【ガセ】玉森裕太、モデル風彼女は週刊女性の“捏造”報道だった

Kis-My-Ft2のメンバーのなかでは、
マルチに活躍している印象の玉森裕太。

ジャニーズファンからすれば、
玉森の熱愛には過敏になっているかもしれない。

去年に激写された数枚の写真は、
玉森に本命の彼女がいることを匂わせた。

そんな中、本命は“モデル風”の女性と週刊女性が報道・

そこで今回は週刊女性が報じた玉森の彼女とされる、
モデル風の女性について調査した。

モデル風の女性はスタッフのひとりだった

玉森に彼女疑惑が浮上したのは数年前の夏。

張り込みをしていた週刊女性のカメラマンに激写されたわけだが、
まずはその時に撮影された写真をご覧いただきたい。

tam

このツーショットが撮影されたのは深夜1時半過ぎで、
彼女と思われる女性と一緒に帰宅したという。

二人は玉森のマンションに入って行ったと報道されたが、
事実を知るファンはこのリークがガセであることをすぐに見抜いた。

そう、玉森がモデル風の女性と熱愛していたという報道は、
週刊女性によって捏造されたガセネタだったのである。







そもそもこの写真が撮影された日付は玉森が助骨に重症を負っていたとき。
仮に写真にうつる女性が彼女だったとするなら、ここまで呑気なわけがない。

ということで、この報道は週刊誌ネタではおなじみの、
あたかも熱愛しているように捏造したものに過ぎないのだ。


今もなおネット上に拡散する熱愛のウワサ

今回のリークは、玉森ファンに大きなショックを与えた・・・
いや、むしろ逆で週刊女性のやり口に大きな怒りを覚えたと表現するのが適切だ。

以前にも週刊女性は玉森裕太の母親を彼女と思わせるかのような報道をしており、
何としてでもスクープに持ち上げたかったのだろう。

捏造記事をあげるのもどうかとは思うが、
それよりも一タレントをガセネタで貶す行為は実に愚か。

現在、いくつかの週刊誌が存在するが、
まともと感じるのは週刊文春くらいだろう。

もちろん文春もヘマをするが、
ASKA報道をはじめ、事実だった記事は多い。

結局のところ、週刊誌の報道はあくまでネタと解釈し、
読み手が真実を見極めなければならない。

いずれにしてもこの報道で被害を受けたのは紛れもない玉森本人である。

くれぐれもモデル風美女との熱愛を真実だと思い込まないよう、ご注意いただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

    • 玉友
    • 2015年 1月 20日

    管理人さん、まず初めに確かな検証を感謝いたします。全くその通りです!
    あの女性はPVでもいるタダのメイク?のオバサンだと思います。なにせ本人がまず知りませんw

    ところで、このガセが証明されたと同時に別の言いがかりが発生しました。
    このガセが分かってしまったからでしょう。次の用意があったようですw

    ある歯科衛生関連の女(昔のキスマイヲタでギャルです)が「玉森は数名のモデル上りの女性と付き合ってきた。私は知ってる。昨日は女性と一緒に街を歩いていた」という一見信じこまされそうな、しかしよく考えればアイドルが女性と二人きりで(母親でもないのに)白昼堂々街を歩くものでしょうかね?ww
    笑えて仕方ありませんよw
    しかし、それがRTされどんどんバカなやつらが信じている「フリ」をして、玉森落としが始まっています。

    たいていは古ファンで玉森のギャルファンなようですw
    彼女らは友人の男性と結託して玉森さんの噂をでっち上げています。男性は玉森の行きつけのクロムで買い物中に玉森と遭遇して妬みを感じ、女性といたと捏造ツイを出しています「見間違えだったらゴメンねー」と言い逃れを付けてw
    その上街中で周りには大勢いたのに画像すらありません。当然です、女と言ってもタダの接客店員だっただけですからねww

