不倫常習の郷ひろみ、知られざる“衝撃的な夜遊び”と側近の存在

不倫常習者と呼ばれる芸能人は数え切れないほど存在するわけだが、特にブラックな噂が拡散しているのが歌手の郷ひろみだ。

結婚してから間もなく不倫報道があがった郷ひろみだが、それも頷いてしまう背景があった。

この度、当サイトに郷ひろみの夜遊びにおける有力情報が寄せられたので、情報提供者の情報をもとに郷ひろみの知られざる衝撃的な夜遊びの実情と、それを実現させる側近の存在に迫る。

その前にまずは郷ひろみの不倫報道をチェックしていただきたい。

郷ひろみ、夜遊びは日常茶飯事か?

先日のG20では、「エコノミーポリシー・オブ・ジャパン(日本の経済政策)」が話題となり、ここから先1カ月は「侍ジャパン」で日本は大盛りあがりすることは間違いない中、「ミスター・ジャパン!」のこの人に不倫疑惑が噴出。文春が、郷ひろみの愛人ネタをスクープしている。

郷といえば、1970年代から今日まで、常に第一線で活躍。よわい57歳ながら、若々しい表情と鍛えられた身体で、歌って踊れる「永遠のアイドル」ぶりを発揮している。私生活でもアグレッシブで、昨年3月には24歳年下の女性と3度目の結婚。先月には、帝国ホテルで400人を集め披露宴を開いたばかり。しかし、二谷友里恵との一度目の結婚時、披露宴のテレビ中継の視聴率が47%を超えたのに比べて、今回はかなりの地味っぷり。これには、二谷と離婚後もトラブルを起こし、2度目の結婚では、富豪の娘と結婚して逆玉に乗ったものの、5年弱で離婚していることなども影響しているのか。郷の人気とイメージは、確実に低下していることを感じさせてきたが……そんな新婚の郷に、今回は不倫騒動が勃発した。

文春によると、現在の奥さんと婚約中に、郷と肉体関係を持ったという女性の知人が告白している。女性と郷は、2011年の夏頃に、モデルなどが参加した合コンで出会い、メル友になったという。その後、昨年2月に、女性は郷から誘われ、お台場にある会員制ホテルで食事をし、そのまま体の関係を持つに至った。数週間後にも、六本木の高級賃貸マンションで再び関係を持ったとのこと。女性の知人は「けっきょく、自分がやりたいときにだけ呼ぶ」「“セフレ”だってもう少しまともに扱ってもらえますよ」と、郷のこの女性に対する態度を厳しく非難している。

また、女性の知人は、郷の鍛えられた身体について「上半身はすごく鍛えられているのに、下半身はあまり筋肉がついておらず、おじいちゃんのようだったそう」と、キツイ一言も。それでも、若い女性をはべらせられる肉体と甲斐性を持っている郷はすごい! と、羨ましがる世の中年男性は多いのではないだろうか。

ちなみに、文春の記事では「不倫関係にあった」と書かれているが、この時期、郷は現在の妻と正式に結婚していたわけではないので、この表現が適当かは不明。もちろん、モラル的に十分問題があることは間違いない。

ところで、郷といえば、芸能マスコミに絶大なる影響を誇り、“芸能界のタブー”ともいわれる、大手芸能事務所の看板タレント。AKB48のスキャンダルにも次々と切り込むタブーなき文春は、この大手芸能事務所にも勇ましくケンカを売ったようだ。

だが一説によると、郷は近年、この事務所から独立を考えているため、両者の関係は微妙とも。そのため、普段なら所属タレントのスキャンダルの火消しには躍起になるこの大手芸能事務所は、今回の郷の火遊びの“消火活動”はあえて怠ったと見るのは考えすぎだろうか。

ソース:ビジネスジャーナル 

#1: 管理人

郷ひろみの不倫は今に始まったことではない。

当サイトInfo-catcherの読者から寄せられた情報によると、
郷ひろみの不倫と言うよりも夜遊び(女遊び)は日常茶飯事であり、あるコネを使って毎晩のように美女を選んでは性接待を楽しんでいるという。
では、郷ひろみはいかにして夜の性接待を実現させているのか。

ご提供頂いた情報をもとにその詳細を公開させていただく。

#2: 情報提供

郷ひろみが夜な夜な楽しむ“性接待”の実情

郷ひろみの“夜の顔”は性欲に満ちた獣と表現するにふさわしい。彼に美女を紹介しているのメンバーは次のとおりだ。

主犯=オムニベント増○
参謀=オムニベント増○の愛人N子
参謀=小○マネージャー(大滝○子の旦那)
助太刀=村○ツアーマネージャー(9月更迭)
元主犯=ソニー高○取締役

彼らこそ、郷ひろみに一般女性を斡旋しているグループであり、過去にも噂があったように一般女性を集め会食し、その場で郷ひろみがお好みの女性を選ぶのだという。そこから同グループメンバーが女性と交渉。選ばれた殆どの女性はホテルの部屋に行ってから初めて郷ひろみと話をするとのこと。

