リア・ディゾン復活!週プレ画像で披露された現在の姿に衝撃走る・・・

「ポイしないで」以来、予想どおり消えてしまったタレントのリア・ディゾンを覚えているだろうか?

リア・ディゾンといえば「グラビア界の黒船」としてアメリカから来日すると、瞬く間に日本の男性を魅了。その後、バラエティ活動はもちろんのこと、グラビア活動も精力的に行っていた。

そんなリア・ディゾンは現在何をしているのか・・・?

と思った矢先、『週プレ』最新号で2006年当時とほぼ大差のないスタイルで、約8年ぶりにグラビア画像を披露した。

ということで今回は復活したリア・ディゾンの週プレ画像などをまとめる。

現在もキレイ!リア・ディゾンの週プレ画像まとめ

リア・ディゾンのプロフィール

no title

リア・ドナ・ディゾン(Leah Donna Dizon, 1986年9月24日 – )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身の外国人タレント、歌手、レースクイーン、グラマーモデル(米国在住時)。一女の母。

人物・性格
父は中国系フィリピン人、母はフランス系アメリカ人。六人兄弟の次女であり、兄が二人、姉が一人、弟が二人いる。

英文とローマ字表記の日本語が混ざった文章を、翻訳を介し自ブログにて披露。2008年現在、日本語の文法を勉強中。また幼少時は父親の母国語であるタガログ語を学習、ほとんど忘れかけているが少々のリスニングは出来る。

2006年の来日直後、最初に住んだ街が祖師谷だったことから、インタビュー等で「日本で好きな場所は?」という類の質問を受けると「祖師谷」と回答する。来日から間もない頃のグラビア撮影は祖師ヶ谷大蔵駅すぐ傍の路上だったこともある。来日から1ヶ月は仕事も多くなく暇だったため、気持ちが淋しくならないように近隣の商店街や砧公園を闊歩し、帰りにゲームセンターばかり行っていた。世田谷区の成人式式典にも一般人として参加していた。

貪欲さに欠けて内向的であるため、自ら率先して人間関係を築くことや初対面の人間との意思疎通が非常に不得手で苦手としており、周囲が知らない人ばかりだとそのまま黙してしまう。自身はこのことを「社交不安障害では」と自己分析している。しかし人前で歌ったり踊ったりする分には何ら臆することもなく問題もないと語る。

左利きである。

引用:Wikipedia


Focus 1: リア・ディゾン、8年ぶりに「週プレ」でグラビア画像を披露

リア・ディゾン、8年ぶり『週プレ』表紙登場 変わらぬ美貌で記念号に花添える

no title

タレントのリア・ディゾン(30)が、10月31日発売の『週刊プレイボーイ』46号(集英社)の表紙に登場。日本のグラビア界を席巻した2006年当時と変わらぬ美貌とスタイルで、約8年ぶりに同誌の表紙を飾った。

『プレイボーイ』の創刊50周年記念月間の第5弾となる本号では、同誌がこれまでに撮影してきた数々の「スクープ・グラビア」を一挙掲載。そのスクープ特大号の表紙モデルとして、“グラビア界の黒船”としてアメリカから来日し、日本中の男性から支持を集めたリア・ディゾンに白羽の矢が立った。

担当編集者はリアの表紙抜てきについて、「週プレの過去の『スクープ』の中で、リア・ディゾンさんの存在は大きく、かつまだ『現役』であることから起用させていただきました」と説明。また「ビジュアルが当時とほとんど変わっていなかった」ことも、大きな要因に挙げている。

久しぶりのグラビア撮影に挑んだリアの様子についても「最初はカンを取り戻すまでポーズなどで苦労していたが、すぐに慣れていました」と明かし、「見た目が変わらないので、現役バリバリだったころにタイムスリップしたような感覚になりました。本人も久しぶりのグラビア撮影にとても喜んでいました」と撮影現場の様子を振り返った。

リアのグラビアは袋とじで掲載される。同誌にはそのほか、フリーアナウンサーの伊東紗冶子(いとうさやこ)、モデルの松岡李那、プロスノーボーダーの岩垂かれん選手も登場。スポーツキャスターの浅田舞が2015年に発売した1st写真集『舞』の未公開カットも掲載される。

ソース:Yahoo!ニュース


Focus 2: 約8年ぶり!復活したリア・ディゾンの週プレ画像まとめ

 

おそらくほとんどの男性がリア・ディゾンの存在を忘れていたに違いない。

そして、現在になってリア・ディゾンがここ日本でグラビア復帰することなど予想だにしなかったことだろう。しかし、リア・ディゾンは確実にここ日本で復活の狼煙をあげた。

昔と現在ではどの辺が変化しているのか、様々な想像をしそうになるが、意外にも現在のリア・ディゾンはまったく変わっていなかった。そう、あの当時のままのリア・ディゾンのグラビア画像を堪能できてしまうのである。

それでは復活を遂げたリア・ディゾンの週プレ画像を。







 

画像: リア・ディゾン 週プレグラビア「あの日、あの時、リア・ディゾン」

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

当然ながら若干劣化した印象はある。

が、あの当時と現在を比較した場合、現在のリア・ディゾンは十分に合格点を与えることのレベルと言っていい。

忘れてはいけいないのはリア・ディゾンは出産を経験し、現在は1女の母だということ。それでいてこのスタイルはお見事としか言いようがないのでは?


 

Focus 3: 実は消えてから3年後にも週プレでグラビア画像を披露していた・・・

 

約8年ぶりのグラビア画像と聞くと、どことなく貴重かつ価値のある“復活”に思えるが、実は消えてから3年後にも週プレでグラビア画像を披露していたリア・ディゾン・・・。

何というか・・・あちらでの活動がいっぱいいっぱいになると来日して、またあの当時のように稼げればというニオイがプンプンしてくる。

現在のグラビア画像は前述したとおり合格点だったが、消えてから3年後に週プレで披露されたグラビア画像はどうったのか。

あらためてその週プレ画像を。

 

画像: リア・ディゾン 週プレグラビア「one more time」

no title

no title

no title

no title

no title

no title

消えてから3年後のグラビア画像ということで、ピーク時のリア・ディゾンと比べても大差なし。

それにしても週プレはリア・ディゾンに優しいご様子。
今後も何かあればバックアップしていくのだろうか・・・?

■関連商品

リア・ディゾン写真集「Petite Amie」
週刊プレイボーイ特別編集
集英社
売り上げランキング: 13,075
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。