○○業界で復帰?!干された岡村真美子の現在【二股騒動】

okamuramamiko

NHK夜の看板ニュース番組『ニュース7』でお天気コーナーを担当した気象予報士の岡村真美子。

ロリフェイスがファンに受け、ネット上では「7時28分の妹」「魔法少女」などと呼ばれたが、『週刊文春』に“二股不倫疑惑”を報道され、結果として番組を降板することになった。(※表向きには“体調不良”を理由の降板)

そんな岡村真美子にある業界が熱視線を送っているという。

週刊文春には『一日のうち8割はエッチなことを考えている』『1カ月以上男と肌を合わせてないとおかしくなる』などといった発言が記載されていただけに、やはりある業界とは・・・。

あの人は現在…二股騒動で干された岡村真美子に○○業界が熱視線!

岡村真美子のプロフィール

no title

岡村真美子(おかむら まみこ、1984年1月26日 – )はピアニストで、元ウェザーマップ所属の気象予報士。

人物
身長151cm。 1984年1月26日、山梨県甲府市生まれ。父は英文法が専門の大学教授、母はフルート奏者、祖父は物理学の学者。母に音楽の手ほどきを受け、2歳でピアノを始め、3歳の時にヤマハ音楽教室へ通うようになる。

小学生時代は漫画『美少女戦士セーラームーン』の大ファン。中学生時代は科学雑誌『ニュートン』を定期購読。天文学好きなのが高じて、将来はNASAで働きたいと思ったこともあった。高校生時代は理系のクラスに在籍。

山梨県立甲府第一高等学校を経て国立音楽大学音楽学部器楽学科へ入学。有賀恵、三木香代にそれぞれ師事、在学中は、アレクサンダー・サッツ(英語版)、ウラディミール・トロップ(ロシア語版)のレッスンを受講。2006年には読売新聞新人演奏会出演など音楽家としての活動をする一方、大学卒業後にウェザーマップを介して静岡放送と専属契約を結び、気象キャスターとして数々の番組に出演した(契約期間中は毎日、東京から新幹線通勤をしていたという)。

2011年から活動の本拠を東京へ移すとともに、静岡放送との専属契約を終了。2011年4月からは『NHKニュース7』(土日祝)の気象情報を担当、2012年4月から平日担当の寺川奈津美と入れ替わるかたちで、月曜〜金曜(祝日を除く)の気象情報を担当していた。一方ではピアニストとしての活動も活発に行っている。

インターネットの一部では「7時28分の妹」「魔法少女」のニックネームが付けられている。これは『NHKニュース7』において、持っている指示棒の先が天気予報の星のマークと重なり、魔法のステッキに見えることに由来する。

NHKニュース7気象コーナーを体調不調などの理由で突如、休んだりしたことがあったが、2014年8月5日火曜から番組を休み、同年30日土曜から再び寺川奈津美と入れ替わるかたちで土日祝の出演で復活するも、同年12月23日を最後にニュース7を降板した。

引用:Wikipedia 

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>


Focus 1: 二股報道で干された岡村真美子の現在

二股騒動で姿を消したあのお天気キャスターに◯◯業界からオファーが殺到中!?

no title

あり得るか!? 起死回生の芸能界復帰プラン!!

岡村真美子といえば、2011年4月から2014年12月まで、NHK夜の看板ニュース番組『ニュース7』でお天気コーナーを担当した気象予報士。

キュートな童顔&小柄なヴィジュアルで、ファンからは「7時28分の妹」「魔法少女」などと呼ばれ、あまたいるお天気キャスターの中でも絶大な人気を誇ったことで知られるが、2014年暮れに突如、同番組を降板。表向きは体調不良が理由だったが、その実情は『週刊文春』に掲載された二股不倫疑惑報道が最大の理由と言われる。







「清楚で萌え系のイメージが強かった分、『変態ダブル不倫低気圧』と題された報道のインパクトは強烈なものがありました。 不倫疑惑のほか、当時の誌面では『一日のうち8割はエッチなことを考えている』『1カ月以上男と肌を合わせてないとおかしくなる』などといった本人とされる発言も紹介され、イメージはがた落ち。NHKとしても異例の『即クビ』という処置を取らざるをえなかったと言われています」(芸能ライター)

彼女は、ベテランお天気キャスターの森田正光が代表を務める事務所『ウェザーマップ』に籍を置いていたのだが、くだんの番組降板後、早々に退社。

その後、なんの音沙汰もなく、その動向に注目が集まっていたが……。

「国立音大でピアノを専攻していたこともあり、お天気キャスターと並行してピアニストとしても活動していた彼女ですが、先頃、都内の下町でピアノ教室を開業していたことが発覚。

しかも、なぜか偽名を使って。教室専門の検索サイトには連絡先も記載されていますが、
発覚後ファン始めいたずらやひやかしも多かったようで、ホームページのドメインは削除され、問い合わせはできなくなっているようです」(別の芸能ライター)

「ただ、彼女への問い合わせやアプローチはファンだけにとどまらず、一部業界からも執拗に行われていた模様。どんな業界かって? 言わずもがな、グラビア業界ですよ」(同氏)

奇しくも、NHKを降板した2014年12月に1stフォトエッセイをリリースした彼女。

当然のように好セールスというわけにはいかなかったようだが、極上のヴィジュアルを惜しむ声は依然根強いものがあり、水着、ひいては露出の激しい写真集リリースなんてことになれば、話題性は抜群、バカ売れは必至。 もはや、失うものはなにもないはずの彼女の決断に期待したいのだが。

画像: 二股報道で干された岡村真美子

c044b698.jpg

o128818201358471315311.jpg

ソース:ブッチNEWS

言うまでもなく週刊文春が報じた、岡村真美子の二股騒動はかなり過激なものだった。

そして、同報道によって岡村真美子がドがつくほどの変態であることも発覚。

あそこまで報道されてしまうと、満足いくの現在を生きることは不可能である。岡村真美子としてはこっそりピアノ教室で食べていこうとでも思ったのだろうが、このようにメディアに蒸し返される時点でごく一般的な生活をすることは困難だ。


Focus 2: 現在、岡村真美子に残された選択肢はたったひとつ

 

no title

グラビア業界からオファーがある・・・。
こんなものでは世の男性が満足するわけがない。

そう、熱視線を送らなければならない業界は「AV業界」である。

タレントからAV女優に堕ちたケースは数え切れないほどあるし、二股報道の内容がきわめて過激なだけにグラビア業界など甘ったるく見えてしまう。

週刊文春は飛ばしを行なう可能性が低いので、『一日のうち8割はエッチなことを考えている』
『1カ月以上男と肌を合わせてないとおかしくなる』 という発言はおそらく事実だろう。だとするなら、岡村真美子が現在目指すべき道はひとつしかない。

なお、週刊文春の報道によると岡村真美子は、職場で男性とセックスすることに抵抗がなく、むしろセックスしている姿を別室にいる他の男性に見せることにも刺激を感じていた模様。

そう、岡村真美子は生粋の“変態”なのである。

ここまで岡村真美子が変態であることがバレているにもかかわらず、なぜAV業界はオファーしないのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。