理由不明…江角マキコ「落書き事件」の真相

落書き騒動で自身のイメージを低下させた女優の江角マキコ。

その後は自身のイメージを回復することができず、とうとう不倫報道というトドメを刺され、芸能界を引退してしまった。

そんな江角マキコの引退を許す物は数少ない。

長嶋一茂宅に落書きした理由は明らかに陰湿なもので、大人が取るべき行動でなかったことは事実だった。しかし、その後江角マキコは干されることなく芸能活動を継続。おそらく沈黙をつらぬきイメージを徐々に回復していく戦略をとろうとしたのだろう。

結局、江角マキコは落書き事件の真相を明らかにしないままに引退したわけだが、ここにきてまたもやその落書き事件の真相や理由を探る動きが再熱。

ということで今回は風化させない目的も兼ねて、江角マキコが起こした落書き騒動の真相および理由についてまとめた。

理由が謎…江角マキコが起こした「落書き事件」の真相

江角マキコのプロフィール

no title

江角マキコ(えすみ マキコ、1966年12月18日 – )は、日本の女優、タレント。本名、平野 真紀子(ひらの まきこ)旧姓、江角。島根県出雲市出身。インクワイヤー所属。かつては研音に所属していた。前夫は写真家の桐島ローランド、現夫はフジテレビのディレクター・平野眞。カターレ富山の江角浩司とは遠戚にあたる。

来歴
2003年11月から、当時の社会保険庁による、国民年金保険料の収納率アップを狙った、「国民年金保険料納付キャンペーン」の広報イメージキャラクターとして起用された。しかし2004年3月、本人の17年間に及ぶ国民年金保険料の未納が明らかとなった。

2014年8月、子供が同じ学校に通う夫人への“嫌がらせ”として、2012年12月当時の男性マネージャーに命じ、タレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」など落書きをさせていたとの疑惑が『週刊文春』にて報じられた。

引用:Wikipedia


Focus 1: 江角マキコが起こした「落書き事件」とは

no title

それでは江角マキコがマネージャーに指示し、長嶋一茂宅に落書きをした事件の詳細を。

江角マキコ「落書き事件」の真相

女優・江角マキコ(47)が、男性マネジャーに命じ、都内にある長嶋一茂邸の外壁に「バカ息子」などと落書きをさせていたことがわかった。週刊文春では、近隣住民の撮影した現場写真を入手した。事件が起きたのは2012年12月30日。当時、江角は大手芸能プロダクション「研音」に所属し、若手男性社員のA氏がマネジャーを担当していた。A氏は今年に入り、周囲に「今だから話せること」として、一茂邸に落書きをした一件を打ち明け、後悔の念に苛まれていると洩らしていた。

画像: 江角マキコが支持して書かせたとされる「落書き」

65147e27eec7441c6586e1bc699649f7

img_0

江角マキコ側としては落書きに対して否定しなかった。つまり、ほぼ間違いなくマスコミが報じた内容および理由で落書きをしていたことになる。

しかし、その真相は未だ明らかにされていない。

以前は「ママ友いじめ」に苦しんでいたことを告白した江角マキコであるが、人の親がこのような“落書き”を指示したともなれば、もはやママ友いじめに遭うのも当然だったというべきか・・・。

そもそも落書きを指示した理由が“嫌がらせ”だとするなら、非常に幼稚な行為と言っても過言ではない。

なお、この落書き事件は逮捕されてもおかしくないレベルだったという。

しかし、江角マキコは落書き事件後も平然とテレビに出演し、日テレ系「ぐるナイ」のゴチで料理を喰らい、TBS系「私の何がイケないの?」で芸能人を叱咤していたのである。


Focus 2: 確かに長嶋一茂はバカ息子かもしれないが・・・

江角マキコ 「バカ息子」落書き事件の笑激波紋

no title

江角マキコの元マネジャーによる、長嶋一茂邸への落書き事件。落書きする必然性が見当たらない元マネジャーがあくまで自主的にやったことであり、江角自身は知らなかった、という不可解な言い分に、どれほどの人が納得しているかは推して知るべし。実はこの一件、球界でも大いに話題になっていたという。

