【真実】ここ日本で“奇病・難病”にかかった芸能人たち

あなたは病気の数をどこまで把握しているだろうか。

世の中には名の知られた病気もあれば、奇病・難病と呼ばれるわずかな確率でしか発症しない病気も存在する。

一般層の間ではあまり知られることも耳にすることもない奇病・難病であるが、ここ日本で影響力をもつ芸能人が奇病・難病にかかったともなるとその情報が自然と増していくものだ。

そこで今回はここ日本で奇病・難病にかかった芸能人をまとめた。

まずは日本の奇病・難病ネタではないのだが、突然食べることをやめってしまった少年の情報から。

奇病・難病にかかった日本の芸能人まとめ

1年前突然たべることをやめてしまった少年(奇病)

アメリカ、アイオワ州に住む12歳の少年ランドン・ジョーンズ君は、1年前、突如として食べることをやめてしまいました。

昨年2013年の10月14日の朝、ランドンは全く食べ物を食べたい、飲み物を飲みたいという欲求をを感じなくなったのだそう。最後の食事は前日夜に食べたピザとアイスクリームだったといいます。

ここまでは一般的な拒食症とあまり変わらないようにも思えますが、驚くべきことに彼はそれまで好きだった自転車に乗ることや友達と遊ぶこと、兄と公園に行くことさえもやめてしまったのです。さらには学校に行くことも拒むようになり、去年だけでも65日欠席しています。

そして困ったことに、1年を通してほぼ毎日24時間にわたってめまいがするのだそう。

当然彼の両親は食べさせることに必死になり、毎日はげますのだそうですが、まったく効果がなく、一向に食べる気配をみせません。

そこで両親は医者に出向き彼の症状の正体と治療法を見出そうとしますが、最終的には州をまたぎ、アメリカ全土の5つもの病院をまわって診察してもらうものの、どの医者にも原因や病名が把握できなかったのだそう。時には抗生物質を投与する治療にも挑みましたが、それでもランドンの症状は改善されませんでした。

食欲がなくなった昨年秋からランドンの体重は1週間につきおよそ1キロずつ減っていき、昨年末までに約16キロも減量してしまいました。

生命の危険を感じた両親が必死になって説得した結果、現在では全く食べないという症状からは脱したものの、お昼にサンドウィッチを少しかじってポテトチップスを数枚食べるのみ。常に無気力で、学校が終わって帰宅したとき、また学校が休みの日も、一日中ソファに横たわろうとしかしないのだそうです。

画像:何も食べようとしない奇病にかかったジョーンズ君

no title

ソース:Curazy 

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
まあ、こんな感じで世界には奇病・難病にかかった人がいるわけだ。
で、日本で奇病・難病にかかった芸能人をあげてくこととする。
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>2
奇病・難病にかかった日本の芸能人はそれなりにいそうだな。
是非、まとめてくれ
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
奇病・難病の理解を深めることにもつながるから
こういうのはいいと思うぞ

頼んだ

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人1: 「徳永英明」

no title

歌手の徳永英明は「もやもや病」という奇病にかかったことで知られる。2001年、もやもや病を発症。再起不可能といわれたが、1年8ヶ月間治療に専念し克服した。

もやもや病とは脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害。名前の由来は脳血管造影の画像において、異常血管網が煙草の煙のようにモヤモヤして見えることから。

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
よく克服したよな。
徳永英明大好きだから本当によかった
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
一時期、奇病にかかって話題になったっけ?
徳永英明でもやもや病という奇病を知った記憶がある
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人2: 「大原麗子」

no title

故・大原麗子をはじめ、故・安岡力也、サッカー「サンフレッチェ広島」の佐藤寿人など、ギラン・バレー症候群にかかった芸能人は非常に多い。

ギラン・バレー症候群とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
ギラン・バレーは奇病ではあると思うけど
かかった芸能人が結構多いんだよなで、結構克服している芸能人が多い
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
佐藤寿人もギランバレーだったのか・・・
そう考えると胸が熱くなる
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人3: 「林家こん平」

no title

2005年、多発性硬化症と診断されていたことを公表。退院後も通院しながらリハビリを行っている。

多発性硬化症は中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患。経過中に多く見られるのは運動麻痺、感覚障害、深部反射亢進、視力障害、病的反射などである。

