【ビーチバレー】菅山かおる、結婚して“社長妻”になっていた…

美女アスリートが注目されるようになったのは、
女子スポーツ界に美しいルックスを持つ選手が増えた頃。

今となっては非常に懐かしいのだが、
以前の女バレに“かおる姫”で人気になった菅山かおるがいた。

色白で整った顔立ちの彼女は、
たちまち女バレの“華”になった。

そんな菅山がいま、何をしているのか?

気になってリサーチしてみると、
なんと“社長妻”になっているという・・・。

ビーチバレーへ転向、そして西村選手と結婚

菅山の美貌は女バレ界を飛び出し、
各メディアから報道されるまでになった。

彼女は当時、非常に珍しいと言える、
パーカッシオ美脚大賞・スポーツ部門を受賞した過去を持つ。

その後も彼女への注目は増すばかりだったが、
2009年にビーチバレーに転向。

これもまた、メディアがこぞって報道したことを覚えている。

しかし、ビーチバレー選手になったことが影響したのか、
それ以降、彼女にスポットが集まることはなかった。

次第に彼女の存在が忘れ去られた頃、
同じくビーチバレー選手として活躍していた西村晃一と結婚。

さらに男児を出産し、再びメディアに取り上げられた。

が、これまたそれ以降の情報は入ってこず、
多くの人が菅山の現状を知らない。

私もまさか、彼女が“社長妻”になっているとは思いもしなかった・・・。








現役選手でありながら“社長妻”となった菅山

husa
(夫・西村晃一とのツーショット)

現在の菅山は、プロビーチバレーチーム「WINDS」に所属。
つまり、現役選手として活動している。

ちなみにこのチームの代表は、夫の西村が務めており、
さらに“株式会社 WINDS”が母体。

つまり、夫の西村は“社長”というわけだ。

もともとWINDSは、スポーツマネジメントをはじめ、
さまざまなイベントの企画や運営などを展開しており、
チームである以前に会社なのである。

選手であり、社長妻でもある菅山は、
ビーチバレーで稼ぐ一方、タレント活動も行っている。

ビーチバレー選手の平均年収は、およそ500万円と言われているが、
タレント活動を兼ねている彼女の年収はそれ以上になるだろう。

社長妻に専念することなく、現役を続行し、
さらにはタレント活動まで行っている菅山。

もしかすると、夫よりも年収が高いのでは・・・。

いずれにしても、元気そうで何よりだ。
また、相変わらずの美貌だったので、安心した部分がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。