌手の筆頭となってしまったMay J.。

以前はただ純粋に自身の歌を届ける歌手のひとりだったが、仕分けに出演し始めた頃から歯車が狂い始めた。というよりも、どこか“勘違いぶり”が目立つようになったといえよう。

当時は“やらせ”疑惑も味方して自身におかしなレッテルを貼る原因となったが、現在もなお嫌いな歌手と言われるには理由があるはず。

そこで今回はMay J.が嫌いな歌手として定着した理由と、メディアからばったり消えてしまった理由をまとめた。

なぜMay J.は嫌いな歌手の筆頭となりメディアから消えたのか

May J.のプロフィール

no title

May J.(メイ・ジェイ、本名:橋本 芽生(はしもと めい)、1988年6月20日 – )は、東京都生まれ、神奈川県横浜市育ちの歌手。 2006年キューンレコードよりデビュー。2009年以降の所属レーベルはrhythm zone。神奈川県在住[2]。芸名は、本名の「芽生」に、ミドルネームの、ペルシア語で美しい、才能溢れる、といった意味を持つ「ジャミーレ(Jamileh)」の「J」を合わせたもの。

人物
父親は関西出身の日本人、母親はイラン系で、母方の祖母はロシア系で、その他にスペイン人、イギリス人、トルコ人の血筋を持つという、4か国語以上を話すマルチリンガルの家庭に育ち、日本語の他に英語、スペイン語、ペルシア語を話す。父親はセールスマーケティングマネージャーもしており、かつてプロ野球選手のR・J・レイノルズが日本球界(大洋、近鉄に在籍)でプレーする際の代理人も務めていた。

引用:Wikipedia


Focus 1: May J.が嫌いな歌手になった理由「オリジナルではなく“カバー”に徹した点」

 

no title

カバー曲で人を魅了することは決して悪いことではない。が、歌手である以上、オリジナルソングで人を魅了するのがベストではないか。歌唱力があるなら自身の楽曲で人を感動させ、人々を動かすことが“本物のディーバ”ではないか。

きっとこのように感じている人は多いだろう。

ところが、May J.はカバーに専念したがあまり、いつしか“カバーシンガー”になっていた。

それはすなわち、May J.自身が「オリジナルに自信を持てない」か、「カバーのやりやすさに酔ってしまった」結果と言っていいだろう。

May J.が嫌いな歌手になり、バッシングがひどくなった原因のひとつは、間違いなく“歌手としてのオリジナリティの欠如”があげられる。事実、ネット上では“所詮、カラオケ歌手”という声や、“人の曲でメシを食ってるだけ”という声があふれていた。

これだけのバッシングがあるにもかかわらず、May J.はその自覚がないように見えた。(少なくとも現在はイメージ回復を狙って細々と活動している印象だが)







「歌唱力でモノを言わせたい」と活動しているMay J.だが、なぜ溢れかえったバッシングを自覚し、それを解決しようとしなかったのだろうか。それに「カバーシンガー」と呼ばれていたにもかかわらず、なぜそれに反抗しようとしなかったのか。

いずれにしても、オリジナルで勝負すればいいものを、カバーで勝負し続けたMay J.は音楽に対するコンセプトが異質だったことは確かだろう。だからこそ彼女は嫌いな歌手のひとりになってしまったのだ。


 

Focus 2: 随所でみられる“勘違いな性格”こそメディアから消えた理由

 

no title

May J.は自身のツアーにおいてアナ雪Tシャツを販売したり、エルサ衣装を披露したことがあった。それは当時、May J.がアナ雪のテーマソングを担当したためである。

しかし、言うまでもなく「アナ雪」で歌が評価されたのはMay J.ではなく、女優の松たか子だ。

これに対してMay J.は「情熱大陸」で次のように語った。

 

「そういう仕組みなんだけどな。全世界で必ず、劇中歌とエンドソングっていうのはアレンジが違う。そして歌っている人も違うっていう共通があるんだけれど、それを理解されていないのがすごく残念」

 

この嘆き文句はほぼ間違いなくMay J.の“本音”だったことだろう。が、歌手であるなら現実を認め、それ相応のコメントをするのが常識である。ところがMay J.は負けん気が強いのか、それとも常識不足なのか、その他でも“珍発言”を連発している。

もっとも有名なのは以下の発言。

 

「紅白歌合戦の日のスケジュールは空けてあります」

 

もはや、本当にプロなのかと疑ってしまう文句だ。

言うまでもなく、こういった発言や些細なMay J.のアクションこそが、自身へのバッシングを加速させる原因となった。そして、彼女はメディアから消えたのである。

May J.はいい意味で“大人になること”が、嫌いな歌手と言われる現実から抜け出す特効薬といえよう。


 

Focus 3: メディアから完全に消えたMay J.の現在

 

no title

現在のMay J.は細々と歌手活動を継続しているようだが、いわゆるドサ回りをしているだけといった声も浮上している。わかっていることは過去の人気が消え去り、誰からも見向きもされない歌手に変貌してしまったということだ。

以前のようにお茶の間がこぞって見るテレビ番組からオファーが来るわけもなく、消えた芸能人のひとりとして知られている。

あれだけ嫌いな歌手の筆頭となってしまったことを思えば、現在メディアから消えたのも頷ける。むしろ、嫌いなイメージを今後覆していくことは至難の業と言っても過言ではない。それだけMay J.は嫌いな歌手の典型人物になってしまったのだ。

なお、現在Yahoo!検索で「May J.(メイジェイ)」と検索すると、「消えた」「嫌い」といったネガティブな関連キーワードが表示される。いや、今現在になってもなおというべきか・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。