    一番悪質なのは、ギャル女の「私は知ってる」攻撃です。ww
    何を知っているのでしょうか?家族も親友も知らない女性また本人が知らない女性達を貴方が知ってるというのは?と。ww
    こういうことを捏造するという悪質さ。アイドルの致命傷は女性関係。それを使って捏造で落とそうとしています。

    そして今、警告文が回ってきました。玉森さんに近しい友人からでしょうか?
    「玉森は今も昔からもモデル上りや一般女性とは付き合ったことも、そんな友人もいません。ファンの皆さんは悪質なガセツイにご注意ください。捏造は犯罪です。」といことだそうです。

    管理人さん、同性から見て真面目で誠実な青年を、ただ「ファンサが貰えなかった」とか「昔のチャラマイが好きなのに」、「なんで好青年なキスマイになったの?」と言うような子供じみた身勝手な自分の欲望で一番大人しい玉森さんの評判落としをしている連中をどう思われますか?

    長文失礼致しますが、10年来のファンとして彼のスキャンダルの全てが捏造によるものだと堂々証明できる自信もあります。彼のご家族友人メンバーなどの近しい方も一番の証人です。

    お読みいただき有難うございました!誠実なる正しい記事に感謝いたします。
    また、このような嫌がらせのイタチゴッコはタレントである以上はされ続けるかと頭が痛いですね。

    ある確かな(週女ではないw)雑誌記者が書いています【彼女がいるいない、 誰と付き合っているという 話を聞いた熱狂的なファンたちが、 嫉妬のあまり限度を超えた行動を とってしまうようです。】

    ガセがいちいち女子高生を中心に広がるのは、先日の19歳の自演万引き少年と同じ原理ですよ!wwかまってほしいだけですねw

    • 管理人
      • 管理人
      • 2015年 1月 20日

      玉友さん、コメントありがとうございます。
      非常に濃い内容だったため、ワクワクしながら読ませていただきました。

      同じ男性として玉森氏の捏造関連は気の毒のひとことです。
      今はTwitterひとつで、信ぴょう性のない情報が瞬く間に拡散しますからね・・・。汗

      基本的に熱狂的なファンは歪んでしまうタイプ、盲目になるタイプになるケースが見られます。その場合、現状の玉森氏を客観的に見ることができないため、結果として評判を落とすような行為に至ってしまうのだと思います。(もちろん、ファンなので盲目になるのは自然なことですが)

      玉友さんのように常識をもったファンこそ“ファン”であって、ただ好きという感情だけで周囲を見ることなく動くファンは“ファン”ではないと思いますね。

      いずれにしても、彼の評判を落とす輩は嫉妬心が強いか、思い通りにならないと事態を曲げる習性があります。そのため、ある程度TwitterなどのSNSは規制が必要かと感じています。

      長文失礼いたしました。
      もしよろしければ玉友さんの持つ情報を「Contact」のフォームよりお寄せください。
      すぐにアップできる保証は持てませんが、記事にさせていただきます。

      当サイトの記事がどこまで真実を広められるかはわかりませんが、事実は今後も追求していきます。
      今後とも当サイトをよろしくお願いします。

        • 玉友
        • 2015年 1月 20日

        管理人さん、丁寧な返信有り難うございました。
        ただ残念ながら新しい情報は今のところ分かりません。
        以前の事実から余談ですがお知らせまで…。長文です。申し訳ありません。

        玉森さんのグループは依然、事務所方針で「金爆」のような外見でしたので、幸か不幸かファン層が若いギャル系、あるいはお水系のような品が良いとは言い難い層が多かった事実があります。
        そういう少し品の無い言葉と外見のギャルたちが、キスマイがデビューするにあたり好青年風に変わったことで付いて行けなくなったというツイを多く見かけました。