「球界の人間はみな、『なんで江角は一茂がバカ息子だということを知ってるんだ?』と口々に話していましたよ。なぜ今さらなのか、ということも含めて不思議がっていた」

笑いながらこう明かすのは、さる在京球団の関係者である。

「ボンボン=バカ息子のイメージも後押ししているわけですが、一茂は其の手のエピソードに事欠かなかった。現役時代、買ったばかりの高級車ソアラを運転して球場にやってきた一茂に、選手たちが『どうしたの? ローンで買ったの?』と尋ねたところ、平然と『ローンって何ですか?』と答えたり」

その後、一茂のことではなかったと分かり、事態は落ち着いたが、

「一茂夫人が江角に対して『あの女を許さない!』と激怒しているそうです」(スポーツ紙デスク)

との噂も。

果たして、もうひと波乱あるか。

ソース: ASAGEI+

結局、落書き事件のその後にこれといった進展はなかった。

が、落書き事件について一向に語らず、相変わらずテレビ番組に出演し続ける江角マキコに、世間は相当な苛立ちを抱えていたことは間違いないだろう。いや、このソースによるなら、もっとも激怒していたのは長嶋一茂夫人。

江角マキコとしてはよくも理由も語らずにのうのうとメディア出演していたものだ・・・。

なお、江角マキコは芸能界を引退してしまったため、落書き事件の理由や真相が語られる可能性はより低くなった。


Focus 3: とうとう芸能界を引退してしまった江角マキコ

江角マキコ 芸能界引退を発表「今私にしかできないことを選択」

no title

女優の江角マキコ(50)が23日、芸能界を引退する意向であることが23日、分かった。同日、代理人の弁護士が報道各社へファクスで送付した。

江角は「芸能活動を引退させていただく所存であることは事実です」と報告。30年間にわたる芸能活動への感謝の気持ちを記し、引退の理由については「子供の誕生も成長も、仕事をしながら歩んでまいりましたので、今は一度立ち止まり、子供達のために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だと考え、このような決断に至りました」と説明した。

ソース:Yahoo!ニュース

引退理由は間違いなくそれではない。

国保の未納にはじまり、長嶋一茂宅への落書き事件、そして不倫報道・・・・。

要するに江角マキコはもう自身のイメージ回復を見込めないと判断したのだろう。いや、もしくはこのままでは相当なワルモノになると判断したのかもしれない。

いずれにしても江角マキコはさまざまな騒動の真相を明かすことなく、引退という名の逃避をしたのである。


Focus 4: 江角マキコは“陰湿”な性格の持ち主

no title

どこかサバサバしていて、多くの女性が理想に掲げる“強い女タイプ”を具現化したような女優、それが江角マキコだった。しかし、実際のところは単なる“陰湿な性格”の持ち主でしかなかったのである。

長嶋宅への落書きを指示した理由から推測するに、明らかにやることが“姑息”であるし、堂々と向い合うといった解決をしない人物であることが見て取れる。また、モノを使ったり、一歩引いたところから策を企てる印象も受ける。

江角マキコはこれまで、視聴者が落書き騒動を忘れてくれることを願いつつ、沈黙をつらぬきながら芸能活動をしていたに違いない。

しかし、数々の騒動とその真相を語らないことを理由にオファーが激減。
いや、というよりも干されかかっていたのだ。

自身が司会を担当する「私の何がイケないの?」では、自宅を公開し、スズメバチに悩んでいるといったプライベートを見せたものの、落書き騒動が風化することはなかった。

いずれにしても、落書き騒動の理由や真相を語らず、謝罪のひとつもしなかったことから、江角マキコに一般常識が備わっているとは言い難い。

そして、最低な性格の持ち主といえよう。

 

■関連商品

ESUMI―藤井保写真集

ESUMI―藤井保写真集

posted with amazlet at 16.11.06
藤井 保 江角 マキコ
リトルモア
売り上げランキング: 276,096

■関連記事

【グループサウンズ】バンド「オックス」失神騒動の真相

【死の真相】川田亜子、「悪魔」谷口元一との接点から見えた疑惑

他殺濃厚…AV女優・桃井望の変死事件の真相【殺人】

【未解決事件】「洋子の話は信じるな」の真相にせまる

毛嫌いされた和田アキ子が紅白を落選した理由



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。