実はホモだった…堀江貴文、週刊文春に大島薫との一夜を報じられる【ホリエモン】

2016年11月22日、ホリエモンこと堀江貴文の熱愛?を週刊文春が報じた。

週刊文春によると、堀江貴文は妖艶な雰囲気の美女と手をつなぎ、六本木の高級ホテルに入っていたのだという。しかし、後の取材によってそのお相手は女性ではなく、「女装男子」大島薫だと判明。

ネット上では「ホリエモン、ホモだったんだ」「まあ何となくホモだとは思ってた」「ホリエモン激怒してる」など、堀江貴文がホモである可能性にツッこむ声が溢れている。なお、同報道をされた堀江貴文は文春に大激怒しており、記者を名指しで批判している状況だ。

ということで今回はホリエモンこと堀江貴文の文春報道についてまとめた。

堀江貴文(ホリエモン)、女装男子・大島薫との一夜を文春にスクープされる

堀江貴文(ホリエモン)のプロフィール

no title

堀江貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本の実業家、著作家、タレント、YouTuber。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。 日本ゴルフ改革会議委員。ライブドア元代表取締役社長CEO、SNS創業者兼従業員、7gogoファウンダー。

引用:Wikipedia


Focus 1: ホリエモン、新恋人は「女装男子」大島薫か?!

ホリエモン“新恋人”はカリスマ「女装男子」

11月22日未明、ホリエモンこと堀江貴文氏(44)と妖艶な雰囲気の美女が手をつないで六本木の高級ホテルに入るところを週刊文春取材班が撮影した。その後の取材で、お相手は女性ではなく、「女装男子」と呼ばれる男性であることが判明した。これまで堀江氏は女優でタレントの廣井ゆう(26)と交際していると報じられていた。

“新恋人”は女装男子のなかでもカリスマ的な存在となっている大島薫さん(27)。本の執筆やタレント活動をしており、ツイッターのフォロワーは18万人を超えている。

ソース:週刊文春


Focus 2: ホリエモンがホテルに連れ込んだ「女装男子」大島薫とは何者なのか

 

ホリエモンが実はホモだった・・・という可能性もある意味衝撃的ではあるが、以前から「どことなくホモ臭がする」という声もあっただけに驚愕というわけでもない。誰しも隠し事のひとつやふたつはあるわけで、堀江貴文からすればそのひとつが見つかったにすぎない。

むしろ今回の文春報道で注目すべきは、ホリエモンがホテルに連れ込んだ「女装男子」の大島薫ではないだろうか。

その大島薫について調べてみたところ、色々と衝撃的事実のオンパレード・・・。それではまずは大島薫のプロフィールから。

大島薫のプロフィール

no title

大島薫(おおしま かおる、1989年6月7日 – )は、日本の男性タレント、元男の娘AV女優。

略歴
漫画やアニメの男の娘に興味を持ち、15歳から女装を始めることとなる。女装をした状態で男性との性交渉を経験したこともあり、生活のためゲイビデオへ出演。しかし、元々女装癖から来る男性との関係だったため、男性として男性と性交渉をするゲイ業界に疑問を抱き、自分はいわゆるニューハーフと呼ばれる人々と同じなのではないかと悩んでいたころ、撮影の関係上ニューハーフらとも関わりを持つようになる。撮影現場でニューハーフからいわれた「女っぽくなりたいなら、ホルモンや去勢手術を受けたらいいのに」という言葉にそれもまた自分の望むものではないことを悟る。

それまで出演していた女装ゲイビデオではメジャーになれないと考え、AVプロダクション、GILFYに所属し、移籍後一年足らずでアダルトビデオメーカー・KMPのレーベル「レアル・ワークス」の専属AV女優となる。一般AV業界で女性ホルモンなどの投与を受けていない純粋な男性が専属AV女優になることは、史上初のことであった。

翌年2015年6月1日、KMPとの専属契約終了をもって、AV業界を卒業し現在はタレント・文筆家としてテレビなどに出演している

引用:Wikipedia

このように「女装男子」大島薫は元AV女優だったのである。(正確にはAV女優になりきった男性だが)

なお、大島薫は特に女装をしない状態だとイケメン男子、女装をすると可愛い女子に早変わりする。そのクオリティはお見事としか言い様がなく、ホリエモンが惚れてしまうのも頷ける?

 

画像: 大島薫







no title

no title

no title

no title

脱がさないとわからない・・・・これぞ、究極の女装男子?

そもそもホリエモンは当時から大島薫を知っており、好んでいた可能性もある。だからこそ、ホテルに連れ込み、思う存分楽しんだのではないだろうか。


 

Focus 3: 大島薫、文春にてホリエモンとのセックスを認める

大島薫が暴露!堀江貴文とのセックス認めた!!

no title

大島さんを直撃すると、最初は戸惑っていたものの、デート現場を確認していることを説明すると「ウソは言いたくないので」と言葉少なに語った。

――堀江さんとはどのような関係ですか?

「曖昧な関係というか……。この前会ったときは、彼も好意を示してくれました」

――男性同士の愛情ということですか?

「同性でも愛情はあります。そこでセックス出来るか、出来ないかの違いだと思います」

――ホテルに入って行かれましたが、セックスはしているのですか?

「……そうですね」

堀江氏に電話で話を聞こうとしたが、「週刊文春です」と名乗ると即座に切られてしまった。

ソース:週刊文春

週刊文春の報道によると、堀江貴文と大島薫がセックスした可能性はきわめて高そう。

とまあ、ホテルに入った時点ですることはひとつ。
大島薫としてはいい売名に、ホリエモンとしては結構な痛手になったといえよう。

とはいえ、文春に知られたくない内容をスクープされた堀江貴文は激怒しているようで・・・。


Focus 4: 週刊文春に大激怒中のホリエモン

堀江貴文が週刊文春記者を名指しで批判!

no title

以下、堀江貴文のTwitterでのツイート。

堀江貴文(Takafumi Horie) ?@takapon_jp
クソ文春記者の笹川智美、私の関連会社が入ってるシェアオフィスに不法侵入してシェアオフィスの他の会社に迷惑をかけたそうだが、次から麻布署に不法侵入で通報するからな。あと、だれから聞いたかわからんが俺の電話番号調べて直電してくるなクソが。

堀江貴文(Takafumi Horie) ?@takapon_jp
こんな人間のクソみたいな仕事をしてて恥ずかしくないのがクソ文春記者の笹川智美。

堀江貴文(Takafumi Horie) ?@takapon_jp
おめーらの部数伸ばすためのクソ記事を書くための取材に無償で協力する必要はない。そのクソ記事はおそらく木曜日でるが、どんだけ社会的意義のないクソ記事かわかると思う。 調子に乗ってんじゃねーぞ。笹川智美も文春の編集部に関わる全てのものは人間のクズクズクズ

堀江貴文(Takafumi Horie) ?@takapon_jp
クソ文春記者の笹川智美は人間のクズ。
自分で選択してクソ記事書いてるんだからな。
どういう神経なんだろう。あたまおかしいのかな

これだけ激怒しているということは、やはり触れられたくない部分を触れられたからに違いない。

今回の文春が報じた内容は確かに衝撃的だが、ホリエモンだからこそ堂々と内容を認め、オープンにすればいいだけの話だと思うが。

否定すればするほど自身のイメージを落としていくだけではないかと。

 

■関連記事

【週刊文春】松本潤、葵つかさと“飲尿プレイ”疑惑浮上・・・

【不倫問題】高橋由伸“文春スキャンダル”の全貌

ベッキー、週刊文春の“第3弾”写真はハメ撮りだった?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。