爆乳グラドル日比谷亜美のミルキーグラマー画像【Iカップ】

もはやバストが規格外・・・?

とある雑誌の企画で爆乳が話題となった新人グラドル・日比谷亜美が、ついに100cmのIカップバストを引っさげて「ミルキーグラマー」を発売したのは記憶に新しい・・・(いや、現在は数多く存在する爆乳グラドルにうもれてしまい、消えかかっているが)。

爆乳グラビアアイドルはイマドキ珍しくないが、日比谷亜美のIカップは必見。

見る者を圧巻するバストサイズは一度見たら忘れられないはずだ。

とはいえ、ルックスはお世辞にも素晴らしいとはいえず、ネット上では「ブサイク」「かわいくない」との声も・・・。

そこで今回は爆乳グラドル・日比谷亜美の水着画像などをまとめた。

ブサイクだけどド迫力のIカップ!日比谷亜美のエロ~い画像まとめ

日比谷亜美のプロフィール

MG_6850-600x900.jpg

生年月日:1992年1月30日生まれ
サイズ:T158cm、B100・W65・H82
カップ: Iカップ
特技:プロレス技、テニス、絵を描く
趣味:プロレス観戦、美術鑑賞、料理

 

画像でも迫力満点!日比谷亜美のミルキーグラマー画像

ネット上でブサイクとDisられ続けているものの、日比谷亜美のIカップは本物と言っていい。
豊胸らしさはゼロ、おそらく天然のIカップと見ていいだろう。

カラダはお見事としか言いようがないのだが、問題はルックス・・・。

人によっては中毒性のあるような顔といえるが、大衆はこれをブサイクと取っているのが現実である。

とはいえ、ブサイクの方が抜ける・・・という男性は少なくないはず。

それでは日比谷亜美が一時期注目されたイメージDVD「ミルキーグラマー」のグラビア画像をご覧いただこう。

 

画像: 日比谷亜美 イメージDVD「ミルキーグラマー」 グラビア

2016-0520-01-02.jpg

2016-0520-01-03.jpg

2016-0520-01-04.jpg

2016-0520-01-05.jpg

2016-0520-01-06.jpg

2016-0520-01-07.jpg

2016-0520-01-08.jpg

2016-0520-01-09.jpg

2016-0520-01-10.jpg

2016-0520-01-11.jpg

これが期待の爆乳グラドル・日比谷亜美。
このIカップは世の男性を魅了すること間違いなし・・・と思われたのが、今現在になってもブレイクする兆しは見られない。

それどころかネット上では「ブサイク」という関連キーワードがつきまとう始末だ。

また、一部では「できることならAVでそのIカップを見たい」との声も。

しかし、過去に発表したイメージDVD「ミルキーグラマー」はAVにかぎりなく近いレベルで過激なので是非チェックすることをおすすめしたい。

 

もはやAV・・・?日比谷亜美のイメージDVD「ミルキーグラマー」が過激すぎる

イメージDVD「ミルキーグラマー」といえば、新人グラドルが発表するシリーズ物として定番となっているが、日比谷亜美のミルキーグラマーはなかなか過激な仕上がりとなっている。

ブサイクな点は仕方ないものの、内容はほぼAVに近いので日比谷亜美を堪能したい方はぜひ視聴することをおすすめする。

それではミルキーグラマーの擬似フェラシーンから。

 

画像: 日比谷亜美 ミルキーグラマー

2016-0520-01-13.jpg

2016-0520-01-12.jpg

ここまでやるなら本家AVの方へ出てよといいたくなるが・・・。

そして、チラを期待せずにはいられない極小衣装。
細かくチェックすれば乳首チラがあるかも?

 

画像: 日比谷亜美 ミルキーグラマー

2016-0520-01-15.jpg

2016-0520-01-17.jpg

2016-0520-01-16.jpg

もうこの画像とか完全にAV。

2016-0520-01-19.jpg

お次は極小ビキニでさらに攻めのスタイル。

 

画像: 日比谷亜美 ミルキーグラマー

2016-0520-01-20.jpg

2016-0520-01-21.jpg

2016-0520-01-23.jpg

2016-0520-01-24.jpg

2016-0520-01-26.jpg

激しい乳揺れにあなたは耐えられるか・・・?

