他殺濃厚…AV女優・桃井望の変死事件の真相【殺人】

今となっても摩訶不思議な事件として語られているAV・桃井望の変死事件。

いわゆる未解決事件のひとつとして有名であるが、明らかに殺人事件だとわかっていても警察は最後までその証拠を掴むことができなかった。

桃井望の変死事件には様々な憶測が飛び交っているものの真相は謎のままである。

そこで今回は不審な点が多々見つかっている同事件の真相をまとめた。

見えない真相!桃井望の変死は殺人事件(他殺)で間違いないが…

他殺(殺人)か?AV女優・桃井望変死事件の真相は謎のまま…

2002年10月12日夜、長野県塩尻市広丘郷原の奈良井川河川敷にて、乗用車が炎上しているとの通報があり、消防の出動などにより間もなく鎮火したものの、灯油をかけて燃やされた車内外から男女の遺体が発見され、このうち女性の方が桃井望である事が判明した。

焼損の激しさ及び消火活動によって現場近くが踏み荒らされ、検証は困難であったが、彼女の死因が数か所におよぶ刺傷によるものであった事から、警察では現在も男性による無理心中・殺人の両面から捜査している。心中とすると下記の点が矛盾する。

  • 靴が自宅に残されていた (2人とも裸足だった)
  • 自宅のPCの電源が入っていたままであった
  • 運転者及び自動車の所有者の男性 (桃井は自動車運転免許を持っていなかった)が後部座席で発見された事
  • 男性は車内、女性は車外で発見された
  • 2人とも事件以降の日に知人と会う約束をしている
  • 灯油を撒いて着火したにも関わらず、灯油を入れたと思われる容器が発見されなかった
  • 2人とも煙をほとんど吸い込んでおらず、焼死の可能性が低い事
  • 男性は事件の数か月前に80万円を貸しているが、借用書に記された名前の人物は存在しない
  • 桃井の身体にあった刺し傷をつけたと思われる包丁が、男性の左手に握られていた事 (この男性は右利き)

また、長野県警察が最初に事件を「無理心中」と判断し、男性の遺族にその旨を告げていた事が遺族の発言によって明らかになった。

同年11月、男性の両親は「無理心中は考えられない」として被疑者不詳のまま殺人罪で告訴し、翌年1月に受理された。同年4月には男性の友人が中心となって集めた、殺人事件としての捜査を求める約1万人分の署名が、長野県知事に手渡されている。県警に捜査本部設置を求める行政訴訟は、却下された。

男性が契約していた保険会社は「支払い責任開始から2年以内の自殺 (心中)だから支払い義務はない」と保険金支払いを拒否したので、男性の両親は「何者かに殺害された」として2003年12月に民事訴訟を起こし、保険会社に支払いを求めていた。2007年1月23日、長野地方裁判所飯田支部は「周囲の状況から見て、複数犯であれば殺害可能であり、第三者による他殺」と認定し、保険金の支払いを命じた。

民事裁判にて「他殺」と認定されたかたちである。民事裁判では刑事裁判にくらべて事実認定は非常にゆるやかであり、刑事裁判の方が厳密とされるが、本件では警察の処分とは明確に異なる無理心中から他殺という判断がされている。

画像:変死を遂げたAV女優の桃井望

no title

引用:Wikipedia

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1434686953/

2: 名無しさん@おーぷん
まじで桃井望の事件は真相がつかめない。
事件前に電話もあるらしいし
3: 名無しさん@おーぷん
まあ、殺人事件だと思うんだけどな・・・
数時間前に電話あったのはホントだよ

発見される数時間前に電話

 桃井は小学生のころ、長野県伊那市に引っ越し、高校まで地元で過ごし、東京都内のアパートで一人暮らしをしていた。
 
 「東京の短大に進学後、栄養士を目指し専門学校に移り、平成12年ごろからAV界入りした。彼女は男性と同じ高校の1年下で、顔見知りだった。今年に入って再会、男性の方は当時付き合っていた彼女と別れ、(桃井さんと)本格的な交際を始めたばかりだったのに…」(知人)

 司法解剖で桃井のわき腹や背中に刺し傷が四ヵ所発見された。車内では包丁も発見。警察の捜査は無理心中のほうに傾いていった。つまり酒井が桃井を刺殺した後に、彼女の遺体に灯油をかけて火をつけ、自分も灯油をかぶって後追い焼身自殺をしたというのだ。

