「作り笑い・目が笑ってない」女性芸能人ランキング

芸能人のなかにはとにかくキレイな女性が多いわけだが、時に「この芸能人、なんか笑顔に違和感ある・・・」と感じることもあるはず。

基本的に世間から親しまれたり、愛されたりする女性芸能人は“笑顔がキュート”という特徴を持っているわけだが、中には心の底から笑っていると感じられないタレント、明らかに作り笑いをしているタレントも存在する。

そこで今回はgooランキングが特集した「なんとなく「笑顔が嘘臭い」と感じる女性有名人ランキング」をご紹介。

目が笑ってない・作り笑いっぽい女性芸能人リスト

「目が笑ってない」と感じる女性芸能人ランキングTOP23

キレイな人が多い芸能界。特に笑顔がキュートで魅力的な女性有名人は少なくありません。しかし心の底から笑っていると感じる人もいれば、「作り笑いでは?」と感じてしまう人もいるようです。

そこで今回は、なんとなく笑顔が嘘くさいと感じる女性有名人について探ってみました。

<「目が笑ってない」と感じる女性芸能人ランキングTOP23>

1位 三船美佳

no title

2位 ベッキー

no title

3位 有村架純

no title

4位 田中みな実
5位 武井咲
6位 渡辺麻友
7位 堀北真希
8位 前田敦子
9位 本田翼
10位 鈴木奈々
11位 小嶋陽菜
12位 ローラ
13位 菜々緒
14位 百田夏菜子
15位 相武紗季
16位 矢口真里
17位 宮崎あおい
18位 木村文乃
19位 浜崎あゆみ
20位 広末涼子
21位 きゃりーぱみゅぱみゅ
22位 RIKACO
23位 木下優樹菜

ソース: gooランキング

目が笑っていないTOP3に輝いた女性芸能人が選ばれた理由に関しては、以下のソースでご確認を。特に三船美佳とベッキーは誰もが納得の「目が笑ってない女性芸能人」と言っても過言ではないはずだ。

Focus 1: 「目が笑ってない」女性芸能人TOP3を徹底解説!

なんとなく「笑顔が嘘臭い」と感じる女性有名人ランキング

1位は587票で「三船美佳」!

no title

かつてTHE 虎舞竜のボーカルの高橋ジョージとの年の差婚が話題になり、そして最近は離婚で世間を騒がせた三船美佳。いつも笑顔で元気なイメージの彼女。常に笑顔でいること自体は良いことなのですが、離婚に関する記者の囲み取材のときに、とびっきりの笑顔で質問に受け答えする姿を見て「作り笑いが痛々しい」「笑顔が嘘くさい」と感じた人が多いようです。

2位は486票で「ベッキー」!

no title

今年は不倫騒動で世間をあっと驚かせたベッキー。今でもテレビへの完全復活とは言えず、マイナスイメージがなかなか払拭できていません。
そんなベッキーも少し前までは元気キャラとして知られていて、常に笑顔を振りまいていました。当時から「無理して笑顔を作っている」と感じていた人が多く、今回の不倫騒動を経て「やっぱり心に闇を持っていたんだ」と思った人が多いようです。







3位は369票で「有村架純」!

no title

初々しく清楚な雰囲気で人気を集めている有村架純。少しはにかんだような笑顔が魅力的です。しかしその一方で、その笑い方に違和感を持っている人も少なくありません。「無理して笑っているように思える」「笑顔の作り方が下手」という意見が多数。3位に選ばれました。
このように、魅力的な笑顔のはずなのに、どこか作り笑いに見えてしまったり、心の底から笑っていないように見えたりする人も少なくないようです。気になる4位~29位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの女性芸能人の笑顔を見て「嘘臭い」と感じますか?

ソース: ライブドアニュース

1位の三船美佳は誰もが納得といったところか。
事実、ネット上で三船美佳は「目が笑っていない」女性芸能人として話題。

2位のベッキーに関しては以前から「目が笑っていない」という声もあったが、この度の「ゲス不倫騒動」によってさらに笑顔が胡散臭くなった女性芸能人といっていいだろう。

3位の有村架純は賛否両論といったところ。
しかし、「目が笑っていない」「作り笑い」という声は多い。


Focus 2: 「作り笑い」が精神的によくない理由

「悲しい時の作り笑いは精神の毒薬」 臨床心理の専門家が語る

「悲しい時こそ笑顔を」。自己啓発系やスピリチュアル系の書物、あるいはビジネス書にも、そんなアドバイスがしばしば顔を出す。実践している人も少なくないだろう。確かに、自分を励ますという意味では効果がありそうにも思える。

しかし、臨床教育学博士の岡本茂樹氏は近著『いい子に育てると犯罪者になります』の中で、「悲しい時に無理して笑うことは精神の毒になる。やってはいけない」と断言している。

■「作り笑い」で自殺未遂にまで追い込まれた有名人

実際、決意して無理な笑顔を浮かべ続け、自殺未遂するまでに追い詰められてしまった有名人がいる。演出家の宮本亜門氏だ。当時のことを宮本氏は、自伝『ALIVE(アライブ)──僕が生きる意味をみつけるまで』(2001年)や、NHKのドキュメンタリー『わたしが子どもだったころ』(2008年)などで赤裸々に語っている。

新橋演舞場の近くで生まれ、母親が松竹歌劇団のダンサーだった宮本氏は、幼い頃に日本舞踊を習っていた。ある時、稽古を終えてから学校に行った宮本氏はいじめにあう。首におしろいが残っているのを級友に気づかれたのだ。

「男のくせに化粧してる。えーい、女、女」

級友にはやされ、ひどく落ち込んで帰った宮本氏は、母親に「踊りをやめたい。女みたいってバカにされた」と告げた。

その宮本氏に、母親はこう返答したという。

「バカねえ。何にも恥ずかしいことないじゃない。みんなの方が変なのよ。芸事がわからない連中はほうっておきなさい。いいわね。ほら、元気出して。笑って」

母親の言葉を聞いて、それまで暗い表情だった宮本氏は、無理に笑顔を作ろうとした。「いい子」になろうとしたのだ。

この時のことを宮本氏は自伝『ALIVE』の中で、「『日舞を習うことは、普通と違うことなんだ。みんなには言わないようにしよう』と心に決めた。それまでは、いたって天真爛漫な子どもだったのだが……」と記している。

小学生にして、悩みを抱え込むという悲壮な決意をした宮本氏は、その後、嫌なことがあっても笑顔を作ることにした。しかし、その笑顔は「こわばっていた」。そして、「こわばった笑顔」の宮本青年は、高校生になって不登校、ひきこもり、自殺未遂を経験することになる。

ソース: デイリー新潮

 

どうやら無理して笑うと精神的によくない模様・・・。目が死んで行くのもその影響か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。