【やりたい】ぱいぱいでか美のFカップ&ゴム画像まとめ

有吉反省会をきっかけにブレイクした“ぱいぱいでか美”こと、仲井優希。

ぱいぱいでか美は自慢のFカップを武器にタレントとして活動する一方で、歌手としても活動していることで知られる。

圧倒的な知名度を誇るわけではないもののネット上では、ぱいぱいでか美のFカップ画像などがよく検索されており、「ちょいブスなのがエロい」「Fカップたまらん」「普通のグラドルよりいい」となかなかの高評価。

ということで、今回はぱいぱいでか美の画像などをまとめた。

地味&Fカップで人気急上昇!ぱいぱいでか美のゴム画像ほか

ぱいぱいでか美のプロフィール

no title

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ、1991年5月3日[3] – )は、日本のタレント。本名、仲井 優希(なかい ゆき)。三重県出身。ライブを中心にDJや司会業などを行う。血液型はO型。

経歴
小さい頃からハロー!プロジェクトの楽曲に親しみ、中学3年の頃から歌手になることに憧れていた[5]。高校は進学校であったが、歌手になる夢を諦めきれず、親の許可を得て専門学校への進学を決意する。

2010年、19歳の時に専門学校に進学するために上京。音楽系の専門学校で同じキャンパスにある大学のサークルに加入し、サークルの先輩とバンド活動を始める。バンドではキーボードとボーカルを務めた。2012年12月12日にバンドが解散、その後はソロ活動を開始する。本人はバンド活動の継続を望んでいたが、先輩がパチンコにはまってしまい、やむを得ず解散した。解散してすぐの12月15日にソロライブで弾き語りを披露したものの、自身にはむいていないと判断、踊りに転向する。インディーズとしての活動を続け、コアなファンを獲得していった。

2014年5月31日、大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」を発表。ジャケットには自身のヌード写真を採用した。6月25日、デビューアルバム「レッツドリーム小学校」をリリース。これに合わせてタワーレコード新宿店のオリジナル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボレーションポスター第57弾に登場、発売前日の6月24日から日本全国の9店舗にポスターが掲出される。7月10日には同店で発売記念イベントが開催される。「NO MUSIC, NO IDOL?」への登場で注目度が急上昇し、検索エンジンでのヒット数が300万に達した。

2016年4月20日〜5月8日、避妊やエイズを含む性感染症予防に有効なコンドーム利用啓発のための、ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン・キャンペーンアンバサダーに就任する。

芸名
芸名はあどけない顔つきとFカップの胸に由来する。名付けたのはバンド時代のメンバーであり、本人は本名から「ユキ」として活動するものと考えていた。本人は「ハイ・リスク&ハイ・リターンな名前」と認識している。

引用:Wikipedia

 

Focus 1: ぱいぱいでか美、コンドーム企業とコラボ

ぱいぱいでか美、コンドームの大切さを語る

no title

Fカップ歌手でタレントのぱいぱいでか美(25)が6日、自身のツイッターで 「みんなで自分のこと、すきな人のこと考えられたらいいな。これは愛の話だからね!」とコンドームの大切さを力説した。

ぱいぱいでか美は、コンドームブランド「グラマラスバタフライ」を発売するジェクス株式会社が実施中の 「くわえゴムキャンペーン」アンバサダーに就任。

この日、5月6日は“ゴムの日”ということで、 「コンドームは避妊具ですけど、性病も防げますからね。そこすっ飛ばしてる人が結構多い。男性同士の性交渉にも必要です」と訴え、「でもこういうのって今こうして真面目に書いてもほんと伝わり辛いじゃないですか。だからもっとポップにちゃんと広まるものとしてやろう! っていうのがこのキャンペーンなんですよ」と説明した。

さらに「私はこのキャンペーン超重要と思ってるので! 賛否両論ある時点で成功なんですけど、みんなで自分のこと、すきな人のこと考えられたらいいな。これは愛の話だからね!」と呼びかけた。

ソース:SANSPO


Focus 2: ちょいブス&Fカップ!ぱいぱいでか美のエロ画像集

 

決してカワイイもしくは美人というわけではない「ぱいぱいでか美」だが、逆にそれがエロさを醸し出しているという声は少なくない。

逆にちょいブスだったからこそ、ここまで人気に火が着いたと言える。

それではぱいぱいでか美のFカップ画像を。

 

画像: ぱいぱいでか美 Fカップ

no title

no title







no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

これだけのFカップの持ち主ならば、是非とも水着グラビアをお願いしたいところ。

本格的なグラビア画像といえば、いわゆる“くわえゴム”くらいか・・・。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 3: ぱいぱいでか美の“くわえゴム”画像もエロい・・・

 

続いての画像はぱいぱいでか美とコンドームの企業とのコラボによる“くわえゴム”。

現状でぱいぱいでか美の過激なエロ画像と言ったら、このくわえゴム画像かもしれない。無論、万人ウケする画像とは言えないが、くわえゴムはやっぱりエロい。

 

画像: ぱいぱいでか美 くわえゴム

no title

no title

no title

no title

no title

とはいえ、周囲の期待はくわえゴム画像ではなく、水着グラビアだったかもしれない。

ぱいぱいでか美こと仲井優希はいったい何者なのか?

p

ぱいぱいでか美がブレイクしたきっかけは有吉反省会への出演だった。

が、意外にも彼女の正体はあまり知られていなので、あらためて解説を。

仲井優希(ぱいぱいでか美)は2010年に音楽の専門学校へ進学するとバンド活動をスタート。しかし、2012年にバンドは解散し、仲井はソロ活動に専念するようになる。

その後も活動を継続した結果、大森靖子プロデュースでシングル曲「PAINPU」をリリース。

つまり、彼女が“ぱいぱいでか美”として売り出しているのは、あくまでタレントとしての姿であって本業である歌手としての自身の知名度を上げるためかもしれない。

決してコンスタントに楽曲をリリースしているわけではないが、タレント業のみになっていない様子を見ると、彼女がもつ音楽への情熱は揺るぎないようだ。

“ぱいぱいでか美”という芸名ができるまで

言うまでもなく、“ぱいぱいでか美”というネーミングは、破壊力はもちろんのこと印象に残る名前である。

いったいどういった由来があるのか気になるところだが、実はこの名称は有吉弘行が命名したものではない。これはかつてのバンドメンバーが命名したと、ぱいぱいでか美本人が打ち明けている。

ぱいぱいでか美曰く、当時のバンドメンバーから急に「おまえは、ぱいぱいでか美だ」と告げられると、そのネーミングが定着してしまい、今でも使っているとのこと。

ただし、現在では着実に知名度が上がってきていることもあり、このネーミングに危機感を覚えているのだとか。

 

ppd

確かに芸名に沿ったスタイルに間違いはない・・・。
自慢のFカップは世の男性を魅了しているのだから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。