あの人は現在!?立河宜子のCカップ美乳は健在か(画像あり)

tatikawanoriko2

女優として活躍し、現在はエステティシャン兼エステサロン経営者の立河宜子。

チラっと覗かせる谷間に魅了された男性はどれほどいたことだろう。

今となってはそのCカップを見ることは叶わないが、立河宜子はこれまでに過激な画像を発表していた。

そこで今回は立河宜子のCカップ画像をまとめた。

立河宜子の現在と過激Cカップ画像まとめ

立河宜子のプロフィール

no title

立河宜子(たちかわ のりこ 1970年1月14日 – )は、日本の元女優、元タレント、エステサロン経営者、株式会社BASIC BEAUTY代表。

生年月日:1970年1月14日
出身地:東京都
血液型:O

公称サイズ(2001年時点)
身長 / 体重:162 cm / 49 kg
スリーサイズ:86 – 59 – 88 cm

来歴・人物
東京文化学園ビジネスアカデミー卒。OLを経て、1993年に第19代クラリオンガールに選ばれ、芸能界入りする。翌1994年「あなたとなら〜君がいれば〜」でCDデビュー。他に女優、タレントとしても活動しドラマやバラエティー番組に出演した。 芸能事務所はクィーンズアベニューアルファ、スタッツ、ケイダッシュに所属していた。

2001年、医師と結婚。これを機に芸能界を引退したが、2005年に離婚。その後エステティシャンに転身した。

引用:Wikipedia

 

Focus 1: エロさ満点!立河宜子のCカップ画像集

 

女優としての魅力はもちろんのこと、過激な写真集も話題だった立河宜子。

いわゆる“オナペット”と化していたことは間違いなかったはずだ。現在は芸能界を引退していることもあり、最新のグラビア画像などを拝見することはできないが、エステティシャンとなった現在もその美しさは健在。

まずは女優として活動していた頃の立河宜子の過激画像をご覧いただこう。

 

画像: 立河宜子 Cカップグラビア

no title

no title

no title

no title

no title

no title

ご覧のようにもはや乳首が見えてしまっている画像も。

また、Cカップ以上のカップサイズなのでは?と感じてしまうのは筆者だけではないはずだ。

決して巨乳というわけではないが、Dカップはありそうに思うのだが。


 

Focus 2: まだまだ終わらない!立河宜子の過激Cカップ画像

 

まだまだ立河宜子のCカップに魅了されたいという方のために追加画像をご用意した。

意外にも立河宜子は過激な画像を多数残しており、現在もなお彼女の画像をオカズにしている男性は少なくないことだろう。

芸能人のセミヌード画像は大抵ハズレが多いのだが、立河宜子の画像がここまで注目される理由は彼女が美乳だからではないだろうか。その他芸能人が披露した胸よりも明らかにキレイであり、満点に近い形をしている。

がっかりオッパイでなかったことも、立河宜子のCカップ画像が注目された要因といえよう。

それでは立河宜子のCカップ画像の続きをご覧いただこう。

 

画像: 立河宜子 Cカップグラビア

no title

no title

no title

no title

no title







no title

no title

no title

できることなら芸能界引退前にフルヌード写真集を出して欲しかった・・・。

そう思った男性は少なくないのでは?


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 3: 気になる現在の姿は・・・?

 

立河宜子の現在は前述したとおり、女優ではなくエステティシャンだ。

劣化しているのでは?と思われている方は少なくないことだろう。しかし、現在の立河宜子は女優だった頃よりも色気が増している印象。エステティシャンという職業柄、美容にこだわっていることは確かであるが、いい年のとり方をしているようだ。

それでは立河宜子の現在の姿をご覧いただこう。

 

画像: 立河宜子の現在

no title

no title

no title

no title

気になるのはあのCカップ(美乳)は健在なのかということ・・・。

とまあ、劣化はしてないことがわかっただけでも安心か。


 

Focus 4: 立河宜子が語った“現在(リアル)”

#1 芸能界を引退、それから。

no title

立河宜子さんである。現在の職業はエステティシャン。自身で厳選した化粧品の販売も手掛け、エステ・サロンの経営者でもある。まず現在に至るまでのストーリーを聞かせていただいた。

結婚を機に芸能界を引退。芸能界に未練は?

「未練は全くありませんでした。芸能界を辞めたかったんです。もう限界だと感じていて、しばらく休みたいと思っていました。そう思っていた矢先に当時の旦那さんと知り合って、引退することにしました。実は、当時パニック症候群だったんです。それも引退した大きな原因でした」

病んでしまったのは真面目過ぎることが原因らしい。

「原因はさまざまですが、日本では一般的に精神的な病は『甘え』が原因みたいな論調が今も根強くあって、『根性がない』と思われているのでは? という強迫観念みたいなものがありました。私の場合、仕事を休む=スケジュールを空けるということが怖くてできませんでした。与えられた仕事を断らずにちゃんとやらなきゃいけない。皆の期待に応えなければいけない。といつも思っていました。そのプレッシャーと不規則な生活が長年続き体内時計が壊れてしまったんですね。20代は体力も気力もあって、生意気盛りで負けん気が強かった。その反面、見かけによらず真面目なんです。これは良くも悪くも昭和の両親から教育された賜物でしょうね。
タレントの仕事は毎日が本番。そうするとずっと緊張が続くって言うのかな。リラックスできる時間が全くなくなってしまいました。仕事中も緊張する、プライベートでも人に気づかれることで緊張する。安心する方法を忘れてしまって。それでついには負けん気の強い私にも限界がきてしまったんだと思います」

一見華やかな世界だけど、心が病んでしまうほど大変な仕事なんですね。そして彼女は専業主婦に。根が真面目なだけに主婦業は『三食昼寝付きだ』とは思わなかった。結婚後も体調は回復しなかったそうだ。

「結婚後もずっと辛い状態が続いて、いつか治るとは思っていたんですけど。結局治ったのは離婚してからです。専業主婦として『こうでなければいけない』 みたいに考えちゃって、身の回りのことをきっちりきっちりやらなくてはと思っていました。本当は心底受け止めてもらえる場所が欲しかったんだと思います」

芸能界に復帰しようとは?

「これもまた全く思いませんでした。周りからは『なんで復帰しないの? もったいない』って言われましたけど、お金じゃないの。十分すぎるほどにいろんな経験をさせていただいたし、きっちり引退したわけですから」

ソース: Bimajin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。