もう和解済?松本人志と太田光の“因縁”疑惑における真相

芸能界には“共演NG”とされるタレントたちが多々いるとされるが、その中でも特に注目されるのがダウンタウンの松本人志と、爆笑問題・太田光の“因縁”といっていいだろう。

因縁の発端は太田光が松本人志のファッションにケチをつけたことだった。

これに激怒した松本人志は爆笑問題を呼んで、究極の3択をつきつけ、土下座させたとされる。

しかし、いいとも最終回にてダウンタウン(松本人志)と爆笑問題(太田光)は共演を果たしており、松本人志が太田光に「ありがとうな」と声をかけていたという報道も。

はたして松本人志と太田光は既に和解しているのだろうか。
それとも、因縁などハナからなかったのだろうか。

とっくに和解してた?松本人志と太田光の因縁疑惑

<共演NG>松本人志と爆笑問題の太田光が共演? 2人の因縁は1994年に太田が雑誌で松本を批判したことがきっかけ…

no title

10日放送のバラエティー「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に、芸能事務所「タイタン」の社長・太田光代氏(52)が初出演。これを見た視聴者から驚きの声が上がっている。

光代氏は言うまでもなく、爆笑問題の太田光(51)の妻だが、その太田と番組司会の松本人志(53)は、各テレビ局で「共演NG」になっているとされてきた。

しかし、この日は光代氏が太田の話題にも触れ、松本も「彼は浮気には興味あるんですか?」「(相方の田中裕二の妻)山口もえとデキてる」と笑顔で光代氏をイジるなど、終始穏やかなムード。そのため<太田はタブーじゃなくなったのか>など、松本の心境変化を推測する声がネット上に相次いでいるのだ。

そもそも2人の因縁は、1994年に太田が雑誌で松本を批判したことがきっかけといわれている。

太田は自身の連載コラムで、松本が全身スポーツ用品ブランドで雑誌に写っていたことを揶揄。「全身を(そのブランドで)固めていた」「まるで広告塔」「あの無神経さは信じられない」などとこき下ろした。後日、記事を見た松本が激高。楽屋に爆笑問題をコンビで呼び出し、「今すぐ芸能界を引退」「パイプ椅子で殴られる」「土下座で謝罪」の3択を提示し、結果、2人は土下座で謝罪した、とされる。

そのため、当時を知る視聴者からは<松本が太田の嫁と共演して太田のこと聞くとか、十年前は考えられなかったな><爆笑とダウンタウンが間接的に絡んでるじゃん>と、歴史的“雪解け”を喜ぶ声が噴出。<太田もいずれは(ダウンタウンDXに)出ていいのか?>と、夢の共演を期待するコメントが上がっている。

2014年3月には「笑っていいとも!」(フジテレビ系=放送終了)のグランドフィナーレで、とんねるず、ウッチャンナンチャンと同じ壇上にダウンタウンと爆笑問題も登場、その時も「雪解けか?」と話題になった。

松本と太田の共演NGが解消される日は、案外近いのかもしれない?

ソース:日刊ゲンダイDIGITAL

正直なところ、ネット上では松本人志と太田光の因縁説に対して賛否両論が巻き起こっている。

同ソースに記述されているように、太田光が松本人志をDisる形になって因縁となった説もあれば、そもそもマスコミや世間が因縁説を信じ込んでしまっているだけで、実際は因縁などまったくない説もある。

しかし、いいとも最終回での松本人志と太田光の絡みを見ているかぎり、因縁じみたものは感じることができなかったが・・・。

とはいえ、いいとも最終回で松本人志と太田光が共演することにもっとも恐怖していたのは、明石家さんまだったとも言われている。


Focus 1: いいとも最終回での松本人志と太田光の共演を心配していた人物

明石家さんまも心配した 松本人志と太田光の共演







no title

芸人ファンの間では長年、ダウンタウンととんねるずが共演NG、爆笑問題とダウンタウンが共演NGだという噂がまことしやかに囁かれている。だからこそ、『笑っていいとも!グランドフィナーレ』での彼らの共演は伝説となったのだ。

■ 明石家さんまも心配した共演

しかしダウンタウンととんねるずの共演NGについては、両コンビともこの噂を何度か否定している。彼らいわく、「本当に仲が悪いとかはなく、ただ周囲の人間が気を使って共演させないだけ」とのこと。

しかし、どうやら爆笑問題とダウンタウンの共演NGの噂は本当らしく、明石家さんまがいいともフィナーレ後、自身のラジオ番組でこう振り返っている。

「爆笑問題が出てきたときに『おい、これ、ダウンタウンと大丈夫か?』と思って、何か言うたら出て行ってあげなアカンとずっと構えてた」

(中略)

■ 松本人志と太田光 いいともでやり取りは

さて、『笑っていいとも!グランドフィナーレ』に話を戻す。この時の共演の裏話を複数の芸人が明かしている。千原ジュニアは「CM中に松本さんが太田さんに『ありがとな』と声をかけたんですよ。初めてですよ、そんなん見たの。松本さんと太田さんは“それ以来”の会話(笑)」と話す。“それ以来”というのは、上記で挙げた一件のことを示しているとも考えられる。

そして松村邦洋は「その太田さんがCMの間で、松本さんに『いろいろどうもすみません』って言った後にね、 松本さんが『おぉ、おーおーおーおー』って言って太田さんの肩の胸の辺りをポンポンと 叩いたんですね。なんかいい雰囲気だなーと」と語った。

これらの会話を聞くと、昔に一悶着があった両者であるが、長い時間を経て雪解けしたと見るのが自然ではないだろうか。ぜひもう一度、両者の共演を見たいものだ。

ソース:exciteニュース

あの明石家さんまが心配していたとは驚き・・・。

そもそも明石家さんまが心配している時点で、松本人志と太田光の因縁は“事実”と解釈していいのかもしない。

だが、いいとも最終回での2人はすでに和解しているような雰囲気だったこともあり、ネット上では「奇跡」「和解か」「すごい画だな」など、感動する声が溢れていた。

仮に松本人志と太田光に“因縁”があったとするなら、2人はいつ和解したのだろうか。

もしかして、いいとも最終回での共演・・・?


Focus 2: そもそも爆笑問題・太田光が干された理由とは・・・?

 

no title

ネット上では太田光が松本人志のケチをつけた要因として、当時の太田光が完全に干されていたためといった声が多い。事実、太田光と松本人志の和解&因縁報道にはよく「太田光が干されていた」という記述やコメントがある。

そもそも太田光が松本人志にケチをつけたのは、あの当時干されてイラついてたことが原因で、まさに「口は災いのもと」と言えよう。

では、なぜ太田光は干されたのか?

それは1990年に前所属事務所「太田プロ」から独立したことが原因。

円満な独立だったならまだしも、この独立は一方的に辞める形だったため、太田プロの怒りを買うことになったという。事実、独立した爆笑問題は一時的に仕事がまったくこなくなり、テレビからも姿を消していた。

なお、独立した理由においては、「自分達のやりたい仕事がしたかったから」という説が濃厚とのこと。が、爆笑問題から明確な回答は出ていない。

希望を持って独立したものの干される形となった太田光。

その怒りの矛先がたまたま松本人志だった・・・ということか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。