【文春】矢島悠子アナ、50代社長と不倫か…(画像あり)

yamajiyuko

テレビ朝日の矢島悠子アナウンサーに不倫疑惑が浮上している。

不倫疑惑を報道したのは週刊文春。

週刊文春が報じた内容によると、矢島悠子アナの不倫相手は自身が出演する「報道ステーションSUNDAY」および「報道ステーション」を請け負う制作会社の社長。

さらに矢島悠子アナは同社長の家にお泊まりした様子を伝え、2人が腕を組んで歩く写真も掲載。

はたして報道ステーションでお馴染みの矢島悠子アナの今後やいかに・・・。

テレ朝・矢島悠子アナが50代社長と不倫か?週刊文春が画像と疑惑を報道

矢島悠子のプロフィール

no title

矢島悠子(やじま ゆうこ、1982年7月27日 – )は、テレビ朝日所属の女性アナウンサー。

来歴・人物
神奈川県川崎市多摩区出身。神奈川県立多摩高等学校、中央大学文学部卒業後、2005年に入社。

趣味は昼寝、散歩、文章や手紙を書くこと、写真、ラッキーアイテムの蛙のグッズ収集。また「あぶない刑事」や「相棒」などといった刑事ドラマの大ファン。身長165cm。テレビ出演時はコンタクトレンズを使用しているが、普段は眼鏡をかけていると公表している。

高校在学時には放送部に所属し、NHK杯全国高校放送コンテストにアナウンス部門の神奈川県代表の一人として出場しており、2年生の時は準々決勝敗退したが、3年生の時は入選という結果を残している。

また、そのコンテストにはいきものがかりの吉岡聖恵も朗読部門で出場しており、面識があったためミュージックステーションにて再会した際もお互いのことを憶えていた。

かつて担当していた『スーパーJチャンネル』での「デカ盛り特集」(金曜日の「ウワサ検証人」か木曜の特集枠で放送)ではとにかく食べっぷりがよく、小宮悦子(当時のメインキャスター)も太鼓判を押すほど。好物はコーラ、ピザ。大食漢でいつの間にか「大食いアナウンサー」と呼ばれるようになった。

手が大きいことが特徴。ピアノの鍵盤でいえば「ド」から高音の「ミ」までくらいだという(『ちい散歩』HPのブログより)。同期のアナウンサーは久保田直子と中村昭治。

2011年春に、16歳年上のテレビ朝日関連会社社員(『ちい散歩』のプロデューサー)と結婚。

アニメ『怪談レストラン』では本業ままのアナウンサーやナレーション役でなく登場人物の役を演じ、声優としての素質も見せた。

引用:Wikipedia


Focus 1: テレビ朝日・矢島悠子アナに不倫報道…50代社長とのお泊まり

テレ朝・矢島悠子アナに不倫報道 制作会社社長の50代男性と

no title

テレビ朝日の矢島悠子アナウンサー(34)に不倫疑惑が浮上した。相手は、矢島アナが出演する同局系「報道ステーションSUNDAY」や看板番組「報道ステーション」を請け負う制作会社の社長で、バツイチ独身の50代男性だという。

13日発売の「週刊文春」が報じている。同誌は、矢島アナが男性の家にお泊まりした様子を伝え、2人が腕を組んで歩く写真も掲載。矢島アナは2011年に同局関連会社社員と結婚したが、現在は別居中という。

夕刊フジの取材に、同局は「プライベートなことですので、とくにコメントすることはございません」としている。

ソース:Zakzak

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>








Focus 2: またも文春砲炸裂!テレ朝・矢島悠子アナ、50代社長との不倫画像を激写される・・・

 

no title

芸能人の不倫報道といえば週刊文春がお馴染み。

そして今回その餌食となったのはテレビ朝日の矢島悠子アナだ。

前述したソースでも記載したように現在、矢島悠子アナは別居中ではあるものの夫と離婚は成立していない状態。そのなかで50代社長との画像を激写されてしまったわけだ。

ちなみに週刊文春が報じた矢島悠子アナと50代社長の不倫画像は以下のとおり。

 

画像: 矢島悠子アナと50代社長の不倫(週刊文春)

矢島悠子アナはテレ朝の看板番組「報道ステーション」にも出演しているが、結局その出演は実力で勝ち取ったものではなかったのかも・・・。

仮に実力で勝ち取ったものだとしても、このような不倫報道をされてしまったらオシマイ。

週刊文春の報道と画像によって、今後矢島悠子アナのメディア露出は極端に減少するであろう。


 

Focus 3: 50代社長を骨抜きにした矢島悠子アナのDカップ画像集

 

最後に報道ステーションでお馴染みの矢島悠子アナのDカップ画像を。

意外にもDカップある矢島悠子アナだが、週刊文春によって報じられた50代社長はそのDカップに骨抜きにされたのかもしれない。

いや、逆に矢島悠子アナがそのDカップを武器に50代社長に歩み寄ったとも考えられる。

 

画像: 矢島悠子アナ Dカップ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

このDカップがあれば週刊文春でアナウンサー生命が断たれたとしても、週刊誌のグラビアでそれなりにやっていけるかもしれない。

無論、矢島悠子アナにどれだけの需要があるかは謎であるが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。