 地元記者がこう説明する。
 
「酒井さんはバンドをやっていたのですが、焼死体で発見される数時間前に友人に電話をかけ、ライブの誘いをしているんです。友人達の話でも、彼の様子は普段と変わらずに陽気だったと言います。桃井さんとの交際もうまくいってたらしく、死亡当日に二人で撮影した仲睦まじい写真が発見されています。

 無理心中を決行するには、あまりに突飛な感を否めませんね。また、遺体で発見されたとき桃井さんは素足だったこと、車のカギだけが酒井さんのキーホルダーから外されていたことなども不自然ですね」

 桃井は、「仕事で金銭的な問題を抱えていたみたい」「亡くなった会社員とは別の男性と交際し、トラブルがあったようだ」といった話が囁かれるようになった。捜査関係者によるとその交際中の男性には当日のアリバイがあったという。

ソース:サメ石

4: 名無しさん@おーぷん
普通にヤクザに殺されただけでしょ
何の不思議もないけどね。

だから殺人事件、他殺だと思う

5: 名無しさん@おーぷん
そもそも、桃井望は引退するかどうかで揉めてたらしい。
だから他殺だと思うんだよな

普通に変死事件じゃなくて殺人事件でしょこれ?
刺し傷だって見つかってるわけだし

6: 名無しさん@おーぷん
引退するかどうかで揉めてたのはマジらしいな
もうこの時点で殺人事件確定だと思うんだが・・・ 

引退を考えていた桃井望

AV業界に詳しいライターT氏は噂と前置きしたうえで次のようなことを語った。

「あれは絶対に他殺。業界関係者ならだれもがそう思っているはずです。一部では一緒に亡くなった男性に原因があり、桃井さんはその巻き添えを食らったみたいな報道もありましたが、本当はその逆のような気がするんです。ホラ、この世界って裏はいろいろありますし」

事実、恋人の酒井宏樹さんはマルチ商法に手を出し、多額の借金を背負っていたことが発覚。しかし、警察の事情聴取での結果はシロだったという。

「さすがに誰が犯人かまではわかりません。ただ、彼女のラインで考えられるものは個人的な恨みや仕事上のトラブル、もしくは熱狂的なストーカーによる犯行か。 僕自身、2番目(仕事上のトラブル)と3番目の噂(ストーカー)は聞いたことがあります」

桃井望の仕事上のトラブルに関する噂とは、彼女のバックで”何者か”が暗躍。
無理やり仕事を強要していたのではないかというもの。

「彼女、出演本数が異常に多いんです。その数は1年半で200本以上になり、1週間に約3本は撮影している計算。他にもユニットを組みアイドル適な活動をしていたし、グラビアの仕事もこなしていたはず。どこか仕事は選ばずっていうカンジは受けました」

単体女優のギャラは1本100万円は下らない。つまり桃井望は約2億円近くのギャラを手にしていた計算になる。その金はいったいどこにいったのか。自分の名前で勝負できる単体女優は、企画女優たちとはAV嬢としてのステイタスが違う。それでも桃井は企画モノに多数出演していた。なかには通常の単体女優ならNGの飲尿やスカトロなどのハードな作品にも出演している。

2006年当時、企画女優でありながら都内で風俗嬢をしているHちゃんは、かつて桃井と現場で一緒になった経験を持つ。あいさつ程度の会話しか交わさなかったが、大変疲れているような印象を受けたとのこと。

「事故の1年くらい前かな。笑顔がとても素敵だったけど、ときどきボーッと遠くを眺めているような表情をしていたんです。仕事が忙しいのか、あまり寝ていなそうに見えました」

桃井望は事故以前、恋人との交際を続けれために引退を考えていたとも言われる。AV嬢の引退する際にトラブル等は起こらないのか、続けてHちゃんに聞いた。

「あるある。売れっ子なら会社は当然辞めてほしくないから説得するだろうし、会社が納得しても今度はヒモが許さない。大事な金づるを失うのは死活問題だからね。私の友達にもビデオの仕事辞めるって彼氏(ヒモ)に言ったら、『辞めるのは許さない!』って暴力振るわれたコがいるんです。この手のトラブルはAVや風俗の世界じゃ珍しくないんですよ」

桃井は周囲の関係者と、AVをやめるやめないでもめていたという。本人自体はアイドル志望でもないので、minxをあまりやりたがっていなかった。10月15日からminxのメンバー8人でAV大作の撮影に入り、18日にはライブイベントをやる予定だった。

事件直前、渡辺さんは「撮影やりたくない」とゴネて、トラブルになっていたという。

引用:サメ石 

7: 名無しさん@おーぷん
もう他殺でしょこれ。。
なんでこれが未解決事件になっちまうんだ?

