ファンキー加藤、W不倫で“嫌いな歌手”へ転落…相手はアンタッチャブル柴田の元妻

funkykato

かつてヒット曲を飛ばし続けた「ファンキーモンキーベイビーズ」の元メンバー・ファンキー加藤が不倫をしていたことが明らかになった。

が、ファンキー加藤の不倫は単なる不倫ではない。

以前に女性問題で干されたと噂になったお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣の元妻との“W不倫”だったのである。

ファンキー加藤は不倫について認め謝罪したが、アンタッチャブル柴田の元妻に新たな命が宿っており、「生まれてくる子供のことをしっかり考えて、向き合って行きたいと思います」と認知する方向だ。

そこで今回は不倫騒動で自身のイメージを落としたファンキー加藤についてまとめた。

ファンキー加藤、アンタッチャブル柴田の元嫁とW不倫…

ファンキー加藤のプロフィール

no title

ファンキー加藤(ファンキーかとう、本名:加藤 俊介(かとう しゅんすけ)、1978年12月18日 – )は、日本の歌手、俳優。男性音楽グループ元FUNKY MONKEY BABYSのボーカルで、リーダーを務めていた。既婚。東京都八王子市出身。身長175cm。血液型はA型。愛称は「ファンキー」「加藤さん」など。

人物
小学校の児童会選挙で児童会長に当選し、『大沢川太郎』なるカッパのマスコットキャラを生んだ。

小学校高学年の頃にプロレスにハマりプロレス団体に入団を希望したが、身長が足りないとの理由で断られた。

BOØWYの大ファンであり中学から高校時代にBOØWY のコピーバンド「エンペラー」を結成しボーカルを担当した。

1997年にスチャダラパーの影響を受け音楽活動開始、当時はラッパーとして活動していた。

八王子の実家には「ファンモン部屋」という部屋を設け、全国のファンから送られてきた手紙やプレゼントを飾っている。

引用: Wikipedia

 

Focus 1: ファンキー加藤、W不倫を認め謝罪へ

ファンキー加藤、アンタッチャブル柴田の元妻と“W不倫”で謝罪へ

きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の 元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に対応。一連の報道を認め、神妙な面持ちで謝罪した。

現場には報道の真偽を問おうと、大勢の報道陣が集結。午前11時頃、レコーディングを終え、隣接した駐車場内で取材に応じた加藤は、多くのフラッシュを浴びながら深々と一礼し「記事に書かれていることは事実です」と認めた。

続けて「こんな自分をそれでも支えてくれる妻と家族、そして柴田さん、本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます」と話し「ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンの皆様にご心配をおかけしました。そして裏切ってしまったことを心からお詫びさせて頂きます」と再び頭を下げた。

同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。

また、報道通り、生まれてくる子どもの認知と、養育費を払うことを明かし「このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子供のことをしっかりと考えて、向き合っていきたいと思います」と加藤。

「生まれてくる子どもに罪はない」といい、唇をぎゅっとかんだ。

画像: アンタッチャブル柴田の元妻と不倫していたファンキー加藤

2072943_201606070215429001465278127c.jpg

ソース: Yahoo!ニュース

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: 柴田の離婚原因は紛れもなくファンキー加藤

アンタッチャブル柴田、離婚原因はファンキー加藤だった

ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)のリーダーとして4年連続で紅白に出場し、グループ解散後はソロで活躍しているファンキー加藤。

そんな加藤は’13年にファンモンのマネージャーと結婚し、’15年2月には長男が誕生したばかり。しかし今回、『週刊女性』の取材では加藤が’14年末に知り合ったというアンタッチャブル柴田英嗣の妻・Aさん(当時)とW不倫をしていたことがわかった。







それが原因となって、柴田はAさんと’15年5月に離婚。その4か月後にあたる’15年9月にはAさんの妊娠が発覚した。この6月中に産まれるという新しい生命は、柴田とのではなく、加藤とのあいだにできた子どもだったのである。

6月初旬のとある夜、仕事が終わって車で帰路につく柴田に現在の心境を聞いた。

話しかけると、戸惑いながらも応対する。

「あ、ちょっと待ってください。今、車止めるので……」

テレビに映る姿とは違い、神妙な様子だ。

――奥さまのAさんとはすでに離婚されていると聞きましたが、事実ですか?

