【親子】神田沙也加と松田聖子の不仲説は事実なのか

以前から噂れる神田沙也加と松田聖子の不仲説。

神田沙也加は自著において赤裸々な過去を明らかにしているが、どうやら不仲説は単なる噂ではないようだ。

むしろ、“親の七光り”と言われ続けた神田沙也加が、松田聖子と不仲になるのは自然なことかもしれない。

はたして神田沙也加・松田聖子親子の不仲説が事実なのだろうか。

真相はいかに?神田沙也加・松田聖子親子の不仲説

松田聖子と娘・沙也加の確執…共演NGの不仲説が浮上

 去年の紅白の目玉の一つだった、松田聖子(53)・神田沙也加(28)の親子共演。そして、娘の出演後、聖子が目頭を抑えて涙を拭っているシーンも大きな感動を呼んだ。

 かつては、沙也加の男性問題や、聖子の事務所移籍問題など、様々なトラブルが多かった母娘。深い溝があるともいわれていたが、この涙を見て親子愛を感じ、確執は過去のものだと思った視聴者も多かった。

 だが、4月28日発売の「女性自身」(光文社)では、その確執が、もはや手遅れになっていることを明らかにしている。

●注目記事:

箝口令が敷かれていた?
 4月17・18日と3年ぶりに舞浜アンフィシアターで「松田聖子のファンミーティング」が開催された。ファンクラブ会員限定で、チケット代金は3,900円。2012年に開催されたファンミは13,650円だったため、この大幅値下げにファンは戸惑った。一説によれば、ファン離れ対策ではないかと囁かれている。

 そして、ファンミ自体もいつもと違う異常な雰囲気だったそうだ。

 まず、入場に関して、本人確認のため、ファンクラブ会員証・身分証明書・当選ハガキ・代金の振込受領書の提示が必ず必要となる厳重なセキュリティが驚きの声を呼んだ。さらに、チケット裏には“内容をネット上に書き込む行為を禁止”と書かれ、箝口令が敷かれていたのだ。

 それはなぜか? そこには意外な事実が明らかになっていく。

 箝口令について、「前回との比較を恐れたのではないか」と音楽関係者は語る。

「前回のファンミは沙也加も参加し、何曲も歌っています。それが今回は、出演はおろか、聖子が不自然なほど娘の話題に触れていない。ファンなら母娘の確執を疑うはず。それを広めたくなかったのでしょう」

二人の不仲説が確信に…
 また、今年1月に出版された、沙也加のスタイルブック『Dollygirl』(宝島社)も話題になっている。

「よくあるスタイルブックに加え、沙也加さんが半生を語るロングインタビューも掲載されています。しかし、父・神田正輝(64)さんとのツーショット写真は載っているのに、母・聖子さんは、写真はおろか、名前すら出てこない。沙也加さんにとって聖子さんは母親であり芸能界の先輩でもあるのに、名前すら出てこないのは異常事態です。母に対する決別宣言ともとれますね」

 そこにきて、今回のファンミでの出来事だ。

「聖子もイベントで沙也加の名前をいっさい口にしない。これは、互いに独立したといえば聞こえはいいのですが、もはや無視ですね。共演NG、今後一切かかわることのない冷えきった親子関係を確信しました」(同関係者談)

 紅白の涙から一転、お互いを無視する断絶。ファンや業界関係者が期待した再共演を見ることは、かなり難しそうだ。







(取材・文/タナカアツシ)

ソース:ライブドアニュース

歌手がタブーとされていた悲しい過去

アナ雪での見事な歌唱力、そして声優を担当したことでブレイクした女優の神田沙也加。今ではその歌唱力が証明され、歌手としても注目されているわけだが、自著『Dollygirl』で驚愕の事実が明らかになった。

なんと神田沙也加は幼い頃から「あなたは歌手にだけはなってはいけない」と周囲から言われ続け、デビュー前は「歌手=タブー」だったことを告白したのである。

引き続き、さまざまな葛藤を経て飛躍した神田沙也加の過去にせまっていく。

なぜ“歌手=タブー”だったのか

神田沙也加は自著『Dollygirl』にて、小さい頃のエピソードを告白した。

「おもちゃのマイクを持ってステージごっこをよくやっていたみたい。歌うことが好きだったんでしょうか」と振り返っているほか、母である松田聖子の存在が重くのしかかり、「同じ道を選んでも比較されてつらい思いをするだろう」と周囲から言い聞かされていたという。

このような背景から神田沙也加は「歌手=タブー」という概念が根付いてしまい、15歳で歌手デビューが決まった時は「うれしいよりも『本当いいの?』っていう思いのほうが強かった。不安しかなかった」と語っている。

振り返れば、神田沙也加がデビューした当時は“親の七光り”といった声が多く、アナ雪の声優に抜擢されるまでは苦難の道を歩んできたといえよう。

それでも彼女は自らの力で自身の地位を築き、人気を勝ち取ったのである。


監督を涙させた神田沙也加の“歌唱力”

アナ雪のキャストは脳天気に決定されたわけではない。それは同作品を観れば、よくわかるはずだ。

アナの声を担当した神田沙也加は実際に監督の前で生歌を披露。それに感激した監督は、その場で涙を流したという。そう、彼女の歌唱力は本当に高かったのである。

私もここまで彼女が歌唱力を持っているとは思わなかった。

同作品の1曲目から、圧倒的な歌唱力を見せつけると、声優としての演技力の高さも印象づけた。

歌唱力と演技力が備わった要因とは?

芸能界をデビューした頃の神田沙也加は、お世辞にも“女優および歌手”とは言い難いレベルだった。

一時、大物歌手・俳優の娘として持ち上げられたが次第にその人気も衰える。そこで彼女は“実力”を付ける決心をしたのだろう。これまでに数々の舞台を踏んでおり、お茶の間が知らない、本当の彼女が完成していたのである。

神田沙也加の歌唱力の高さは言うまでもないが、特にのびやな安定した高音が素晴らしい部分である。これは舞台経験の賜物といっていい。

いつしか彼女は“実力”を身に付け、ひとりで勝負できる芸能人のひとりになっていた。本当に同作品には素晴らしいものとなったと思う。

大抵、吹き替えはコケる可能性が高いのだが、神田の吹き替えは見事に作品と融合していた。これから大物女優としての道を進むかもしれない彼女。

すでに舞台ファンからは認められている存在であり、両親のキャリアを十分に超えられる土台は整ったと感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。