なお、ミルキーグラマーを視聴した感想だが、動画だとそこまでルックスは気にならなかった。というのも、Iカップに目線が集中してしまうためであるが・・・。

おまけでカーセックスを連想させるシーンも。

 

画像: 日比谷亜美 ミルキーグラマー

2016-0520-01-37.jpg

2016-0520-01-38.jpg

2016-0520-01-39.jpg

決して万人におすすめできる作品とはいえないが、とにかく日比谷亜美を動画でじっくり確認したいという方にはおすすめだ。

ここまで過激だともはやブサイクなど関係ない?

 

日比谷亜美、爆乳ならではの悩みを打ち明ける

B100cmグラドル対談、大きい胸がもたらす苦労

「下乳大明神」の愛称で親しまれる“Iカップ”の日比谷亜美(25歳、B100・W65・H82)と、ウルトラ爆乳“Kカップ”吉田実紀(25歳、B100・W73・H95)が、巨乳であるがゆえの悩みと喜びを本音で語り合う。

吉田:ワアー、すごく柔らかい!! 下乳は水風船みたいで、上の方はお餅みたいにハリがあって、とっても気持ちいい。オッパイ触るの好きだけど、人によって千差万別だからおもしろい(笑い)。

日比谷:小学3年生くらいから大きくなったけど、嫌で嫌で仕方なくて、生まれ変わったらAカップになりたいと思っていたの。胸が小さい子の顔って、とてもかわいくて憧れだったから。

吉田:私も大きくなったのは同じ頃から。でも、巨乳の家系だったからそんなに気にならなかったなあ。でも、一度誘拐されそうになったことがあるの。知らないオジサンに道を聞かれて、連れて行かれそうになって。胸が大きかったからなのかわからないけど。

日比谷:それは胸でしょう!! ホント、大きいといろいろ大変。まず体育の授業で全力疾走できない。揺れると胸の上の方の筋が痛くなるから、片手で胸を抱えて、反対の腕だけ振って走ってた。

吉田:私もやってた!!

日比谷:スク水(スクール水着)も辛かった。恥ずかしくて母親にカップを入れてといえなくて、胸ポッチになって周りが変な空気に。しばらくの間、内緒で絆創膏をニップレス代わりにしていたの。

吉田:大人になってからも大変。満員電車では、周りに気を使って胸の前に必ずバッグを抱えて乗っているし、飲み会では胸が重くてテーブルに乗せたくなるんだけど、ストレートにやると引かれちゃうから(笑い)、テーブルの上で腕を組んで、何食わぬ顔でそこに胸を乗せてる。

日比谷:家で一人の時はストレートに乗せてる(笑い)。テーブルに乗せると、“ソレ”がいかに重いか実感できる。電車といえば、一度オジサンに胸を掴まれたことあるわよ。ガラガラだったのに、座っている私の前に立っていて、変だなあと思っていたら、ドアが開いた瞬間にガシッて揉まれた。

吉田:ヒドーい!! そんなオヤジ、許せない。考えてみると、胸が大きいことのメリットって、あんまりないかも。洋服のサイズは合わないし、ブラのバリエーションも少ない。胸が大きいからといってモテるわけでもないし(笑い)。

日比谷:でも、巨乳の子は皆優しい。グラビア業界に入る前は、胸の大きさに応じたヒエラルキーとかがあって、意地悪されたりするのかなって心配だった。

吉田:苦労してきたから、小さいことにこだわらないのかも。胸も大きいけど、心も大きいの!!

ソース:Newsポストセブン

 

おっぱいは正義。

いつか日比谷亜美の胸がブサイクというキーワードを超える日が来ることを願う。

 

■ 関連商品

DVD>日比谷亜美:Milky Glamour (<DVD>)
日比谷亜美
竹書房
売り上げランキング: 674,191


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

return top
育毛剤