くるみんアロマが過去激白…女優名「瑠未くるみ」でAV活動をしていた【噂】

人気ユーチューバーのくるみんアロマが衝撃的な過去を告白した。

なんと、くるみんアロマは過去に雑誌でのヌード撮影をはじめ、AV作品へ出演していたのである。

以前からくるみんアロマにはAV出演疑惑などの噂が飛び交っていたが、ついに真実が明かされることとなった。

今回はくるみんアロマの過去やAV嬢として活動していた際の女優名や作品などをまとめた。

くるみんアロマ、女優名「瑠未くるみ」だった過去を激白・・・

くるみんアロマのプロフィール

no title

くるみんアロマ(くるみんあろま)は、YouTubeにて活動。2014年11月12日から現在まで毎日動画投稿を続けている。さらには、ヨガ講師になる為の勉強と犬猫ボランティア活動も行っている。

来歴
2013年11月12日 くるみんアロマがYouTubeに『kurumin aroma』のYouTubeチャンネルを開設。

2014年11月11日 YouTube企画のゲームウォール(新宿東口アルタ前広場)で、Youtuberのヒカキン氏・マックス村井氏と共にゲームを行った。

2014年11月12日 YouTube企画のゲームウォール(新宿東口アルタ前広場)の記事がyahooニュースに掲載。記事に「くるみあろま」と書かれていた。

2014年11月15日 『kurumin aroma』のYouTubeチャンネルの登録者数が1,000人を超えた。

引用:goo Wikipedia


Focus 1: くるみんアロマ、騙されてAV作品に出演した過去を語る

くるみんアロマ、衝撃的な過去を告白・・・

no title

動画投稿サイト「ユーチューブ」を活動の主舞台とするユーチューバーのくるみんアロマさん(26)は、所属した事務所の「音楽デビューさせるよ」という言葉を信じた。雑誌でのヌード撮影からAV出演に至るまで、「だまされた」と過去を振り返った。

(中略)

「人生は1度きり。夢をかなえたい」
「グラビアをできる人を探しているんだけど」

大学4年生だった2012年夏、東京・新宿を歩いている時に、スカウトの男性から声を掛けられた。「あなたはきれいだから、すぐにデビューできるんじゃないかな」

(中略)

「まずは名前を広げよう。音楽はそれから」
1週間ほどして、そのスカウトと共に事務所に足を運び、「社長」を名乗る中年男性と会った。笑顔で出迎えた男性の第一印象は、「いい人そうだな」。

「グラビアから入って、まずは名前を広げよう。音楽はそれから本格的にやればいいよ」。自分で歌詞を書いていることを伝えると、「どんどん持ってきて見せて」。話しやすくて、前向きに自分を押してくれる雰囲気があった。事務所に所属する契約書にサインをした。

秋ごろに、雑誌のグラビアの仕事が回ってきた。水着での撮影だと聞いた。「社長」と一緒に出版社に面接に向かった。売り込みの時、「社長」が放った一言に耳を疑った。「この子は、ヌードもやります」。全く聞いていなかったが、「雑誌の担当者に気に入られたい」という思いが先に立った。

「社長」は「時代は変わった。先に脱ぐのが売れる方法なんだ」と繰り返し説明した。ヌードなどの動画を含むイメージDVDの企画も進んだ。同時に撮影した写真と動画は、それぞれ3月と6月に世に出た。

(中略)

「ヌードで終わったら格好悪いよ」
意を決してヌードの仕事をしたが、事務所は音楽活動への後押しはしてくれなかった。それどころか「AVに出ないと、今後の仕事はない」と切り出してきた。

「芸能界でグラビアアイドルの地位は低いけど、AV女優はすごくレベルが高いんだ」
「『脱ぎ損』という言葉は知っている? ヌードで終わったら格好悪いよ」
「AVに出て格好良くやったら、次の仕事も保証するよ」

事務所に行くと、「社長」とマネジャー役の男性ら5、6人に囲まれ説得された。AVへの出演は無理だというと、「あなたワガママだから」と怒鳴られることもあった。自分の意見は聴いてもらえず、いつも泣きながら帰った。

(中略)

事務所側に、AVに出たら音楽デビューできるのか、後押しをしてもらえるのかを何度も確認した。その度に「大丈夫だよ」「約束するよ」と言われた。次第に、「AVの仕事をやったら芸能界で成功できる」という事務所側の言葉を「1%でも信じてみよう」と考えるようになった。最後には出演を承諾した。

撮影には「切腹する気持ち」で臨んで「死ぬ気で耐えた」。監督、ディレクター、カメラマン、男優と、事務所の人間ら男性10人ほどに囲まれた。

慣れない性行為に「痛い痛い」と叫んだ。「無理です」と叫んで撮影が中断しても、撮影側は「できるまで終わらないよ。こんなに時間がかかるのは、あなたぐらいだよ」と冷淡だった。「ここにいる大人全員、子どももいるし生活もある。あなた1人でみんなの生活を台無しにするのか」とも言われた。