        新しいファン層は老若男女、『美男ですね』で感銘を受けた沢山の子供から主婦、時に男性までおります。キスマイとしてはありがたいことでした。健全さこの上ありませんから。
        そのお陰と言っても過言では無く、デビューからはトップを独走している状態です。
        統計などをご覧になるとお分かりでした、ファンになった切っ掛けに『美男ですね』がトップになっています。

        さて、古ギャルファンが黙っているはずがありません。「私たちの方がkis-my-ft2の陰の深いところも知ってる」と言い出す始末。知り合いでもない、付き合いもない一ファンが何を知っているのか。ギャルたちが特別感を持っていたいという、こういう見栄とエゴをお分かりになると思います!ww

        特に玉森さんが昔からなかなか派手な芸能界には馴染めないと言っていた純情青年なのは周知でしたが、最近になって初めて女性の理想を「僕はギャルは苦手です。なんとなくとかいう理由で女性に声を掛けたり付き合ったりはしたくありません。僕は育ちの良いお嬢さんが好きです。一緒に居て心休まり、一緒にガハガハ大口を開けて笑えるような素直で明るい女性がいいです。その上人見知りなので、自分から知らない女性に声を掛けることもしたことがありません。まずはよく知り合い、様々な条件をクリアした人と初めてお付き合いしたいです。一度それほどの条件をクリアしてお付き合いした方とは一生大事に付き合うのが僕のモットーです。」といった雑誌インタを出したことで、古ギャルの闘争心と嫉妬心に火をつけてしまったようなのです。

        それが、玉森さんが純情好青年なだけに落としがいのある「彼の性格のギャップを狙った【女ネタを捏造】」する嫉妬と妬み現象が多々起きてきたようですね。
        彼の【自称彼女】がどれだけ出て来たことか、笑えるほどです!ww
        彼に近づけず設定彼女になれなければ【知り合いのモデルが彼女】とまで創作が出て来ましたwwどうですか?管理人さん、笑えませんかこの幼稚さ。
        一応、玉森さんが相手にするのはモデル以上でないといけないと思って設定している稚拙な妄想力をw

        大変な長文失礼致します。
        しかし、こういった背景をお知らせしたく、敢えて書かせて頂いております。
        玉森さん本人はギャルやモデルではないww「清楚なお嬢さん」をこの先選ぶと思いますがw、選ばれないギャルたちの夜毎の妬みの捏造ツイで、大勢のファンの子供たちの心を汚したくありませんね。
        実は先日の女性記事で「死にたくなった」「自殺したい」や「玉ちゃんに不似合いの女が彼女だなんて生きていたくない」と言った幼い小中高生の怖い内容のツイやブログがあったことは事実で、どうしても正しい真実を伝えなくては、と思った次第です。

        長くなりました不適切な言葉がありましたら、管理人さんの判断で伏字になさってくださいますよう。
        読んでいただき感謝します。

        • 管理人
          • 管理人
          • 2015年 1月 22日

          玉友さん

          一部のファン?はいかに思い込みが激しいかがよくわかりますね。熱狂的なのはいいですが、何事もバランスが大切だと思います。

          ぜひ、玉森氏のネタで新たに訴えかけたいことが生じた際はお問い合わせ頂ければと思います。

          玉友さんの当記事におけるコメントは貴重かつリアルなフィードバックですので、多くの読者に真実が伝わるかと思います。

          素晴らしすぎるコメントありがとうございました。今後とも当サイトをよろしくお願いします。

    • 玉友
    • 2015年 1月 27日

    管理人さん、実は以前から気になる情報が一つあり、おそらくそのせいで下世話な週刊誌が飛びついたと思われることをお知らせしたいと思います。

    玉森さんに「ソックリな一般男性のツイッター」のことですが…。
    彼は一般人ですが「自称」玉森ファンですw。
    玉森さんに似ている風貌(身長体重、ヘアスタイル、雰囲気)を醸しだし、コンサート会場に来る「玉森さんファンと写真を撮りツイッターで交流している」などの一見「釣り」のような行動をしている男です。
    ただしコンサートに参戦しているわけではなく、むしろキスマイファンあるいは玉森ファンを狙ってか会場外でうろうろしているというのですが…。画像もありますねwソックリさんの彼女も一緒です。