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>11
こん平のドキュメンタリーみたけど
やせ細ってて別人のようだったな・・・
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>29
こんな奇病もあるんだな
もちろんかかるのは芸能人だけじゃないわけだが
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人4: 「MATSU(EXILE)」

no title

2007年、ベーチェット病に侵されていることを告白し、左目の視力をほとんど失っていることを明らかにした。

目、口、皮膚、外陰部の他、中枢・末梢神経、消化管、関節、血管をおかす全身性の疾患。急性炎症が反復することを特徴とし、増悪と寛解を繰り返しながら遷延化した経過を辿る難治性疾患である。







“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
そういや、奇病にかかったって以前やってたな。
その後は普通に活動してるっぽいが大丈夫なんだろうか?

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
最近はまったくベーチェット病に関して何もコメントしないよね。
だからこそ疑ってしまう部分もあるが・・・。
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人5: 「鳥越俊太郎」

no title

耳鳴りに耐えられず病院に駆け込んだ際、メニエール病と診断される。通院を続けているが、耳の調子は元に戻らない。

メニエール病とは激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患。

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>16
鳥越はがんも患ってたし大変だったろうな
メニエールは相当きついはず
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>16
数ある奇病のなかでも
個人的にメニエールだけは避けたい
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人6: 「藤田三保子(歌手)」

no title

27歳のとき、膠原病を発症。寛解するまで十数年かかったと言われている。

膠原病(こうげんびょう)とは全身の複数の臓器に炎症が起こり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群の総称。典型的な症状として発熱・皮疹・倦怠感・関節痛・関節炎・筋肉痛・内臓病変・レイノー現象などがあげられ、女性に多いのも特徴である。

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
何この奇病こわい・・・
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
奇病にかかってる芸能人って少なくないんだな
ほんの一部の芸能人だけかと思ってた
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人7: 「石黒剛志(ギタリスト)」

no title

中学1年生のころ症状が出始め、しだいに歩行困難になる。その後ポンペ病と診断される。

ポンペ病とは糖原病の1つ。心筋機能の障害などを引き起こす。近年最も劇的な治療上の進歩を遂げた疾患の一つ。

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
芸能人の奇病はそれなりに調べてたけど
このポンペ病ってのは知らなかった
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
こんな奇病にかかっても重低音鳴らすなんてロックすぎる
最高にカッコイイ生き方だわ
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人8: 「萬屋錦之介」

no title

昭和57年に重症筋無力症を発症した。一年半余りで克服。

重症筋無力症とは筋肉の易疲労性や脱力が起こる自己免疫疾患である。有病率は10万人に4~5人。筋力低下が主症状。外眼筋の筋力低下による複視や眼瞼下垂(高頻度)・構音障害・嚥下困難など、頭部から症状が現れることが多い。発症の初期では、増悪と寛解を繰り返す。完全寛解はまれ。

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
こんな奇病克服するのがすごいよな
もうわけがわからなくなってきた
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>31
奇病ってオカルト的に考えると
前世の業なんじゃないかって思うんだ
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

奇病・難病にかかった日本芸能人9: 「山田まりや」

no title

2013年、クローン病を告白。10年前から闘病していた。

クローン病とは主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患。10~30歳に多く見られ、日本での罹患者数は約2万人以上で、潰瘍性大腸炎よりは罹患者数は少なく、中高年での発症はほとんど無い。

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
山田まりやも奇病にかかってたのか・・・
知らないだけで奇病にかかってる日本の芸能人って多いのかもな
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
それは日本の芸能人だけでなく自分たち一般人にも言えることだけどね。
奇病・難病であることを隠す人だっているわけだし
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
以上、奇病・難病にかかった日本の芸能人でした。
38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
サンクス。
まじで勉強になったわ
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
まさかここまで奇病・難病にかかった日本の芸能人がいるとは・・・
世の中知らないことだらけだ
43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
奇病に難病にこえーよ・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。