谷亮子の父親・田村勝美の職業“極道”説の真相

秘書との不倫報道をきっかけに黒すぎる過去が次々と浮上した谷亮子。

その後、夫・谷佳知との離婚には至っていないが、はたして真実はどこにあるのだろうか。

仮に現在報道されている情報がすべて事実であれば、離婚は秒み読みと言っていい。
しかし、離婚に至らない黒すぎる理由があった。

それは谷亮子の父親である田村勝美の存在。

父親・田村勝美は福岡では有名な極道(ヤクザ)で、力もそれなりに持っているという。

そこで今回は谷亮子の父親・田村勝美の情報ほか、浮上する数々の黒い噂についてまとめた。

谷亮子の黒い噂「父親・田村勝美の職業“極道”説」

谷亮子の父親は極道だった・・・(過去ソース

(前略)

また、谷議員を巡っては家族についての“黒い噂”もささやかれている。2010年『週刊文春』(文藝春秋・5月27日号)では、谷の父親が「保険金詐欺に手を染めて逮捕」「保釈中に暴力団賭博に関わり再逮捕」「保険金詐欺で実刑判決が下り塀の中」との報道が。同誌の取材に父親が「変なことを書いたら、私はキツいよ。いや、ほんとに」と恫喝した旨も伝えられた。

こうして度々“危険な香り”のするニュースが飛び出す谷議員。過去に様々な異性交遊の噂も飛び出しており、今回は特にイケメンとの報道で浮かれているようだが、この状況が続けばいつか足元をすくわれてしまうのでは……?

ソース:ライブドアニュース

81: 名無しCatcher/
>>1
谷亮子の父親の職業がヤバイらしいな
なんでも福岡では近づくとまずい団地出身なんだとか
277: 名無しCatcher/
>>1
以前から谷亮子の父親の職業は極道だって有名だったよ
で、いろいろ黒い噂が出てくるってことは谷亮子もそういう人物だってことだよ
みんな表向きの顔だけで判断してるだけ
2: 名無しCatcher/

谷亮子の父親・田村勝美の職業は“極道”なのか

ご存知のように谷亮子の旧姓は田村。そして現在、そんな谷亮子の父親・田村勝美(62)によからぬ噂が浮上している。そう、谷亮子の父親・田村勝美は「極道」という情報だ。これを報道したのは週刊文春。

父親・田村勝美は福岡市博多を拠点とする指定暴力団の大幹部のようで、6歳上の兄も極道の世界では相当な男とのこと。これだけでも驚きを隠せないが、地元では常識なのだとか。

さて、谷亮子の父親・田村勝美が極道である信ぴょう性だが、それは週刊文春の書いた記事が事実だとすれば可能性は極めて高い。事実、田村勝美は過去に実刑判決を受けており、それらの証拠をもとにすれば自ずと答えが見えてくるはずだ。

3: 名無しCatcher/

週刊文春が父親・田村勝美に直接取材してるんだよなあ

谷亮子、スポーツ選手だからこそ報じられなかった「ウラの顔」

そんな勝美氏(谷亮子の父親)に話を聞いた。

――小沢氏との関係はどのようなものなのか。
「17年くらい前に後援会を通じて、亮子がサインをしてあげたんです。結婚式も最初から最後まで出席していただいた。長いお付き合いをして咄った小沢先生の人間性に惹かれたのが大きいんじゃないかなと思う。たとえば、小沢先生が自民党でも行ったでしょう」

――かつて実刑判決を受けたご自身の過去について、どう受け止めているのか。
「それは個人情報の範囲だから。僕はそのことについて、喋ったことがないのよ。20年も30年も前の話を出すのはマスコミの仕事じゃなくて、これからどうやって生きていくかが問題であってさ。そのことについては、一度も話したことありませんよ」っていう軽い感じで行きましょうよ」

――親族から借りた保釈金350万円の返済を、だいぶ渋ったと聞くが。
「それはよくわからんね。そういうことを書く必要があるのかな。あなたの親兄弟を徹底的に私が調べて、記事にすることもできるのよね。文春の社長のことも、爺さん、婆さん、孫に至るまで全てを調べて、万引きしたかどうか、報じることもできるわけ。しようと思えば、僕はやるよ」

そして取材の最後に勝美氏は、こう言い放った。

「変なことを書いたら、私はキツいよ。いや、ほんとに。紳士的に行きましょう」国政の場に出る以上、谷は自ら、父と暴力団の関係などを明らかにして、総括する必要があるのではないか。