ソース:Yahoo!ニュース

まさに今問題となっている“AV強要”のいい例と言うべきか。

元AV女優の穂花も、くるみんアロマのような過去をもっていることで知られているが、現在活躍中のAV女優の中にも同じような過去を持っている女性がいるのかもしれない。

忘れ去りたいであろう過去を告白した、くるみんアロマは非常に勇気のある女性である。

くるみんアロマが今回告白した過去をきっかけに、悪しきプロダクションが撲滅されることを祈るばかりだ。

なお、まだくるみんアロマの告白は続くの以下に掲載する。

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>


Focus 2: 絶望の淵から光を見つけた くるみんアロマ

くるみんアロマを救ったYouTube

no title

「迷惑がかかるから、ちゃんと対応して」
事前にAVメーカーとの面談があり、できない行為を伝える「NG項目」も提出していた。しかし、撮影当日はほとんど無視された。事務所の人間に過激な行為を強要された。「あなたができないと言うと、うちの他の女の子に仕事が来なくなる。迷惑がかかるから、ちゃんと対応して」







撮影終了後には下半身に強い痛みが残り、少量だが出血もあった。精神的に不安定になり、当日の様子を思い出す嫌な夢を何度も見た。

絶望的な気持ちに、事務所が怖い思いが重なり、恥ずかしさから誰にも相談できなかった。2本目にも出演するしかなかった。その撮影終了後、しばらくして事務所から電話がかかってきた。「『社長』がお金を持ち逃げした。他の女の子からもクレームがきている」

本当かどうか不明だったが、事務所とは徐々に連絡がつきにくくなった。

傷ついた心を救ったユーチューブ
深く傷ついていたとき、ユーチューブが救いとなった。

学生時代から、東日本大震災の被災地にいる犬や猫を保護するボランティア活動をしていた。関係者が撮影した動画がユーチューブにアップされたことがあり、「気軽にできるんだ」と印象に残っていた。

2013年11月末に、試しにアロマの知識を他の人に教えているところと、自分の散髪の様子を投稿してみた。思ったよりも視聴された。「人との出会いの記録をできるし、日記としても楽しめる」。ユーチューブに動画をアップすることが、心の支えとなった。

現在は、東京・原宿などで訪日外国人と一緒に撮った動画をアップすることに力を入れている。外国人でも臆せずに話しかけ、すぐ友だちのようになれる自分の性格を生かしている。動画を見た人から感想も届く。最近は、ネット上で話題となっているニュースを読み上げて、自分なりに解説する動画も始めた。

「あなたの人生が終わったわけではないよ」
事務所に対しては、今でも「音楽への夢につけ込まれた」と強い憤りを感じる。事務所の「社長」は朝日新聞の取材に対し、イメージDVDの作製に関わったことは認めたものの、AV出演には「私は関与していない。別の人たちがやったことだ」と述べた。くるみんさんは現在、AV被害の支援団体に相談し、被害の拡大を防ぐ方策を取り始めている。

今回、取材に応じたのは、芸能界に対するあこがれを抱く、若い女性たちに注意を呼びかけたいと思ったからだ。

さらに思いを伝えたい相手は、同じように望まない形でAV出演をした女性たちだ。

「世の中から隠れて生きていこうとする気持ちは分かる。それでも、『あなたの人生が終わったわけではないよ』と言いたい。私はつらい経験も、今のユーチューバーとしての表現に生かせていると信じている。たくさんの悩んでいる人に少しでも元気を与えられるような存在になりたい」

ソース:Yahoo!ニュース

現代はAV作品が溢れかえっているわけだが、AV女優たちすべてが自ら望んでデビューしたわけではないことを深く理解しなければならない。

くるみんアロマはその氷山の一角。
きっと他にも不本意からAVデビューしたAV女優がいるに違いない。


Focus 3: くるみんアロマのAV時代と女優名&作品

 

さて、くるみんアロマの衝撃的な過去が報道されたことによって、彼女のAV時代が注目されることとなった。

ネット上では「女優名」をはじめ、「過去に出演した作品」などが検索されるようになり、AV時代のくるみんアロマを見ようとする動きが活発となっている。

本来であれば、過去の女優名や作品などの詳細は控えるべきであるが、当サイトはゴシップネタを書いてナンボなので掲載させていただく。

くるみんアロマのAV時代における女優名は「瑠未くるみ(るみくるみ)」

 

no title

 

そして作品は以下になる。

 

no title

 

同作品のキャプチャーを見れば、瑠未くるみがくるみんアロマであることは一目瞭然。

 

画像: 瑠未くるみ キャプチャ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

胸が痛くなるので作品における画像はこの辺で。

なお、瑠未くるみは自身のFacebookで以下のようなコメントを残している。

 

瑠未くるみ
2015年9月18日

期間が随分開いてしまいましたがやっと気持ちの整理も着きましたので
更新させていただきます…
このページを開いてしまった方へ…
瑠未くるみは事務所に騙されAVをやってしまい、自分の思い描く方向ではなかったので
一生の不覚をしてしまったと…
とても悩みました、頂くものも頂いておりませんがやめさせて頂きました。
その後の売り上げなどの収益の事は全く私はもらえていない状態ですが、
もう関わりたくないので……
一度ふさぎ込みましたが今はYouTubeというものに出逢いましてYouTubeを愛し、
夢に向かってYouTuberとして活動させて頂いております、
ボランティア活動も未だに続けております。
とても苦難の生活ではありますが、そちらの方で一生懸命頑張っておりますので
そちらの方の応援を是非とも宜しくお願い致します。

引用: 瑠未くるみ Facebook 

 

すなわち、瑠未くるみ=くるみんアロマ、なのである。

もはやそんなことはどうでもいい。
今、ユーチューバーとして くるみんアロマは輝いている。

過去は消えないが未来はいくらでも変えることが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。