    そのツイッターで彼の行動も明白に分かります。
    週刊誌が書いたのはこちらの男性の方ではないかと確信できる内容ですね、またその男性の元カノ?たちによる苦情のアカウントもありました。

    これは想像ですが、この男性を見た玉森ファンやあるいはファン以外の若い女性や先日の誤目情を書いた男性などでも、よく玉森さんを知らないと本人だと見間違えてしまうようですね。
    若いころも玉森さんの容姿もマネしており、コン会場外のマックにいるところを激写されているのが検索にも掛かるほどですw。ご覧ください。
    今は、茶髪でストレートヘアの玉森さんを十分意識して似ていますよw。ちょっと見は本人に見えます(困)。

    こういった行動は、その彼自身も本人に迷惑を掛けてないと思っているようで。止めさせる権利もありませんが、
    何せ誤報の原因の多くがこの方の行動にありますね。
    例えば「六本木で手つなぎ」「繁華街からラブホテルに入った」「キャバクラで豪遊」「コンサーと中なのに外で女性達に囲まれていた」勿論、先日の「女性と白昼買い物」も普通の常識で考えても売出し中のアイドルの行動ではないことは十分判断できることです。
    余程のおバカなファンじゃない限りこういうったことを全て信じるものはいませんが、厄介なことにいるのですね、信じる輩が。(週刊誌はわざとでしょうが)

    こういうことから見てもソックリさんの行動が間違いの元になっていることのほうが多いです。
    生駒さん似の女性とのプリクラもw。よく見て考えて、冷静になれば有り得ないことなのに、それを信じ鵜呑みにしてRT、フォローするファンにはガッカリ以外の何ものでもありませんね。
    またの長文を容赦ください。これはぜひ多くの方にお知らせしないといけないガセの元でしたので…。

    • 管理人
      • 管理人
      • 2015年 1月 28日

      玉友さん、コメントありがとうございます。

      時期は未定になってしまうのですが、これまでに玉友さんがコメント頂いた情報をまとめて記事にさせていただいてもよろしいでしょうか。
      コメント欄に掲載しておくのはさすがにもったいないですし、まとめて記事にしたほうが注目が集まるかと思います。

      まだ情報をお持ちでしたら、フォームもしくはここに引き続きコメントしてください。
      ご検討のほどよろしくお願いします。

    • 玉友
    • 2015年 1月 29日

    管理人さん、多大なお言葉有り難うございます。
    ただ、自分が調べて書いたものは拙い文章でお褒め頂くようなものではないです。
    長年彼を見てきて身内の様な気持ちになって応援や心配をしてきたのは自分だけではないし、ファンとして当然のことです。きっと玉森さんはそういったファンの支えと期待を一身に背負って成長したのだと思うほどの顕著な成長ぶりです。責任感が半端無いです。
    なぜ彼を助けたいか、彼の人となりをまず簡単に紹介してよろしいですか?

    【彼は真面目で、高校時代の恩師と今でも交流しておりCDが出る度に挨拶に伺い手渡しています。
    恩師が後輩の生徒たちに【玉森さんは常に何事にも一生懸命に取り組む真面目な生徒でした。」と今なお伝えているのを彼の後輩のツイで見かけました。また恩師の子供が生まれた時は一番に見せたかったのが玉森さんだと言って招待されたほどの信頼関係も。仕事のせいで出席日数が足りず卒業が危ういのを各教科100枚に渡るレポートの提出をやり遂げ根性を見せたことも褒められています。】

    しかし最近の書かれ様には目に余るものがありました。
    今までの言動をどう検証しても常識的に考えても、また贔屓目を差し引いても有り得ない妄想記事が増え、それが只週刊誌の購買宣伝に利用されていることを知って怒りが湧いたのです。たぶんデビュー前の外見だけで性格まで判断され続けているのかもしれません。

