【アーチェリー】古川高晴が“帰化”しているという噂にメス

正月特番でターゲットを射抜く企画が話題の、アーチェリー選手・古川高晴。

その精度には驚かされるばかりだが、ネット上ではさらに驚愕の疑惑が浮上している。なんと古川は“帰化”しており、もとは韓国人だったというのだ。

はたしてこれは単なるウワサなのか、それとも事実なのだろうか・・・。

古川は本当に“帰化”しているのか

一体どこから“帰化”といったウワサが浮上したのかは謎だが、これはまったくもっての事実無根である。古川は青森県出身の日本人であり、韓国籍を確信させるようなソースは一切存在しない。

では、なぜ彼に“帰化”疑惑がつきまとうようになったのか。その原因は大きく分けて2つある。

ひとつは同じくアーチェリー選手として有名な早川蓮の帰化との混同。アーチェリーという競技は韓国がめっぽう強いこともあり、ここ日本で帰化した選手は何人か存在する。一部の人間からすれば、アーチェリー=韓国からの帰化で成り立つ競技という解釈が成立しているため、銀メダルを獲得した古川にも白羽の矢が立ったのだろう。







もうひとつは韓国人からのデマである。日本を快く思わない一部の韓国人によって、自国がプッシュできる競技・アーチェリーで活躍した日本人を韓国人として認定するといった、聞き飽きたいつもの流れである。


在日にみられる特徴から発展したウワサ

芸能界は在日で溢れていることはご存知だと思うが、古川の場合、顔つきと苗字で在日疑惑が浮上していたようだ。

たとえば、苗字に「川」という字が入っている在日が多いという理由だけで彼は在日だと噂されてしまい、おまけに彼の顔つきがどことなく韓国人っぽいということでも疑惑が強まっている様子。

言うまでもなく、これらの情報に根拠など存在しない。もちろん、彼が身分証明(戸籍)などを提示しないかぎり、確かな日本人であることも証明することはできない。

しかし、安易な理由だけで彼を帰化したなどと決め付けるのは幼稚である。

このような輩が増えることになれば、日本の民度は著しく低下するだろう。事実、今日の日本の民度はお世辞にも高いとはいえない。むしろ、低下の一途をたどっているといえよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。