現場で行われる行為についてはご想像にお任せするが、ことが終わると女性は3~5をもらい、宿泊時は10もらえるシステム。さらに郷ひろみに女性を紹介したグループメンバーにも御礼が渡されるようだ。

なお、郷ひろみが行っている同行為はかれこれ15年ほど前から継続しているという。一時期、活動を休止した郷ひろみだが、その当時もファンクラブ限定出稼ぎライブに来ては一般女性を抱いていたようだ。

ご覧のように郷ひろみの性欲と依存度は異常。あの年齢で若さを維持し続けている理由は同行為あってのことなのかもしれない。また、彼に体を許してしまう一般女性の数が多いことにも驚きを隠せない。

情報提供者: noriko氏







#3:情報提供

名古屋の某プロなら誰もが知る郷ひろみの夜遊び

引き続き、郷ひろみの夜遊びにおける情報を公開する。

前述した夜な夜な行われる郷ひろみの夜遊びは、われわれ一般層が知りえない情報と言える。しかし、名古屋のプロモーション「サンデー○ォーク」社員であれば、誰もが知ってる行為のようだ。

郷ひろみに女性を紹介する主犯の増○Pは、元サンデー○ォーク社員を愛人に持つ。この愛人はかつて柳葉敏郎のマネージャーでありながら愛人だった女性。これもまた業界では有名な話だという。

なお、名古屋で行われる郷ひろみの夜遊びはヒルトンが現場となるようで、性接待をした女性は名古屋に多く存在しているという。これは錦のクラブでは有名な話であり、郷ひろみが行っている夜遊びの信ぴょう性は限りなく高いといえよう。

また、郷ひろみは打ち上げで好みの女性を選ぶと、交渉は前述したようにグループメンバーが担当。主に増○P、もしくはその愛人のN子が行うとのこと。その間、郷ひろみはホテルの一室で準備を済ませ、用意が整うと部屋に来るよう指示。女性がドアを開けると、バスローブ姿の郷ひろみが待っているようだ。

情報提供者: noriko氏

#4: 管理人
以上が郷ひろみが行っている夜遊びの現状。これは郷ひろみだけに限ったことではないかもしれないが、
このような性接待が行われているかと思うと反吐が出る。何かとブラックな噂が絶えない郷ひろみだが、
どうやら性欲をコントロールすることが不可能なようだ。もはや不倫を通り越し、性欲のままに生きている印象。果たして彼の性欲はいつまで継続するのだろうか。

#5:情報提供

郷ひろみの夜遊びにおける追記

気になるのは郷ひろみの夜遊びの“内容”だ。これについても情報提供者がその詳細を投稿してくれた。

情報によると、郷ひろみに呼ばれた女性は「お酒の口移し」からスタートさせられるという。しかし、彼は女性へのサービスは一切行わず、終始自分の欲望を満たすためだけの行為のみ。結局のところ、セックスをするわけだが、郷ひろみの定番は「四つん這いで舐めさせる」こと。

人それぞれ性癖や欲求は異なるが、これらの情報を聞くと気持ち悪さを感じずにはいられない。なお、噂では郷ひろみのイチモツは大きいと有名になっているが、実際は粗チンだと有名のようだ。

情報提供者: noriko氏

#6:管理人

郷ひろみの結婚・離婚歴

1987年6月
女優(当時)の二谷友里恵(※現在は家庭教師の「トライグループ」 代表取締役社長)と結婚。2女をもうけたが、1998年に離婚。

二谷友里恵

no title


2000年
著名投資家・ 大根田勝美氏の娘・名美さんと結婚も、2005年に離婚。

大根田名美
no title


2012年3月
元中日ドラゴンズ・徳武定祐氏の娘で、元タレントの徳武利奈さんと入籍し、 同年10月にハワイで挙式した。

徳武利奈

no title

#7: 情報

2013年に週刊文春に報道された郷ひろみの“不倫記事”
昨年、56歳で3度目の結婚をし、今年1月に披露宴を行ったばかりの郷ひろみ(57)が、不倫デートをしている現場を、週刊文春が撮影した。相手は長身のモデル風女性。その後の取材で、この女性と郷は現在の妻と婚約中から“不倫”関係にあったことが判明した。

女性の知人によれば、初めて郷と出会ったのは一昨年の夏頃。モデルなどが参加した合コンの席だったという。

昨年2月中旬、郷に誘われ、女性はお台場にある会員制ホテルに呼び出された。部屋に入ると郷は白いガウンを羽織って待っていた。二人の関係は郷の婚約後も続いたという。

小誌が女性を直撃すると、郷との関係は認めたが、「彼とはもう二度と会うことはありません」と話した。

郷の所属事務所に女性との関係について尋ねたが、締め切りまでに回答はなかった。

引用:週刊文春WEB

#8: 管理人

週刊文春が報道した記事内容と、提供された情報を照らし合わせればその答えは明らかだ。間違いなく郷ひろみの夜遊びは日常茶飯事なのだろう。郷ひろみはこれまでに3度の結婚をしているが、夜遊びや不倫なしの生活は不可能といった印象を受ける。常に女性を抱いていないと、仕事に精を出せないといったところか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。