どうやって子作りを…乙武洋匡の不倫騒動とその方法が衝撃的だった

ototake

不倫騒動が問題となっている乙武洋匡。

これまでに不倫相手の女性とのツーショット写真、どうやって子作りしているのかなど、その方法などを暴露されているが、この騒動は激化していくばかりだ。

もっとも今回の騒動で注目されているのは乙武洋匡がどうやって子作りをしているのか?という点。

そこで今回は乙武洋匡の不倫騒動と子作り関連の情報をまとめた。

その方法は?乙武洋匡はどうやって子作りをしていたのか

【独占スクープ】乙武氏と関係を持った女子が赤裸々に激白「私が乙武さんを布団に寝かせてセット」「彼は凄くモテますよ」 ホストクラブが好き!?

書籍「五体不満足」の著者として有名な乙武洋匡氏(39歳)が、女性五人と不倫関係にあったことが判明して炎上している。

さらに乙武氏が妻以外の女性とラブラブ状態の写真がインターネットに大量流出し、物議をかもしている。

・乙武氏との赤裸々な関係を告白
そんななか当編集部は、乙武氏と不倫関係をもったという女性と接触することに成功。乙武氏との赤裸々な関係を告白してもらった。

関係をもった時期や年齢などは、本人が特定されないように隠してお伝えする。

・女性のコメント
「はい、私は乙武さんと関係をもちました。信じられないかもしれませんが彼は凄くモテるんですよ。とにかく明るくて話がうまいんです!私は今でも彼のことを人として尊敬しています。 夜のほうですか?まず私が乙武さんを布団に寝かせてセットして、しっかり固定して、……と言う感じですね」

・ホストクラブが好き!?
また、乙武氏と同じホストクラブに通っていたという女医は、「乙武さんはホストクラブでたまに見かけました。キャバ嬢とホストを手下みたいにしていたみたいですね。オーナーと仲が良いのでしょうね」とも話していた。

それが事実ならば、乙武氏はかなり夜遊びが好きということになる。

・「絶倫」というイメージがついた
今まで乙武氏は「明るい」「誠実」「マジメ」などのイメージがあった。確かに現在も明るいイメージは残っているが、「誠実」が消え、「絶倫」というイメージがついてしまった。今後、彼はどのように動いていくのか? 彼に大きな注目が集まっている。

画像: 不倫騒動に揺れる乙武洋匡

no title

ソース:バズプラスニュース

 

Focus 1: 乙武洋匡のプロフィール

乙武洋匡のプロフィール

no title

乙武洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 – )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。

人物
東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。東京都立戸山高等学校、1浪後、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、明星大学通信教育課程人文学部へ学士入学。

2001年3月に結婚。2008年1月3日に第1子(長男)が誕生。2010年7月9日に第2子(次男)が誕生。第一子誕生の際は小学校勤務だったため育児休暇を取得。2015年3月には第3子となる長女が誕生した。

自身のTwitterによると、身長107cm、体重38kgとのことである。

引用: Wikipedia

 

Focus 2: 乙武洋匡はどうやって子作りを…?その方法が明らかに

 

no title

すでにバズプラスの記事において、乙武洋匡の子作りの方法が明らかにされているわけだが、同記事に信ぴょう性があるとは限らない。

これを文春がリークしたのであれば話は別だが・・・。

いずれにしてもインタビューに回答した女性の証言が事実であれば、乙武洋匡は子作り、いやセックスを“布団にセット”された状態で行う模様。

方法としてはさまざまなものをイメージしてしまうが、結局は相手の女性が色々と配慮と工夫をこらしながら・・・といったところか。

なお、どうやって子作りをしたのか注目されている乙武洋匡だが、現在3人の子をもつ父である。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 3: 裏垢から明らかになった不倫相手の数々・・・

 

乙武洋匡は自身のTwitterアカウントを所持しているが、それとは別に裏垢も所持しており、そちらでは「純愛エロメガネ」というユーザー名で数々の女性とのツーショット写真をアップしていた。

「ツーショット写真=不倫相手」とはいい切れないが、ネット上ではこの裏垢にアップされた女性はすべて不倫相手、もしくは乙武洋匡とセックスした女性として注目されている。

どうやって子作りするのかも謎だったが、どうやってこれほどまでの女性をゲットしたのかも気になるところだが・・・。

やはり乙武洋匡がモテるという噂は事実なのだろう。

それでは乙武洋匡の裏垢画像をご覧頂こう。

 

画像: 乙武洋匡 裏垢写真(女性とのツーショット)







no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

ご覧のようにどの女性も平均以上のレベルをもっている。

裏垢にアップされている時点で、やはりこれらの女性は乙武洋匡と経験アリなのだろうか・・・。


 

Focus 4: 当の本人は不倫を認める

 

【乙武不倫】五体不満足の乙武氏が女性五人と不倫関係 / 本人も認める「五人と不倫しました」

◇不倫関係にあった事を告白

「五体不満足」などの執筆やスポーツライターとして活躍している乙武洋匡氏(39歳)は、愛妻家として有名で、3人の愛する子供達と幸せな生活を送っていると思われていたが、実はドロドロの不倫にまみれた生活だったことが判明した。

・不倫関係にあった事を告白
乙武氏は「フランスのテロの視察」と称しながら美女を同行させ、パリとチュニジアでラブラブ旅行ざんまい。 この件に関して週刊新潮の記者が突撃取材をしたところ、逃げも隠れもせず、その女性と不倫関係にあった事を告白したのである。

以下は、マスコミ関係者の声である。

・マスコミ関係者の声
「確かに、乙武さんは不倫の事実を認めました。
さらに凄いのは、その女性との関係だけでなく、合計5人の女性と不倫関係にあったと、新潮の記者に告白したことです。 この詳細は3月24日発売の新潮に掲載されますが、そこには妻が不倫を知って泣いて悲しんだ事実も書かれているようです」

・息子が誕生した時期とかぶる?
さらに、マスコミ関係者の話によると乙武氏は複数の女性と数年前から不倫関係があったらしく、それは息子が誕生した時期とかぶるという。

また、一晩限りの女性もいたそうだ。

・大きな注目が集まっている
正直に不倫補認めた点は「ベッキーと不倫関係にあった川谷絵音」と違って潔いが、今後、乙武氏はどのように今回の件を説明してくのか、大きな注目が集まっている。

ソース: バズプラスニュース

 

このように乙武洋匡は不倫をあっさり認めた。

確かに潔いと言えばそうなのだが、障害を盾にしているという意見もあり、今後この騒動がどういった結末を迎えるか見ものである。


 

Focus 5: 乙武洋匡と嫁の謝罪文まとめ

 

それでは乙武洋匡の謝罪文と、嫁の謝罪文を。

 

このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません。

報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません。

以前より、妻には私のこれまでの行いを打ち明け、話し合いをしておりました。一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました。

「夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい」と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています。

失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です。

妻や妻のご両親、3人の子どもたちに心より謝罪し、またこれまでの仕事や活動のなかでお世話になっているみなさまに深くお詫び致します。

2016年 3月24日
乙武洋匡

 

 

このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。

このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。

今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。

本人はもちろん、私も深く反省しております。

誠に申し訳ございませんでした。

2016年 3月24日
乙武仁美

 

ちなみに嫁まで謝罪文を提出したわけだが、その背景には乙武洋匡が嫁を“洗脳”しており、思うがままに操っているという情報も・・・。

どうやって洗脳したかは謎であるが、乙武洋匡ならやりかねない・・・そう感じてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。