コメントなし…コブクロ小渕健太郎が浮気したモデル&タレントは誰なのか

これまでに数々の名曲を生み出した人気デュオ「コブクロ」。

そのコブクロ・小渕健太郎がかつて同郷のモデルタレントと浮気していたと、週刊新潮が報道したのである。

週刊新潮によると、コブクロ・小渕健太郎は妻子がいながらも、かつて同郷の有名モデルタレントと浮気をしていたのだという。そして現在、その浮気していた有名モデルタレントの名前がバレてしまうことを、コブクロサイドはもっとも恐れているとのこと。

ちなみに現状ではこの浮気報道に対する小渕健太郎のコメントはなし。

報道ではモデルタレントの実名は伏せられていたが、はたしてコブクロ・小渕健太郎が浮気していたモデルタレントは誰なのだろうか。

コブクロ小渕健太郎が浮気したモデル&タレントの正体やいかに・・・

コブクロ・小渕健太郎のプロフィール

no title

小渕健太郎(こぶち けんたろう、1977年3月13日 – )は、宮崎県宮崎市出身のミュージシャン・シンガーソングライター・作詞家・作曲家。コブクロのメンバーであり、ボーカル・ギターを担当している。

愛称は「コビィ」・「主任」・「ケン坊」・「健ちゃん」・「コブちゃん」など。血液型O型。

コブクロの楽曲の大半を作詞・作曲しており、特にシングルやアルバムに収録された楽曲のうち黒田が作詞・作曲した12曲(2015年現在)を除く全ての曲において、小渕が作詞・作曲に関わっている。(「ANSWER」・「STRAIGHT」・「桜」・「風の中を」・「時の足音」・「交響曲第5296番」・「One Song From Two Hearts」は黒田との合作、「Starting Line」は黒田と21STREETリスナーとの合作であり、他はほとんど小渕の単独作品。)

来歴
1997年冬(20歳の時)、中学時代の同級生で、高校時代から交際を続けていた女性と結婚する。

2008年12月9日、長女、長男の双子が生まれる。

引用:Wikipedia


Focus 1: 別モデルの影も…コブクロ小渕健太郎、浮気常習者だった可能性高まる

コブクロ小渕健太郎の過去の不倫関係が明るみに出たが、更に別のモデル女性と不倫疑惑

no title

10月20日発売の「週刊新潮」(新潮社)報道で、過去の不倫関係が明るみに出たコブクロ・小渕健太郎。

「現在も所属レコード会社内で“犯人捜し”が行われている」(関係筋)というが、なかでも「新潮」でも触れられている。

「小渕と同郷の有名モデル」の名前がバレてしまうことを、コブクロサイドはもっとも恐れているという。

「新潮」で証言を行っているのは、小渕がかつて関係を持ったという2人の女性。ともに男女の関係にあったとして、特に30代の女性タレントは小渕が既婚者だと知らされておらず、「私は交際しているつもりだったんです」と話している。

「この女性タレントは、自身のほかにも小渕と関係を持ったことがある別のモデル女性の存在を明かしています。小渕とこのモデルとの関係は、当時周囲の関係者の間でも『さすがにマズイだろう』と話題になっていたので、コブクロサイドはなんとか封殺したいところでしょうね」(芸能事務所関係者)

このモデル・Xについては、インターネット上でも諸説出ているが、一時期はコブクロファンを公言しており、コンサート観戦だけでなく、小渕とともにプライベートでも遊びに行くような仲だったとか。

Xが所属する芸能事務所としても、小渕との関係は看過できなかったようだ。

その事務所関係者はこう証言する。

「決め手となったのは、もう8年も前の話になりますが、Xと小渕がプライベートで同行している様子を週刊誌に撮られてしまったこと。その週刊誌は小渕を一般人と勘違いしたのか、モザイクを掛けて『スタッフ』と書いたのです。読者には単なる“Xのオフショット”としか伝わらなかったことでしょうが、我々としては独身のXが、既婚者の小渕との写真を撮られていい気になるはずがない。その後、小渕はウチの幹部から『Xがお世話になっているようだね』とプレッシャーを掛けられ、Xと次第に距離を置くようになったと聞いています」

今回の不倫報道に関して、コブクロサイドは“スルー対応”の予定だというが、今後の展開に注目が集まる。

ソース:niftyニュース


Focus 2: コブクロ小渕健太郎が浮気したモデルは誰なのか

 

no title

今回の週刊新潮が報道したモデルおよびタレントとの浮気の件に対して、コブクロ小渕健太郎は一切コメントを控えている状態だ。

この浮気報道が単なる噂だからこそコメントを控えている可能性もあるが、最近は芸能人の浮気が裏付けされて謝罪するケースが激増している。それを思えば、コブクロ小渕健太郎の浮気報道も信ぴょう性がゼロとは言い難い。