「はい。もろもろありまして……。でも、子どもがいるから、別に世間さまに言うことでもないかなぁって思って言わなかったんですけどね」

――離婚の原因は?

「奥さんが、もう……ちゃんと先方さんとお付き合いしたい、という形で。……妻からそういうことを言われてって感じですね」

こちらが事情を知っていることを察したようだが、慎重な言葉遣いで直接的な表現を避けた。言ってみれば“被害者”の立場だが、怒りや悲しみといった感情は見せない。

「まぁ持っていかれたって感じになっちゃうけど……(苦笑)。そういうふうに書いてほしくないというか。まぁ、俺は奥さんをかばいたいから。奥さん的には実際にホントに、好きな人ができてしまったから、離れましょう、というけじめだったので。もう、それはふたりの話だから……」

月日がたち、気持ちの整理がついたのかもしれない。バラエティー番組でうんちくを披露するときのように、客観的な目線で話す。そうすることで、自分の感情があふれ出てしまわないようにしているのだろうか。

――Aさんは今、ファンキー加藤さんとのお子さんを妊娠されてますよね?

「はい」

加藤の名を出すと、返ってきたのは短い返事だけだった。事実を受け止め、余計な感情や感想は口に出さない。

――出産にお立ち会いになる予定はありますか?

「立ち会いはない……とは思うけど、でも生まれたら身体が心配だし、奥さんの。まぁ見に行くかな。興味本位みたいになっちゃうけど(苦笑)」

Aさんのことを“奥さん”と呼んだ。籍は抜けたものの、長年連れ添ったパートナーであることには変わりはない。

――加藤さんとは、ご友人関係だったと思いますが、いまのお気持ちは?

「それは人の恋愛ですから……、ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな……と」

最後まで、感情を高ぶらせることなくクールさを保つ。取材を終えたとき、柴田は気遣わしげに言葉を発した。

「これってどんな感じの記事になるんですかね? 単純に、奥さんと離婚した。理由としてそれ(Aさんと加藤の浮気)だってことで、奥さんはちゃんとした区切りをつけようとしたってことだけ、ちゃんと書いていただければありがたいですね。子どももあることだから、そこだけかばいたいので……」

画像: 今回のW不倫の構図

no title

ソース:Yahoo!ニュース

これまでにアンタッチャブル柴田には“女性問題”がつきまとい、芸能界への完全復帰はおろか、お笑いコンビ「アンタッチャブル」として復活することもできなかった。

無論、現状もアンタッチャブル柴田は完全復帰できたとは言えない状況だろう。

が、この度のファンキー加藤とアンタッチャブル柴田の元妻との不倫が、柴田の離婚原因だったことが明らかになった。

つまり、柴田はファンキー加藤と元妻が交際していたことを知りながらも、それをメディアに告げずに大人のコメントを残したのである。(元妻の不倫相手がファンキー加藤ということもあって無言を貫いていたのかもしれない)

柴田自身も女性トラブルで問題となっていたが、今回の件における対応は見事としか言い様がない。

無論、ファンキー加藤サイドから不倫における情報を他言しないように圧力をかけられていたとも考えられるが・・・。

 

Focus 3: 好感度はどこへやら…ファンキー加藤嫌いが急増中

 

no title

アンタッチャブル柴田の元妻との不倫によって、大きく自身のイメージを落としたファンキー加藤。

これまではそれなり好感度を持っていたファンキー加藤だが、今回の不倫によって化けの皮が剥がれたと言っても過言ではないだろう。

どこまでもクリーンなイメージで、直球な歌詞、表裏がない人間として知られていたが、実際はアンタッチャブル柴田の元妻と不倫していたのだから・・・。

ネット上では不倫が明らかになったファンキー加藤に対し、「がっかり」「最低」「よく始球式出れたな」「問題アリな人間だったわけか」「嫌いになった」など、マイナスな声が続出。

ファンキー加藤は瞬く間に“嫌いな歌手”へと変貌してしまった。

今後もネット上で叩かれることは必至で、鳴かず飛ばずのソロ活動も限界と言っていいだろう。

もはや今回のW不倫に関しては事務所としてもかばいきれないはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。