警察が無能なのか?
それとも警察でも関与できない裏組織の犯行なのか??

8: 名無しさん@おーぷん
いや、警察も無理心中ではなく殺人事件として調べてたんだよ。
それなのに事件の真相は謎のままっていうオチ。
9: 名無しさん@おーぷん
>>8
確かに警察は殺人事件(他殺)で追ってたみたいだな。

桃井望は無理心中ではなく“他殺”

警察は、「無理心中と他殺の両方で捜査を進めている」というのが公式見解。他殺の場合は、消した後にガソリンを撒き、車ごと燃やしての証拠隠滅を図ったと、推測できるだろう。無理心中にみせかけた偽装工作の疑いが強い。AV女優の過去の事件では、元AV女優・里中まりあが暴力団にラブホテルで顔面を拳銃で撃たれて殺害された例がある(1999年3月22日)。

但し、桃井の事件では、警察が捜査本部を設置しているようにも思えず、本格的に他殺の線で捜査をしているとは思えなかった。

亡くなった男性の遺族の長谷川洋二弁護士は10月21日、無理心中ではなく殺されたとして、被疑者不詳の殺人罪で告訴する方針を明らかにした。他殺の理由として、男性が亡くなる直前まで友人とメールのやり取りをしていたことや、現場にあった包丁や灯油が入ったポリタンクの入手経路が不明な点をあげている。

他にも、いろいろなおかしな点がわかっている。

 ・運転者及び自動車の所有者の酒井(桃井は自動車運転免許を持っていなかった)が後部座席で発見された事。
 ・2人とも事件以降の日に知人と会う約束をしている。
 ・自宅のPCの電源が入っていたままであった
 ・灯油を 撒いて着火したにも関わらず、灯油を入れたと思われる容器が発見されなかった。
 ・2人とも煙をほとんど吸い込んでおらず、焼死の可能性が低い。
 ・酒井は事件の数ヶ月前に80万円を貸しているが、借用書に記された名前の人物は存在しない。

などが疑問としてあげられてる。
この、男性が80万円を貸している相手というのが、何かうさんくさくサメには感じられるのだが……。

「多額の借金を背負っていた」と報道された酒井が、なぜお金を貸したのか?2002年5月ごろ、近所の知人男性A氏からマルチ商法を持ちかけられ、金策に走り約80万円集めている。また、友人らも聞き覚えのない名前の男性に、酒井さんが4月末に80万円貸し、事件前の9月末に全額返済される旨が書かれた書類も見つかっているとのこと。

ある地元関係者によると、酒井さんはA氏の仕事を手伝うなどし、パチンコを教わるなどA氏やその仲間とつるんでいたという。そのうち、長野県内在住の1人が事件のあったころ、忽然と姿を消していた。

一方塩尻警察署は、あらゆる可能性を考慮して捜査しているとだけコメントしている。

亡くなった酒井の両親は「2人の無理心中は考えられない」として、また長谷川洋二弁護士は塩尻警察署に2人が無理心中に至る見解などを聞く質問状を提出した。長谷川弁護士が塩尻署を訪れ、質問状の回答を尋ねた。警察の回答は「無理心中とする根拠は捜査中のため答えられない」という。







翌年の2003年4月、遺族らが殺人事件としての捜査を求める1万人分の署名を田中知事に手渡している。

引用:サメ石

11: 名無しさん@おーぷん
>>9
殺人事件ってことはわかりきってるのに
謎だらけなんだよな色々と・・・こりゃ未解決事件になってもおかしくはないと思う


10: 名無しさん@おーぷん
桃井望を殺したのは酒井ってやつじゃじゃないの?
12: 名無しさん@おーぷん
普通に考えたらそうなんだけど
またややこしい事件なのよこれ

捜査に落ち度はない

一方、塩尻署の調べでは、現場から発見された包丁と同じ形のものを、酒井さんらしい 男性が市内の店で買ったとの情報があり、確認を急いでいる。また、事件現場からは、死亡した2人以外の足跡やタイヤ跡は発見されていないという。

