病気で余命わずか?細木数子の現在画像とうわさの数々

六星占術で多くの視聴者を魅了し、かつてはテレビに引っ張りだこだった細木数子。

「芸能界をリタイアする」という発言からずいぶん経つが、細木数子は現在でも鑑定を継続しており、年に数回は書籍も発売している。

しかし、ネット上では細木数子に“ある異変”が見られるとして、再び密かな注目を浴びているようだ。

なんでも病気で余命わずかといううわさや、現在画像がヤバすぎるという声が溢れているのだが・・・・。

そこで今回は細木数子の現在画像(現在の姿)をはじめ、芸能界を辞めた理由、そして数々のうわさについてまとめた。

細木数子の現在画像…病気と余命、いくつもの黒いうわさが流れるのはなぜか?

細木数子が引退告白!宗教法人を5千万円で買収、その狙いは

hosoki

2月21日、東京都内で行われた勉強会で、細木数子(77)はこう語った。

「いま安岡正篤先生(※細木が師事した思想家)の菩提寺を京都・嵯峨野の一等地に建設中です。あと1年数カ月で完成。それが終わったら私は引退しようと思っています」

費用はなんと70億円だという。工事現場の掲示板には、細木がオーナーを務めている会社のほかに、京都市にある宗教法人・K寺の名前が……。実は、彼女は巨大寺院建築の前に、この宗教法人・K寺も買収していたという。東大阪市在住の男性・I氏(87)がこう証言する。

「ある人の紹介で、細木はわしのところに相談に来た。用件?K寺を売って欲しいという話やった。彼女が持っている以前は料亭だった建物で“取引”したんやけど、話がまとまったら、お金をポンと全額振り込んできたな。値段は5千万円やった。細木にしたらどうってことないわな」

I氏はいくつかの寺を所有しており、K寺もそのうちの1つだった。K寺の現在の代表は、公式的にはA氏という男性になっていた。近所に住む彼の知人は言う。

「Aさんは60代後半です。以前は滋賀県庁に勤めていましたが、退職したころから、こちらにはほとんど帰ってこなくなりました。ご夫婦で細木数子さんに心酔していたようで、いまは細木さんの仕事を手伝っているそうです。お寺の代表ですか?いやAさんが仏教の勉強や修業をしていたとは聞いたことがないですね……」

宗教法人を手に入れるメリットについて、アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士が解説してくれた。

「宗教法人になることで、法人名義で土地や建物などの財産を取得できる、所有する土地建物に税金が課せられない、法人税率が低い……、などのメリットを得られます。また墓地の経営も単なる宗教団体には許されていませんが、宗教法人ならば、都道府県知事の許可があればできるようになるのです」

多くの優遇措置を受けられるという宗教法人だが、設立のためには書類提出や厳しい審査が必要で時間もかかる。前出のI氏が続ける。

「そら、細木がいまから宗教法人を設立しようとしても、難しいよ。最近はそんなに簡単に認められへん。だからわしから買ったんやろうね。K寺は“単立の寺”やしな」

単立の寺とは、本山を持たず、独立している寺のことだという。

「一般的な寺は宗派や教義があって、そこの住職になるときは本山から任免状をもらわなければいけない。でも単立の寺なら、誰が代表でも、どこからも文句は来ないし、教義なんかも自分の好きなようにできるんや」

細木には3千人の“信者”がいるというが、いまはあくまで占い師とその信奉者にすぎない。しかし宗教法人を手に入れることで、いわゆる“細木教”を広めることも可能だというのだ。宗教法人買収、そして大寺院建設は、“真の教祖”になるためのステップなのか。細木の会社に取材を申し込んだが、「担当者は打ち合わせ中」と、繰り返すばかりで締め切りまでに回答はなかった。

東京での勉強会で細木は、こうも語っていた。

「これからの子供たちは地獄絵巻のような日本で生きていくことでしょう。それをできるだけ防がなくちゃいけない。私は、生きているうちにみなさんを助けたいんです」

すでに77歳、自分の余命は4年とも公言している細木だが、“最後の悲願”に向かってばく進中のようだ。

 

画像:六星占術で有名な細木数子の現在の姿

hosokig

ソース:ライブドアニュース

 

なぜ細木数子は芸能界をリタイアしたのか

ho

正直なところ、今現在になっても細木数子が芸能界をリタイアした理由はあきらかにされていない。だが、そのリタイアに対していくつのかウワサは浮上している。

細木数子は2008年に「休養したい」「身辺整理のため」と、自身が出演していたレギュラー番組をすべて降板。しかし、急な降板だったこともあり、誰もが細木数子の行動を疑うこととなった。

その後、細木数子が芸能界をリタイアした理由についてさまざまなうわさが飛び交った。

ひとつは「番組の視聴率が振わなくなったこと」、もうひとつは「魔女の履歴書裁判」で今後闇社会との関係が出るのを恐れての降板といったうわさだ。とはいえ、これらのうわさはどれも信ぴょう性に欠けたものであり、今現在になっても確かな詳細は明らかになっていない。

が、細木数子は現在、京都に建設費数十億と言われる豪邸を所有し、占い鑑定などを行いながら悠々自適に暮らしているといった情報が拡散。おまけに人気商店街には、3億5千万円“大殺界”御殿を新築中と言ったうわさも流れていた。

これらの情報が事実ならば、細木数子が芸能界をリタイアした理由はシンプルかもしれない。

要するに細木数子がテレビに出演した理由はあくまで知名度をアップさせることが目的であり、決して金稼ぎの場ではなかったのだ。

テレビによって自身の名が全国に名が知れた時点で区切りをつけ、プライベート活動に専念したのだろう。現在も六星占術でかなりの収入を得ていることから考えて、細木数子は芸能界にこだわる理由などなかったと推測できる。


かつては“激やせ”で病気&余命説が飛び交ったことも・・・

細木数子は現在になってもあるひとつのうわさが拡散し続けている。

それはあれだけふくよかだった細木数子が現在の姿は見る影もなく激やせしているというもの。

すなわち、完治不可能な病気を患っているといったうわさや、余命わずかといううわさが今でも彼女におけるうわさの鉄板となっているのだ。

 

きっと多くの人が以下画像のようにテレビでブレイクしていた頃の細木数子を思い浮かべることだろう。

 

画像: テレビにひっぱりだこだった頃の細木数子 

hos

 

ところが細木数子の現在の姿は以前とは比べ物にならないほど“激やせ”しているという噂が・・・。
そのきっかけとなった画像が以下のものだ。

 

画像:細木数子 「六星占術」書籍

hos

 

この激やせ画像を目にした者がこぞって重い病気のうわさをはじめ、余命わずか説を拡散。
これによって細木数子が現在、完治不可能な病気に侵されており、余命は残りわずかといったとんでもない噂が飛び交うこととなった。

確かにこの激やせしているように見える画像が話題になった際は、誰もが細木数子の現在に注目したことだろう。が、単なる食事制限で痩せたとも考えられるし、年齢を考えると重たい病気説を疑ってしまうのも無理はない。しかし、細木数子が重たい病気を患っているという確固たる情報はないため、その真相を確かめることはできない。

が、細木数子が2016年の時点で宗教法人を買収したこと、現在画像が掲載されていることを確認するかぎりは、重たい病気説は単なるうわさだったと言っていいだろう。

いずれにしても現在も細木数子における評判は良くない。

宗教法人を買収した意味は何なのか?
そして現在、細木数子は何を企んでいるのだろうか。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link


Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。