田尾安志の息子が残念すぎる…ヒモ生活を送る次男・Soushi

元楽天監督の田尾安志にある噂がある。

正確に言うと、田尾安志本人ではなくその息子だ。

どうやら息子が“ヒモ”状態にあり、その生き様がかなり破天荒なのだという・・・。

事実、田尾安志でネット検索すると、「田尾安志の息子が残念すぎる」といった関連キーワードが表示される。

とはいえ、その田尾安志の息子が残念すぎると言われているのは“次男”であるSoushi。

情報によると、彼は沖縄でヒモ生活を送っていると言うのだが…。

はたして田尾安志の次男はどうして“ヒモ”になったのだろうか?

<ヒモ生活を送るSoushi>田尾安志の息子が残念すぎる件・・・

田尾安志のプロフィール

no title

田尾安志(たお やすし、1954年1月8日 – )は、大阪府大阪市西区出身(香川県三豊市生まれ)の元プロ野球選手(外野手)・監督・野球解説者・タレント。

現役時代は中日ドラゴンズ、西武ライオンズ、阪神タイガースに在籍し、現役引退後は東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督を務めた。

引用:Wikipedia 


Focus 1: 「田尾安志の息子が残念すぎる…“ヒモ”と呼ばれながらも実力者である次男Soushi

 


(田尾安志の次男・Soushi)

 

さて、ネット上で「田尾安志の息子が残念すぎる」と話題になっているわけだが、その問題の次男・Soushiについてくわしく調査してみたところ、確かに田尾安志の次男・Soushiには“ヒモ”疑惑がかけられていた。

たしかにネットで噂されているとおり、Soushiの生活はほぼ“ヒモ”そのものだった。
そのヒモぶりは以下のとおり。

 

  • 同棲中の彼女に生活全般の面倒を見てもらっている
  • 彼女との交際歴は10年以上(その間ずっとヒモ)
  • 月収はわずか4万ほど

ちなみに以下画像が同棲していると思われる彼女。

 

画像:Soushiの彼女?

 

父親である田尾安志からすると、当然ながら次男・Soushiの私生活をよく思っていなかった。

現在、田尾安志の息子が残念すぎると話題の次男・Soushiは沖縄でヒモ生活をしている状態だが、本人の名誉のためにも“根っからのヒモというわけではない”ことを断っておく必要がある。

 

田尾安志の息子が残念すぎると噂される次男のSoushiは音楽をメインに芸能活動をしており、ラジオ関西ではパーソナリティーも担当。

 

画像: 田尾安志の次男・Soushi

no title

バンド活動にも力を注いでいるようだが、彼の経歴を調べてみると、そこには“実力”を証明する過去があった。

 

なんと彼は日本カラオケボックス大賞で優勝しているのだ。

 

もちろん、この大会は全国区。
全国からハイレベルな人々が集まる中での頂点を取ったわけだ。

そう、ヒモと聞けば印象こそ悪いものの、次男・Soushiはもともと実力がある人間なのである。

しかし、なぜ彼は“ヒモ”という選択をしたのだろうか。


 

Focus 2: Soushiが“ヒモ”になった理由は田尾安志との親子関係にあった

 

no title

田尾安志は野球ファンなら誰もが知っている人物。
そのため、彼の家族はファンをはじめ、お茶の間からも注目されることは必至だった。

メディアで見る田尾安志は少なくとも優しくスマートな印象を受ける。

 

が、実際の田尾安志は厳格な性格の持ち主だったようだ。

 

田尾安志が楽天監督を継続しなかった理由は、「球団に対する不満が多かった」と言われており、最終的に球団との契約を破棄、さらにはメディアにおいて解任騒動を暴露した。

言うまでもなく彼がスマートな性格であれば、そこまでネチネチとした行動をとることはないだろう。

もちろん、球団側の条件が相当悪かったのかもしれない。
が、大人として解任騒動を暴露するのはいかがなものか。

やや話が逸れてしまったが、この田尾安志の性格が親子関係に影響していると考えられる。

厳格な父親のもとで育った子どもは、まっとうに育つか、グレてしまうかの2パターン。

次男であるSoushiは後者ではないだろうか?

次男が田尾の教育に不満を持っていたとしたら、グレてしまうのもわからなくもない。

だからといって、ヒモ生活が許されるわけではないが…。

何事もバランスが重要だ。
厳しさのみで一貫しても、不幸を生む可能性はある。

次男のSoushiは田尾からの愛情を感じたことがないのかもしれない。

いずれにしても、田尾の次男が“ヒモ”になっているという噂は世間に広まっている状態なのは事実。そもそもネット上に「田尾安志の息子が残念すぎる」といったキーワードが表示されている状態なのだから・・・。

とはいえ、このままではSoushiが生きにくいだけだ。

よって、近い未来に彼がメディアにて真実を語るときが来るかもしれない。

何よりも田尾安志との関係をハッキリさせることが、親子の関係を良好にする“急務”ではないだろうか。

というわけで、単純にSoushiを「田尾安志の息子が残念すぎる」と呼ぶのはナンセンスかもしれない。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link


Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。