またこの事件をめぐっては、酒井の遺族が長野県警に捜査本部の設置を求める裁判も起こしていて、県警側は「捜査に落ち度はない」として争う姿勢を示していた。

しかしこの訴えは却下された。

判決理由で辻裁判長は「捜査本部の設置は、警察内部の捜査手法の一つで、公権力の行使とはいえず、抗告訴訟の対象とならない」とした。

2007年に事態は変わる。

酒井さんの遺族が、自殺として保険金を支払わない保険会社を相手取って、2003年12月に民事訴訟を起こした。男性が契約していた保険会社は「支払い責任開始から2年以内の自殺(心中)だから支払い義務はない」と保険金支払いを拒否したので、男性の両親は「何者かに殺害された」として、保険会社に支払いを求めていた。

その判決が2007年の1月23日い長野地裁飯田支部であった。

裁判長は状況証拠を精査した結果、「第三者である何者かに殺害されたと考えるのが自然。他殺であると認められる」と結論づけた。この判決は県議会でも取り上げられ、警察は捜査態勢の見直しを迫られた。

素人が見ても、あきらかに他殺と思える事件。警察が、何も情報を掴んでいないとは考えられない。とすると、これはわかっていても未解決とするしかない何らかの内部事情があったのか?

現在に至るも事件の全貌は明らかになっていない。

引用:サメ石 

16: 名無しさん@おーぷん
>>12
俺もこのソースに同意。
桃井望の事件の真相は絶対に警察が手出しできない存在による犯行だと思う

じゃなきゃどう考えてもおかしいよこの事件

13: 名無しさん@おーぷん
誰がどう見たって殺人事件なのに
警察が未解決とせざるを得なかったわけか
14: 名無しさん@おーぷん
>>13
そういうこと。
桃井望事件の真相は今後も語られることはないわ
15: 竜◆CYrvU9cCbE
実はとんでもない組織による犯行か・・・。
まあ、どうかはわからんけど
17: 名無しさん@おーぷん
二人は薬関連で殺されたって噂もあるけどな
18: 名無しさん@おーぷん
どっちみち裏のヤバイ組織なんだろう。
おそらく警察と繋がってんじゃないか?
19: 名無しさん@おーぷん
>>18
陰謀説を想像するのはよくないが
桃井望の事件に関しては強力な組織による犯行しか思いつかん

真相を知りたいが
知ったら間違いなく殺されるだろうな

20: 名無しさん@おーぷん
俺、この桃井望の事件起こった近くに住んでるんだよ・・・
マジで今でもその現場いけないわ
23: 名無しさん@おーぷん
>>20
心霊現象とかは報告されてないか?
殺され方が無残なだけに漂ってそうだが
21: 名無しさん@おーぷん
マジで真相がわからん事件だな・・・
そりゃ今となっても注目されるわ
22: 名無しさん@おーぷん
何か隣人のM氏って奴が怪しいらしいぞ?
24: 名無しさん@おーぷん
>>22

事件の重要なカギを握る酒井さんの隣人M氏

事件から5年後、部屋から発見された「謎のメモ」について新たな事実が明らかになっている。ある酒井さんの親族の情報によると、例のメモ書きは酒井さんのアパートの隣の部屋に住んでいた人物の筆跡と一致すると警察が言っていたそうだ。

酒井さんの隣人は現在、40代前半の男性でM氏という。当時4人家族だったM氏は酒井さんと親しくしていて、お互いの家を行き来するほどだった。そしてM氏はインターネットを使ったネットワークビジネスにも酒井さんを誘った事があり、どうやらそこでトラブルがあったという。

事件のわずか10日前に酒井さんとお金をめぐってもめていたというM氏。そして事件から4年後、M氏から酒井さんの親族の元に1通の手紙が届く。その内容は非常に不可解なものだったという。

「13日に警察署に私が伺い、警察が私にしか分からない事を聞き全てを終わりにしたいと言ったそうですが、彼の事で言いたくないようなことも全て話してありますし、私自身も全てを話してあるのに、今になって私にしか分からない事がある、それを質疑応答することで終わりにするという事にも納得がいきません」(M氏 の手紙)。

M氏はさらに事件を混乱させる不可解な行動を取っていた事がわかる。事件当日のアリバイ偽装をしていたのだという。

「そうですね、事細かく言われましたね、7時だか8時だかに帰ってきたことにして、9時ごろに一緒に店に行った事にしてくれと言われて、途中なんだっけなー、 財布だか何だか忘れて俺は1回帰ったことにしてそれで後で落ち合ったことにしてくれと言ってましたね」(M氏の知人)。