    自分が書いたことは本人が発したことと、実際正式な雑誌インタビュー(週刊誌以外の)を抜き出したものです。
    またツイッター等で実際に見つけた偽造あるいは捏造や妄想に近い似非ファンのツイート(上)でした。
    それも踏まえて実際の記事と照らし合わせ検証出来たことです。まず週女は、

    ①マンションの構造上あの画像は有り得ないことが発覚(高級マンションではエレベーターは部屋キーで動くものですからドアに行きつく姿を他人には見られません。ドアの開け閉めも外には見えない構造です。たまたま隣の部屋の住人が記者だったなら別でしょうがw)
    ②画像の粗(後ろに男性スタッフの腕の見切れ)それと△自動ドアマークは駐車場とか公共施設によく見られるもので、高級マンションのエントランスには見たことがありません。w
    たとえあれが駐車場でも部外者はセキュリティ上、中に入れません。
    あれは帝劇地下駐の可能性が大きく、先日某女優さんが帝劇地下駐で撮った背後の壁に激似でしたw。

    ③玉森さんの服装、他雑誌が出した別件記事画像の玉森さんが撮られた日が別日なのに週女画像と全く同じだったこと(真夏の4日間も同じ服を着続けたことになる)の確認、

    ④一番の決め手は本人が接骨院に通ったことを正当な雑誌とTVで答えています「舞台の【直前リハ(5日)】で高さ3mから落ちて肋骨にヒビが入ってしまった。息が付けない痛さで動くことも出来なかったが、フライング数回、激しいダンス歌などを一か月の間やり通した」と。

    週女が調べて記事にすべきは「接骨院に通いながら息の出来ない痛みをおしてやり遂げた一か月のアクロバット舞台」ではないでしょうか?wむしろ肋骨のヒビの痛みがどれほどか調べて頂きたいものですよね。
    なんでもかんでも「女」を捏造して出せば売れるという下衆さに呆れています。

    そして先日の、玉森さんのギャルファンの妬みのツイなどやその知り合いの偶然にしてはタイミングの良すぎる目情などの件もツイからです。

    また玉森さんのファンだとしてコンサート会場に顕れる有名な一般人でソックリさんの存在をツイで確認(「玉森似」で出てくるツイアカ主ですが)と問題のプリ画もあったこと。

    全く自分は探偵ではありませんがw、普通の検証でこれだけの粗が見つかるわけです。
    必死に探したわけでもなくw、本来のファンであるならいきなりキャラ変したかのような自坦の「週刊誌の捏造記事」に関して調べればこうしてガセだとすぐ検証出来るものばかりですね。

    こういった検証内容を貴ブログで記事にされる時は、お手数ですが改めてご自分でも確証された上ででしたら、どうぞお使いください。念には念を入れたいですから。
    芸能記者や雑誌記者ではない素人の自分たちのようなファンは、我が子の無実を必死で「真実」を集めて訴えるのと同じで、ファンは「有り得ないこと」を必ず察知し長年のファンとしての付き合いで「真実」を探し出すことが出来るのは、自分以外でも検証されている方は大勢いたことでも分かります。

    妄想ではなく真実の確証を大事にしたいと思っています。
    ただし古ギャルファンに関しては、ツイのアンチな内容から想像したものですのでそちらのコメント内容には確証はありませんのでご容赦ください。
    しかし、幼い子供たちファンのツイは怖いことに実際にあったものです。ここまで子供たちを追い詰めた週女に怒りを感じてたのです。

