松村沙友理が不倫スキャンダルで“ぼっち”になった理由

以前、週刊文春に“路上キス”をスクープされ、アイドル生命の危機がウワサされた乃木坂46の松村沙友理。

結局、松村沙友理は同スキャンダルで解雇されることもなければ、現在も平然とした顔で乃木坂46のメンバーとして活動を継続している。これに激怒しているのは乃木坂ファンだ。

「なぜ解雇モノのスキャンダルをしておいて活動継続が許されるのか?」「路上キスだけでなく以前にもタバコ疑惑が問題な奴なのになんでメンバーなわけ?」「マジで選抜から外すべきなんだけど」と、ネット上では松村沙友理を否定する声があふれている。

スキャンダルで自身のイメージを大きく低下させた松村沙友理は今何を思い、どういった心境で活動しているのだろうか・・・。

現在はグループ内で“ぼっち”となっており、ファンからも嫌われ者として完全孤立化している模様。

今回はスキャンダルで転落した松村沙友理についてまとめた。

いつ?相手は??“ぼっち”になった松村沙友理の不倫スキャンダルまとめ

松村沙友理のプロフィール

no title

松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年8月27日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。大阪府出身。B型。

略歴
2011年3月、大阪桐蔭高等学校を卒業した。その後、親に勧められた看護師になるため、予備校に通い、大阪の大学を目指して浪人していたが、模擬試験の結果がよくなかったため、違うことに挑戦しようと思い、乃木坂46の1期生オーディションに応募した。

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではYUIの「feel my soul」を歌った。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった。当時はダンスも歌も得意でなかったため、まさか合格するとは考えていなかった。2011年11月13日、乃木坂46公式ブログを開始した。

 

引用:Wikipedia

 


Focus 1: 松村沙友理の路上キス・スキャンダルの全貌

松村沙友理の“路上キス・スキャンダル”まとめ

no title

松村沙友理のスキャンダルが発覚したのは2014年のこと。

「週刊文春」が乃木坂46のメンバー・松村沙友理と妻子ある男性との路上キス写真を報じた。

このスキャンダルに松村沙友理は“仕事無関係”と強調し、あくまで出会いはナンパと説明するも、 週刊文春は松村沙友理と問題の相手男性はデートを複数回重ねており、1度だけでないと報道。さらに週刊文春が確認しただけでも3週間で3回は両者がデートしていると強調した。

なお、2人は新宿や銀座の高級カラオケルームに4時間以上も滞在することもあったという。

画像: 松村沙友理のスキャンダル(週刊文春)

no title

no title

no title

no title

その後、松村沙友理はスキャンダルをラジオで謝罪する。

文化放送「レコメン!」に生出演した松村沙友理は、同日発売の「週刊文春」にて報じられた“不倫路チュースキャンダル”について涙の釈明。「軽率な行動で迷惑をかけました」と涙ながらに謝罪し、もともと男性とは面識がなく、自身が悩んでいたときに街中で声をかけられ、食事に行ったと告白した。

なお、松村沙友理は相手男性が既婚者とは知らず、自身の素性も明かさなかったといい、「写真を撮られた日はすごく悩んでいて、飲み慣れていないお酒にひどく酔っていた。バカなことをしたんだと、自分でも信じられません」と釈明。

同スキャンダルによって当然のことながら松村沙友理の解雇を誰もが疑わなかったが、現在に至るまでなんの処分もなくメンバーとしての活動を行っている。

さて、問題の相手男性の詳細も付け加えておこう。

松村沙友理のスキャンダル相手の男性の名は「佐井慶英」。
報じられているように既婚者で年齢は30代。

誰もが知る人気マンガ社「集英社」のヤングジャンプにおける元漫画誌編集者というから驚きだ。

容姿はイケメンで年収は1000万超えるということからモテる人生を送ってきた模様。

なお、担当したマンガは「夜王」、「華と修羅」、「嘘喰い」、「幕末紅蓮隊」と多くの人気作品を編集。

もともと女癖は悪うと業界でも評判だったようだ。

また、週間文春の報道によれば、スキャンダルが報じられることが確定した数日前、佐井慶英は上層部に呼び出され顔面蒼白になっていたとのこと。その後、集英社の社長を筆頭に上層部数人がAKB48グループのオーナー、 乃木坂のCDをリリースするソニーミュージック社長の元を訪れ、土下座並みに頭を深々と下げて謝罪。

その日以降、佐井慶英はコンテンツ配信部署に異動になったといわれている。

しかし、ネット上に拡散した信ぴょう性のある情報によるなら、彼は現在、会社に来ていないとのこと。

仮にこの情報が事実であれば、彼は現在、解雇されたか自主退社を促されたと考えていいだろう。


Focus 2: スキャンダル後Mステに出演するも・・・

 

no title

週刊文春にスキャンダルを報じられ大ダメージを受けた松村沙友理だったが、その後は何事もなかったかのように乃木坂46のメンバーとしてMステに出演。

当時のスキャンダルは結構な騒動となっていたこともあり、松村沙友理は出演をひかえるかと思われたが、結局は強行出演する形をとった。そして、視聴者の多くは乃木坂の曲ではなく松村沙友理の表情みたさでMステを見たに違いない。

いざ乃木坂46の出番となると、そこに映っていた松村の瞳は完全に“死んでいた”。

 

画像:松村沙友理 スキャンダル後に出演したMステ

masa

 

これぞ「目が死んでいる」といった表現にふさわしい画像だ。
周囲からの圧力が加わり、ストレスが限界に達した人間はこうなるのだろう・・・。

が、スキャンダルが風化していくと共に松村沙友理に笑顔が戻っていく。

そして現在では「天狗」「調子にのってる」「勘違い」と言われるほど、松村沙友理は過去のスキャンダルを反省していないかのような態度で活動を継続しているのだ。


 

Focus 3: そもそもスキャンダルはAKBG運営サイドの“シナリオ”だったのではないか

 

no title

以前のAKBG運営はスキャンダルを“ネタ”として、ヒットや話題性を呼ぶ傾向にあった。

これはAKBファンだけでなく、多くの一般層も気づいていたはず。

そう考えると、今回の松村沙友理のスキャンダルも話題性のために利用され、結局は運営サイドのシナリオ通りという見方もできる。

少なくとも松村沙友理本人は不倫などではなく、本気の恋だったのかもしれないが、運営サイドからすればそんなことはどうでもいいこと。結局、スキャンダルという種が開花して注目され、結果として商品が売れればそれでいいのだ。

つまり、松村沙友理が週刊文春にスキャンダルを報じられた件は“オイシイ”事件であって、スキャンダル当事者の感情など関係ないのである。

運営サイドは同スキャンダルによって儲かったかもしれないが、松村沙友理は大きなダメージを負うこととなった。

事実、現状の松村沙友理はファンだけでなく、乃木坂46メンバー、CanCam専属モデルらからも嫌われているという噂が絶えない。不倫スキャンダルを起こしておいて、何食わぬ顔で活動していたらそりゃそうなるよなと。

が、松村沙友理本人はメンバーからもファンからも嫌われる結果となり、完全に“ぼっち”状態となっている・・・。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link


Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。