ダレノガレ明美、とんねるず番組で自主規制モノの“胸チラ”が映り込む(画像あり)【マグロ】

darenogareakemi

“マグロじゃない”&“潮ふいた”発言が話題となっているタレントのダレノガレ明美が、とんねるずのテレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」全落オーガスタで落とし穴に出演。

この企画で2回落とされたダレノガレ明美だったが、なんとパンチラと胸チラが自主規制されることなくオンエアされた。

はたしてダレノガレ明美のパンチラと胸チラは本物なのか・・・?

まずはネット上で話題の“マグロ”疑惑から。

ダレノガレ明美、とんねるずの番組で自主規制スレスレの胸チラ!

ダレノガレ明美のプロフィール

no title

ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ、1990年7月16日 – )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。

生年月日:1990年7月16日
出身地:ブラジル サンパウロ
血液型:B

公称サイズ(2016年時点)
身長 / 体重:164 cm / 47 kg
スリーサイズ:83 – 54 – 86 cm

人物
特技は野球、ソフトボール、短距離走(50メートル走で6秒8の記録を持つ)。中学生時代はソフトボール部所属で、ポジションは捕手。全国大会に出場している。当時の髪型はスポーツ刈りで、身長159cm・体重60kgと「ドカベン体型」であった。

“COCO(ココ)”という名前のメス猫(品種はノルウェージャンフォレストキャット)を飼っている。

タメ口キャラとして知られているが、タメ口を話した後は必ず謝りに行き、プライベートでは敬語を使っているという。しかし2015年2月5日に出演した『水曜日のダウンタウン』(TBS)で「年下のADにタメ口で話されたり名前を呼び捨てにされても怒らないかどうか」と言う企画で、自分のイメージに合わせるように意図的に編集されたようなオンエア映像を視て「ショック過ぎる」などと不満を話していた。

勉強が大の苦手。めちゃイケの抜き打ちテスト企画において、5教科全てにおいて珍回答を連発して最下位(とにかく明るいバカ)となった。総合得点はバカ世界新の元木大介を下回る史上最低点となり、特に理科にいたっては100点満点中1点という、科目別歴代最下位をも記録した。

引用:Wikipedia


Focus 1: ダレノガレ明美「マグロじゃない!1年くらい前に潮吹きました」

ダレノガレ明美、潮吹き経験激白!「 1年半ぐらい前に初めて潮吹きました。 自分でもビックリ 」

no title

モデルのダレノガレ明美が、17日未明放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、過激発言を連発した。

この日の放送では「第4回アイドル妄想総選挙」が開催され、ダレノガレは8位にランクイン。スタジオにサプライズゲストとしても出演し、過激な下ネタトークも展開した。

以前から囁かれていた自身の「マグロ疑惑」について、「私声出し過ぎて、次の日声出なくなるぐらい、本当に。マグロじゃない、めっちゃ動くし、めっちゃ声出しますよ」
とマグロ疑惑を完全否定。おぎやはぎの矢作兼とケンドーコバヤシからは「最高だね」と大絶賛された。

また、「潮吹き経験」についても激白。「私、1年半ぐらい前に初めて潮吹きました」と明かし、「自分でもビックリしちゃって、私じゃないと思って。初めて」とぶっちゃけまくった。

ダレノガレのぶっちゃけに男性陣は大興奮していた。

ソース:NPN

マグロ疑惑によってネット上ではたちまちダレノガレ明美の関連キーワードに「マグロ」が浮上。

現在も「マグロ」というキーワードがセットで表示されているが、どうやらマグロではなくアクティブなご様子。おまけに潮吹きまで暴露するとは、サービス精神の塊である。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>







Focus 2: とんねるずの番組で自主規制を突破したパンチラ&胸チラ画像

 

今もっともダレノガレ明美の情報で話題となっているのは、フジテレビで6月26日にオンエアされた「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画「全落オーガスタで落とし穴」のキャプチャー(画像)だ。

ダレノガレ明美は「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画「全落オーガスタで落とし穴」に出演すると、同企画で2回も落とされるハメに。

その1回目に落ちた際にパンチラ、2回目は胸チラが見られるとネット上で話題となった。

それでは、ダレノガレ明美のパンチラ&胸チラ画像をご覧いただこう。

 

画像:ダレノガレ明美 「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画「全落オーガスタで落とし穴」パンチラ編

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

番組内で説明があったように、これはパンチラと表現すべきではないかも。

パンチラを想定して準備していた形なので、世の男性が喜ぶようなシーンからはかけ離れている。(生なパンチラだった場合はおそらく自主規制されているはず)

続いては自主規制になってもおかしくない胸チラ画像を。

 

画像:ダレノガレ明美 「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画「全落オーガスタで落とし穴」胸チラ編

no title

no title

no title

no title

no title

胸チラに見えなくもないがはたして・・・。

いずれにしても際どいことに間違いはないので、自主規制にならなかったのが不思議。

そもそもとんねるずの番組も視聴率低下が進んでいるので、このような自主規制ギリギリなシーンを見せないと数字が取れない状態なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。