M 氏は友人に嘘の証言を頼み当日のアリバイを作った。この知人が実際にM氏と店で会った時刻は午後10時半すぎなので、警察が酒井さんの車が出火した時刻と している午後8時20分時点でのM氏のアリバイは不明だ。加えて印象的で不審な点があったと、知人はこの日M氏について語る。

「服装が朝は白のポロシャツに白いカーディガンだったが夜会った時は緑のTシャツに変わっていた」

さらにM氏と事件後に同居していたという人物ともコンタクトが取れた。M氏は事件についてある告白をされていたという。

「どうしても話しておきたいことがある『事件のことで警察から容疑者扱いされている。15年ぐらいは身を隠せばもう安心だからとも言っていた』といっていた。アリバイはあるが身内の証言なので立証できないと」(同居していた人物)

M氏はこの元同居人に多額の借金を背負わせると行方をくらましてしまった。借金の大半を占めているのが、やはり中古車がらみの売買によるものらしいのだ。M 氏の周辺で浮上する中古車売買を巡る証言の数々、亡くなった酒井さんとの不気味な関係、警察は事件の重要なカギを握る存在としてM氏の行方を追っていた。

「(警察は)これだけ逃げているから容疑者としての扱いをしなくてはいけない、でも証拠が無いから公開捜査できない、だから私の方から被害届を出してくれと言われて、私の被害届は補助的なものでどうしてもその件で本人を確保できない時に、私の方を名目にして身柄を確保すると…」(同上)

M氏が身を隠す本当の理由とは何か。ある情報を元にM氏の行方を追った。そしてついに彼とコンタクトを取る事ができた。

引用: TOKYO OUTRAGE 

25: 名無しさん@おーぷん
さらにこのM氏って逃げてんだろ?
間違いなくこいつが事件の犯人だろ

M氏のアリバイ偽装と逃亡生活

頑なに取材を拒んでいたM氏だったが、自らの言い分を主張することを理由にこれまでの疑念について語り始めた。事件当日、M氏は朝から松本市のパチンコ店に行き、午後1時ごろから移動して長野市内の風俗店に行ったという。9時半ころには塩尻の自宅に戻ったが、M氏は当時結婚していたので、風俗店に行った事が 妻にばれるのを恐れてアリバイ偽装をしたと主張している。

これだけの理由で現在まで偽名を使ってまで逃げるように生活をしなければならないのかは疑問が残る。さらに亡くなった酒井さんとのサイドビジネスについてM氏は意外な証言をした。謎のメモについてM氏は自ら書いたことを告白し上で、中古車をめぐるサイドビジネスについてM氏は「酒井君は関わりがなかった」と 完全に否定。

しかし、多くの友人・知人が中古車販売のサイドビジネスについての仕事内容を酒井さん本人の口から聞いている。車の売買で収入があった話のみならず、インターネットを使ったサイドビジネスにも関わって結局はたち切れになってしまった話も出た。酒井さんがそのような嘘をつく理由は今のところ想像できない。

金銭のトラブルなどなかったとM氏は主張したが、この仕事をM氏や酒井さんと共に行う予定だった人物は当時の状況について次のように語っている。

「酒井君は、最初は信頼している隣のお兄ちゃんと呼んでいた。でもだんだん信用できない様子に変わっていった。」

M氏の主張は数々の証言とあまりに食い違う。そこにどのような思惑があるのかは本人にしかわからない。

「わかることがあれば当然取り調べで僕から話していると思うし、僕からこれ以上、話すことはない」

事件の発生から12年経った今も謎は散らかったままで全貌はいまだに見えてこない。それどころか新事実が発覚するたびに謎は深まっていく。このまま風化してしまう前に警察には解決をしてもらいたい。それが友人や遺族、何よりも亡くなった二人の願いだろう。

引用:TOKYO OUTRAGE

26: 名無しさん@おーぷん
つうか犯人Mってやつだろ?
こいつが相当ヤバイ人物だったってことか
29: 名無しさん@おーぷん
>>26
確かにM氏が犯人なのかもしれない。
が、証拠がまったくないから逮捕にも至らないわけで
31: 名無しさん@おーぷん
>>29
もうこりゃ迷宮入りだわ
わけがわからん
28: 名無しさん@おーぷん
桃井望好きだったのにな・・・
マジで事件の真相が明かされる日は来るんだろうか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。