岡崎慎司は「植毛」「増毛」どちらでM字ハゲを克服したのか

泥臭いプレーながらも得点をあげ、FWらしからぬディフェンスぶりでチームに貢献する岡崎慎司。

彼における好感度はいい方で、好き嫌いが分かれるというよりは中立として判断されることが多い。それは言うまでもなく岡崎慎司の人間性が影響している。

さて、世界的にもFWとしての評価をあげた岡崎慎司だが、ネット上ではあることが話題となっているようだ。

それは彼が植毛もしくは増毛したという噂である。

確かに薄毛が注目された頃の岡崎慎司の画像と比較すると、植毛および増毛した印象を受けるが・・・。

ハゲ克服!岡崎慎司が選んだのは植毛・薄毛どちらなのか・・・?

岡崎慎司のプロフィール

no title

岡崎慎司(おかざき しんじ、1986年4月16日 – )は、兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・レスター・シティFC所属。日本代表。ポジションはフォワード。

プレースタイル
オフ・ザ・ボールの動きで勝負し、ワンタッチでゴールを決めるタイプのストライカー。一瞬でDFラインの裏に抜け出してのシュートも得意とし、ダイビングヘッドなど泥臭くゴールを狙うプレーもいとわない。

運動量が豊富で、前線からの激しいチェイシングなど守備能力も高く、フォワードの他にウイング、トップ下およびサイドハーフもこなす。クラブ、代表の両方において、2列目のサイドで起用されることが多い。

引用:Wikipedia


Focus 1: 典型的なM字ハゲだった岡崎慎司

 

no title

岡崎慎司にまつわるネタといえば、「薄毛」や「M字ハゲ」が鉄板だった。

事実、以前から岡崎慎司は自身の髪が薄くなっていることを明かしており、それを自虐ネタとすることもあった。

それに彼のプレー動画および画像をチェックすると、明らかにM字ハゲが進行しており、「そろそろヤバイ・・・」「これは完全にハゲあがる」などの声が続出。岡崎慎司のファンからすれば心配でならなかったことだろう。

ちなみにM字ハゲとは、額の生え際の両端から薄毛が進行していくケースのこと。これにより、額中央の生え際が残るため、いわば剃りこみチックな状態になる。これがまるでアルファベットの「M」の字に見えることから「M字ハゲ」というわけだ。

なお、以下は岡崎慎司の薄毛を物語る画像。

 

画像: 岡崎慎司 薄毛

no title

no title

no title

no title

このように岡崎慎司は典型的なM字ハゲだった。

そして、誰もがこの先はハゲあがっていくものと思っていたに違いない。

しかし、現在の岡崎慎司にはある異変が起こっているのである。








 

Focus 2: 薄毛はどこへ・・・岡崎慎司に浮上する植毛&増毛疑惑

 

no title

さて、M字ハゲが話題だった岡崎慎司だが、現状はそのM字部分が確認できない状態となっている。

すなわち、ハゲ上がっていた箇所に毛があるのだ。

ちなみに以下は最新の岡崎慎司の画像。

 

画像: 岡崎慎司 現在

no title

明らかにM字ハゲではなくなっている・・・。

この様子が確認されて以降、ネット上では「植毛」「増毛」という噂が拡散。岡崎慎司で検索すると「植毛」「増毛」との関連キーワードが表示されるようになった。

さて、先ほどの画像を見れば一目瞭然であるが、岡崎慎司が「植毛」もしくは「増毛」をしたことは間違いないだろう。

あれだけハゲ上がっていた部分に髪が生えている時点で植毛した可能性が濃厚。

ちなみにマンチェスター・ユナイテッドのルーニーもまた植毛をしてハゲを回避した選手のひとり。

 

画像:ルーニー ビフォーアフター

ハゲを自虐ネタにしていた岡崎慎司だが、とうとう自身のM字ハゲ度合いに絶望したのだろうか・・・現在は植毛および増毛をしてハゲとは無縁のヘアスタイルを手に入れている。


 

Focus 3: 「植毛」と「増毛」は異なる技法

知らないと損する!? 今注目の薄毛治療〝自毛植毛〟の最先端技術

「薄毛対策」5つの方法

そんな悩み深き男性諸氏に、是非とも薄毛対策のイロハを知っていただきたい。まずは、薄毛対策には大きく分けて5種類あるのをご存知だろうか?

まず最初は、今ある自分の髪の毛を長く、そして太くする事でボリュームアップを目指す「育毛」。市販の育毛剤なども多いため手軽に始めることができる。2つ目が、抜けてしまった自分の髪の毛を再び生やすことで、ボリュームアップを目指す「発毛」だ。そして、3つ目が薄くなった自分の髪の毛に、人工毛などを4~6本ずつ結びつけることで、髪のボリュームアップを目指す「増毛」で、すぐに毛量がアップしたように見えるため、即効性が高いというメリットがある。反対に「育毛」、「発毛」のデメリットはAGA(男性型脱毛症)の原因に対して作用するという医学的根拠がうすい場合が多いので、必ず効果があるという保障はなく注意が必要だ。また、「増毛」は残った髪の毛に結びつけるので、毛根に負荷がかかってしまうことが気になるところだ。

それならば、と4つ目にあげるのが、まだ髪の毛が残っている主に後頭部から、薄毛が進んでいる部分に、髪の毛を毛根ごと移植して生着させる「自毛植毛」だ。この「自毛植毛」のメリットをより実感できるのが5つ目の「カツラ」との対比だろう。近年の技術向上によって自然な「カツラ」もかなり流通しているわけだが、自分で洗うことができる脱着式は品質によってはバレるのではないかと人目が気になることも。元々生えている髪の毛や頭皮への影響も心配だが、それ以外にもアフターケアが面倒という人もいるようだ。

ソース:Asagei+

このように植毛と増毛は異なる。

はたして岡崎慎司はどちらでM字ハゲを解消したのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。