逮捕秒読み?!北島康介の“薬中&ドーピング“疑惑と“あの事件への関与”説

嫁は元GIRLS NEXT DOORの千紗、現在は水泳を引退しプライベートを満喫していると思われる北島康介だが、彼にはいくつかの怪しい疑惑が浮上している。

北島康介に黒い疑惑が流れはじめたのはつい最近のことではない。
もっともそのキッカケとなったのは押尾学が起こした「ホステス事件」だ。

ある日を堺から“同事件に北島康介が関与している“との噂がネット上に拡散。
しかし、結局何事もなく現在に至った。

とはいえ、清原和博の薬物逮捕によってまたも北島康介に怪しい疑惑が浮上。

ネット上では文春がすでに薬中やドーピングの証拠を掴んでいるため、逮捕は秒読みということなのだが・・・。

ということで今回は逮捕や薬中疑惑が絶えない北島康介についてまとめた。

薬中&ドーピング疑惑と逮捕の噂…北島康介にまつわる黒い疑惑噂の数々

北島康介のプロフィール

no title

北島康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日 – )は、日本の元競泳選手。アテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。日本コカ・コーラ所属。身長178cm、体重72kg。

略歴
東京都荒川区出身で、実家は西日暮里にある精肉店「肉のきたじま」(株式会社北島商店)を経営。文京区の区立千駄木小学校、文林中学校、本郷高校、日本体育大学体育学部体育学科卒業。大学卒業後、日体大大学院に進んだが、選手活動に専念するため2006年に中退。

5歳から東京スイミングセンター(東京SC)で水泳を始め、中学2年生の時に、東京SCのコーチ平井伯昌に才能を見出される。高校3年生で2000年シドニーオリンピックに出場し、100m平泳ぎ4位入賞という日本新記録を果たした。2004年アテネオリンピックと2008年北京オリンピックにおいて100m・200m平泳ぎで金メダルを獲得し、オリンピック史上初の平泳ぎ2大会連続2種目制覇を果たす(オリンピック2大会連続2種目制覇は日本人史上初である。)。また、個人メドレーで日本記録を保持していたこともある。

 

2016年4月8日、日本選手権兼リオデジャネイロオリンピック代表選手選考会の男子200メートル決勝で5位となり、5大会連続の五輪出場を逃したことを受けて、「自分は引いて、この後世界で戦う選手を応援したい」「悔いはない」と語り、現役引退を表明した。

引用:Wikipedia 


Focus 1: 北島康介に薬中&ドーピング疑惑が浮上する理由

 

no title

北島康介に薬中、そしてドーピング疑惑が浮上する理由、それは薬で逮捕された清原和博が大きな影響を与えている。

早い話が、清原和博に薬がわたっていたルートに北島康介も含まれているのではないか?ということ。

これは文春をはじめ、各週刊誌なども報じていたが、結局のところ何事もなく現在に至っている。

だが、北島康介に薬中&ドーピング疑惑が浮上する理由は清原和博の件だけではない。

北島康介は薬を使用している(ドーピングをしていた)疑惑があるとして警察からマークされており、その捜査対象になる要因があるというのだ。

その要因は以下の2点である。

薬中&ドーピング要因1:「西麻布での交友歴」
北島康介に薬中(ドーピング)疑惑が浮上する背景には、これまでに何度か報道されてる「西麻布で怪しい人々と飲み歩いている様子」と言っていいだろう。

その怪しい人物における詳細は一切不明であるが、一般人とは明らかに異なる特徴および傾向があることから、薬を販売している人間、もしくは薬に関与している人間ではないかとのこと。

これによって北島康介は警察から睨まれる存在になったのだという。

薬中&ドーピング要因2:「押尾学の事件」
前述したが北島康介は押尾学が起こした「ホステス事件」の現場にいたという疑惑が浮上している。この事件については後述するが、薬関連で言うなら清原和博の件とは一切関係ない。あくまで同事件に関与していた疑いがあるという話だ。

結局のところ、「怪しい人物とつるんでいる=薬中&ドーピング疑惑」という形になっているわけだが、特に現在に至るまで何事もないことから、北島康介に浮上する薬疑惑および逮捕の可能性はきわめて低いといえよう。

ネット上では文春が彼の薬物もしくはドーピング情報をすでに掴んでおり、逮捕は秒読みといった情報もあるが、それはデマと言っていいかもしれない。


 

Focus 2: 北島康介と押尾学は“親友”のような親しい仲だった?!

 

no title

以前から「女遊びが派手で酷い」という疑惑が絶えない北島康介だが、それよりもブラックな噂がある。

それが前述した「薬中(ドーピング)による逮捕の疑惑」と「押尾学が起こした事件への関与疑惑」だ。

以前、押尾学が薬物「MDMA」をホステスに服用させて死亡させる事件が起こったが、それに北島康介が関与しているという噂がある。

というのもこの疑惑を報じたのは週刊誌(文春ではない)。

その報道によれば、押尾学が逮捕されてから間もなくして、「政界を激震させるヤバイ画像が出回った」というのだ。

しかしながら、肝心のヤバイ画像が世間に公開されることはなかった。

政界を激震させるということで、相当マズイ画像だったことは間違いないだろうが、それがまったく信ぴょう性のない報道だったとは思えない。なぜなら週刊誌はその画像におけるヒントを掲載していたためだ。

何でもその画像には逮捕された押尾学と一緒にMDMAを服用して死亡したホステスの女性と、自民党の某大物政治家親子が一緒に写っているのだという。

その政治家の息子とウワサされているのが「森祐喜」だ。

 

画像:森祐喜

kit

森は事件発生当初からこの事件への深いかかわりをささやかれており、押尾学がすべてを語れば、政治家の進退問題に発展すると言われていた。

さらにこの事件への関与がウワサされていた人物こそ、“国民的大物アスリート”である「北島康介」だったのである。

当時、週刊誌は北島康介と押尾学ぶはまるで「親友のような間柄」と報じていたが、結局北島康介が逮捕されることはなかった。


 

Focus 3: “事件現場”に北島康介がいた可能性

 

no title

死亡したホステスの女性の体内からは“複数の男性の体液が検出”されたという事実が残っている。

つまり、ホステスが死亡した事件において行為に及んだ男性は押尾学だけではなく、そのほかにもいたということになるのだ。

ある週刊誌記者の証言によると、その現場には北島康介もいた可能性があるとのこと。

同事件が世間を騒然させた当時、北島康介は“逃亡中”と報道されていたのが記憶に新しい。が、結局のところ逮捕に発展することはなかった。

この報道は単なる週刊誌のでっち上げだったのか、それとも報道された内容は事実だったのか。

今となっては完全に黒い噂が風化しつつある北島康介だが、薬中(ドーピング)疑惑や逮捕の噂などが報道される時点で“ウラの顔”を持っている可能性は高いといえよう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored Link


Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment

Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
育毛剤