では、コブクロ小渕健太郎が浮気していたモデルとタレントと誰なのだろうか。

注目すべきは週刊新潮が報じていた「モデルX」は小渕健太郎と同郷(宮崎市)ということ。これに対してネット上では宮崎市出身のモデルを特定する動きが盛んになる。そしてリストアップされたモデルタレントが以下の2名だ。

 

モデル候補1: 蛯原友里

no title

 

モデル候補2: 神戸蘭子

no title

どちらも小渕健太郎と同郷のモデルに変わりないのだが、「有名モデル」かと問われれば神戸蘭子にはやや疑問符。世間的に知られるモデルでいうなら、蛯原友里になるわけだが・・・。

とはいえ、モデル・神戸蘭子は元巨人・元木との不倫が大きな話題となった人物。仮に神戸蘭子が“魔性の女”であるなら、十分に小渕健太郎の浮気相手だった可能性は高い。

無論、この2名以外のモデルタレントと浮気していた可能性もあるので、週刊新潮がもっと決定打となるような報道をしない限り、この件は風化するだろう。


 

Focus 3: 週刊新潮に小渕健太郎との浮気を証言した女性タレントは誰なのか

 

no title

小渕健太郎と浮気していたモデル候補はネット上に浮上しているが、週刊新潮に浮気を証言した女性タレント候補はイマイチ情報が薄い。

現段階でそのタレントの有力候補となっているのは、フリーアナウンサーの鬼頭里枝だ。

 

画像: フリーアナウンサー 鬼頭里枝

no title

言うまでもなく、鬼頭里枝はアナウンサーでありタレントではない。が、今時の女子アナウンサーはほぼタレント化していることもあり、仮に鬼頭里枝もそのようなポジションだったのであれば“タレント”と表記されてもおかしくはないだろう。

しかし、鬼頭里枝はとてもタレントと呼べるような立場にないアナウンサー。

では、なぜ鬼頭里枝がコブクロ小渕健太郎の浮気相手タレントとして噂されたのか?

その理由は2010年1月に某スレッドに投稿された文面だった。

 

no title

確かにコブクロ小渕健太郎と鬼頭里枝についての投稿であることがわかる。

が、2chをはじめとするスレッドに書き込まれた情報はどれも信ぴょう性のないものばかりで、そのほとんどが根拠のない情報かネタもしくは釣り。

そもそも鬼頭里枝がタレントでないことから、週刊新潮から報じている小渕健太郎の浮気相手タレントは別の女性と見て間違いないだろう。


 

Focus 4: コブクロ小渕健太郎の欲にまみれたプライベート

コブクロ・小渕健太郎の過去の不倫が次々と発覚 2人の女性が証言

今年メジャー・デビュー15周年を迎えたコブクロ。楽曲の作詞・作曲の大半を担当する小渕(こぶち)健太郎(39)の浮気を、お相手の女性たちが証言した。

***

小渕はグループ結成前の1997年に中学校の同級生と結婚、男女の双子に恵まれた。そんな小渕の不実を証言する1人目は、30代前半のとあるタレントだ。小渕とは2004年に出会ったが、交際中、スポーツ紙が報道する直前に、既婚者であることを明かされたという。

「“ごめん、実は結婚してるんだ”と。私は交際しているつもりだったんですが……」

2人目は大阪・北新地のホステス嬢(38)で、09年秋にツアー中の小渕らが来店。朝5時まで飲み明かした後、メール(写真掲載)が来たという。

「その日のライブ音源が流れる部屋に行って、“うなじが好き、見せてよ”とキスをされベッドイン」

だがそれ以降は、梨のつぶてだそうだ。

数々の純愛ソングを生み出してきたコブクロに発覚した、不実な女性関係。10月20日発売の「週刊新潮」では、グループが売れると態度が豹変した事務所会長の“恫喝”と併せ、記事を掲載する。

画像: コブクロ小渕健太郎が浮気相手に送信したメール

mail

ソース: デイリー新潮

ホステスまでもが浮気相手となると、小渕健太郎の浮気相手は数え切れない程いるかもしれない・・・。

要するにコブクロでは純粋な愛を歌って感動を与えていたものの、プライベートは欲まみれの生活に溺れていたということか。

まるでファンキー加藤。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。