幸次氏が締めくくる。

「勝美は出所した後も、一向に悪びれる様子がなく、反省の弁も聞いたことがありません。それどころか、今日まで、迷惑をかけた私に謝罪の一つもないままです。亮子からも、世話になった感謝の言葉もない。国会議員になろうというなら、出馬表明する前に、まずは一人の社会人として、自分たちが世話になった人達に、目を向けるべきではないですか」

引用: 多摩湖畔日誌

8: 名無しCatcher/
え、谷亮子って純粋でクリーンなイメージしかなかったんだけど、父親の職業が極道とか嘘だろ・・・
15: 名無しCatcher/
父親が極道ってのは前から話題になってた
つまり、自分の娘を「抱け」って言われたら断れないくらい福岡では有名な極道
21: 名無しCatcher/
>>15
福岡の前科者だっけ?
どうりで気持ち悪いチョンづらだよなこいつそれに地元じゃ黒い噂が絶えない団地に住んでたらしいじゃない
17: 名無しCatcher/
で、ぜんぜん離婚しないけど大分前に噂になったダルビッシュ似の秘書って誰なのよ?
18: 名無しCatcher/

谷亮子、ダルビッシュ有似の秘書と不倫報道! 否認するも“ご機嫌”だったワケとは?(過去ソース)

「順風満帆な“転身”を遂げた谷ですが、すでに2児の母となっていた12年、『アサヒ芸能』(徳間書店)で年下秘書・M氏との疑惑が報じられています。当時谷の事務所は、ベテランの女性公設秘書が取り仕切っていたものの、谷はM氏との関係が加速する一方で女性秘書の言うことを聞き入れなくなり、最終的に女性秘書の方が退職してしまったとか。卓球選手のFなど、“隠れ肉食女子”が多数存在する女性アスリート界でも、谷の肉食ぶりは有名な話だっただけに、記事の信ぴょう性は高いとみられていました」(週刊誌記者)

そして今回報じられた不倫疑惑のお相手は、M氏と入れ替わりに事務所に入ってきたという30代前半のイケメン秘書・B氏。谷は昨年オリックスに移籍した夫の「家族4人で大阪で生活したい」という希望を「議員活動ができなくなるから」と聞き入れず、現在夫婦は別居状態という。現在、このイケメン秘書は谷の家にも出入りするようになっており、恩師であるはずの小沢氏も近頃は「もういいよ、アイツは。国会議員に、向いていないんだよ」とこぼすようになっているということから、「週刊現代」は谷夫婦の“不協和音”は「小沢氏の周辺からリークされたものでは」としている。

「そして『女性セブン』では、不倫関係を否定しつつも谷が『イケメンのBさんとの噂になったことが嬉しかったようで、ご機嫌みたいですよ』という政治部記者の証言が。『四六時中、何をする際にも同行させていた』という“手口”は前出のM氏とも同じだけに、別居状態の今回こそ、何か動きがあってもおかしくありません」(同)

「週刊現代」の直撃取材には「おかげさまで夫婦円満です」と語った谷だが、これは単なる“火遊び”なのかそれとも――。

引用: エキサイトニュース

19: 名無しCatcher/
まあ、秘書との不倫報道は出てるものの、どこにも写真はないな。
写真があれば、より秘書との不倫の真実味が増すんだけど。
22: 名無しCatcher/
結局、この秘書の写真出なかったよな
やっぱり極道の父親の力働いたのかね?
48: 名無しCatcher/
父親が福岡で有名な極道で娘が国民的な柔道選手って・・・
51: 名無しCatcher/
かなりの組み合わせでお腹いっぱいだよな
62: 名無しCatcher/
谷亮子の交際要求を断った男には福岡の父親からの制裁でもあるのか
つーか谷の性欲って病的なものを感じる
120: 名無しCatcher/
そういや谷亮子の性欲がヤバイってのも以前に噂になったっけ
162: 名無しCatcher/
谷亮子に寝技で抑え込まれたら、常人では脱出不可能
よって谷の離婚は困難とみた
163: 名無しCatcher/
結局、谷亮子の離婚・不倫報道ってなんだったんだろうな
間違いなく離婚するでしょって思ってたけど、もうあれから数年経つし
あ、父親の職業が極道だから無理だったのか・・・
295: 名無しCatcher/
父親の職業が極道とか・・・やばいなおい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

return top
育毛剤