    人間としての道理や真実の方が大事ですね。
    売り上げ主義や利己主義で純粋な子供たちを犠牲する記事を書く週刊誌を、人間として大人として許せるものでしょうか?
    一生懸命地道に頑張る真面目な青年を、世間一般でも年齢的にまだ若すぎて未熟でまだまだな所も多いでしょうが、それでも真面目に仕事と私事の区別を付け様々なことを犠牲にして頑張ってきた彼です。
    ただ立場上声を公に出せないからといって勝手な捏造で利用して良いのでしょうか?
    週刊誌は以前はもっと不真面目でチャラチャラした芸能人にお灸を据えるものだと思っていましたが、最近ではこういった悪質さが目立ち憤りが隠せません。

    彼は女性の理想も高く上記のようなコメントの誠実さです。
    ファンは、彼に女性と付き合って欲しくないのではなく将来の理想通りの人との縁を、下品な週刊誌のせいで評判を落とされ人生を台無しにされるのを見ていたくないと思っているのだと思います。

    管理人さん、超長文になりました。w
    玉森さんのファンブログでもないのにお付き合いいただき申し訳ありませんでした。
    ただ、管理人さんの誠実で真実を見る確かな目に縋ってしまい、ご迷惑を掛けお詫びいたします。
    ただ読んでいただくだけで結構です。
    もう大分玉森さんのファンたちは落ち着いているようです。
    また悪質な捏造などありましたら是非お力をお貸しください!

    • 管理人
      • 管理人
      • 2015年 1月 29日

      玉友さん、いえいえこちらこそ素晴らしい情報を提供いただき感謝しつくせません。

      今回は玉友さんの意思を汲み、記事にせずこのままコメントのみという形で維持させていただこうと思います。

      他にも情報などがありましたら、いつでもコメントお願いします。
      今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

    • 玉友
    • 2015年 8月 04日

    実は、週女が今頃になってまた「小雪似彼女」を再利用しています。ww

    小雪似の顔の部分をモデルの観月さんの顔に差し替えているので、ぜひ笑ってご覧ください。
    素人でも分かるほどの粗い差替え技術ですよw

    ここまでして玉森さんを陥れ続ける理由は何でしょうか?
    日本には正義はないのでしょうか?
    「小雪似彼女」当初の記事は、美容師兼モデルだったはずでは?
    それも、熱愛が発覚してからはひっそりとアパート暮らしをしていたとか?
    そう書いていた週女が、今度は手のひらを翻した再利用、リサイクル画像記事ですよww

    エイベのモデルと言った手前、探したんでしょうね、それなりの人をww
    しかし、彼女、観月さんは体型、年齢、ファッションセンス共にあのアラフォーではありません!ww
    彼女はひっそり美容師などしていませんよww
    が、しかし素人やバカな一般人やファンは信じてしまうのでしょうね?

    管理人さん、キスマイは何があったのだと思われますか?
    これほどの下げ記事、それも創作してまでの下げ記事を書いて人気を必死で下げようとしている週刊誌各社の悍ましさ。
    理解不能ですよねww

    当時、玉森さんは肋骨に重症があったことをもっと公にしても良かったのではないかと思いますね。
    また、顔を差し替えられた観月さんもいちいち反論していたらイタチごっこなのでしょうね。
    錦織さんも呆れて週女を無視していますね。

    何とも日本の週刊誌のお粗末さ、あくどさ、捏造してまでも売れない週刊誌を売らないといけないのでしょうww
    出来ましたら、こんな記事で子供たちが振り回されないよう管理人さんのお力をお借りしたいです!

    またの長文コメントお許しください。
    こちらの冷静で正しい記事に感銘を受けて、また助言賜わりに参ってしまいました。
    玉森さんが毅然とされることを祈ります。

    • 管理人
      • 管理人
      • 2015年 8月 04日

      玉友さん

      コメントありがとうございます。
      以前から週刊誌はネタ切れするか不備があると、良い様に報道しますからね。

      恐らく週刊誌は今後も定期的に玉森氏のネタを引っ張ると思います。
      どう見てもトンデモ記事でしかないですが、それを信じてしまう層もいるのは毎度なので堂々巡りですね・・・。汗

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。