あなたもできる!After Effectsで“心霊動画”を作る方法

「ほんとにあった!呪いのビデオ」などに代表される
心霊動画の数々は毎月新作がレンタルショップに並びますよね。

映像に詳しい人なら確実に“フェイク”とわかるわけですが、
今や素人目からしても作り物と判断できるダメダメ映像が増えてきました。。

昔は丁寧に作りこまれていたというか、
まだ映像技術が浸透していなかったこともあるので

それこそ“フェイク”で恐怖を演出する方法が有力だったはず。

最近は素人でも技術さえ覚えてしまえば、
カンタンに心霊動画を作れる時代になっています。

そう、After Effectsさえあればね・・・。

After Effectsを使って“心霊動画”を作ってみよう!

すでにAfter Effectsをお持ちで使われている方からすれば、
心霊動画を作るなんてへっちゃらだと思います。

もちろん、カンタンとは言っても時間はかかります。
あくまで工程さえ覚えてしまったら、構えずにできるよって話です。

実際にYoutubeには“心霊動画”の作り方がアップされてます。

全部で4本と結構長いですが、
フェイク作品に興味がある人は見る価値ありかも。

自主制作でクオリティの高い作品を出している人が増えてますからね。

動画を見ていただければわかると思いますが、
ほぼ“ほん呪”になっていることがおわかりいただけるかとw







フェイクだとしてもクオリティの高い作品は評価される

フェイクだとわかっている作品だとしても、
クオリティが高い作品は間違いなく評価されます。

そのいい例が映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」ですね。

br

この作品はあくまで“作品”なので、
当然フェイク以外の何者でもないです。

しかし、内容を見てみると妙に“リアリティ”がある。

これは実際にあった事件などを題材にしているため。
視聴者に“もしかすると”という興味を示すために有効な手段ですからね。

ブレアウィッチは低予算で作られたものの、
全世界で大ヒットした作品です。

そう、フェイクとわかりきっているものでも、
内容が濃くてしっかりしているモノなら魅了されるわけです。

最近の心霊動画はどうにもこうにもつまらん!!

どなたか刺激的な心霊動画を作ってくれませんかねぇ・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。