伝説人気グラドルたちの“初水着”グラビア画像詰め合わせ【お宝】

現在、数え切れない程のグラドル(グラビアアイドル)が存在するわけだが、その中で“伝説”と呼ばれるまでの人気を獲得したタレントはほんのひと握りだ。

単純に巨乳なだけでは人気者になれないし、容姿がよかったり、キャラクターがいいだけでも人気者になることはできない。総合的な魅力を持ってはじめて人気を勝ち取ることができるわけだが、今回はそんな伝説と呼べる人気グラドルの“初水着(グラビア)画像”に注目。

週刊誌「FLASH」が30周年記念特別企画として、「伝説のグラドル42人 門外不出の初登場水着はこれだっ」というグラビアを掲載したので、それらをもとに伝説の人気グラドルたちの初々しい水着グラビア画像を紹介する。

伝説の人気グラドルたちの“初水着”グラビア画像まとめ

グラドルとは

no title

グラビアアイドルとは、雑誌(特に男性向け週刊誌や漫画雑誌)のグラビア、写真集、イメージビデオ(DVD)などに主に水着姿で出演をし、自身のセクシーさやかわいらしさを表現する女性アイドル・タレントの総称である。名前を略してグラドルとも呼ばれる。

グラビアアイドルの特徴
グラビアアイドルの主な活動の場は、雑誌グラビアページやポスターなどであり、特に青年誌・ヤング誌などといった男性向け雑誌では、グラビアの被写体次第でも売れ行きが左右されるなど、非常に重要なファクターとなっている。そのような成立経緯から、セクシャルな想像を掻き立てる表現ができること、即ちセックスアピールという観点において優れていることなどが絶対的な条件であり大きな特徴である。

水着グラビアは当初アグネス・ラムなど、抜群のプロポーションを野持つ外国人モデルがその役を担っていた時代もあったが、後に日本人女性のプロポーションが欧米女性のそれへと近付いていくに連れて日本人のグラビアモデルが多くなり、そのほとんどが10代〜30代までの日本人女性で賄われている。そういったグラビア誌専門のモデルを務める若い女性たちをグラビアアイドルと呼び、かつて日本の芸能界で主流であったアイドル歌手に代わる存在として世の男性に認知されるに至った。

前述の通り、グラビアページは男性向け雑誌への掲載を中心としており、「グラビアアイドル」は女性が一般的であるが、多様化するニーズに応える形で、女性向けの男性グラビアモデルも僅かではあるが登場し始めている。

引用:Wikipedia 


Focus 1: 伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像 #1

 

no title

特に「細川ふみえ」と「かとうれいこ」は伝説の人気グラドルと言っても過言ではないが、堀江しのぶこそ人気グラドルというジャンルを確立した貴重なタレントだったに違いない。

また、CCガールズも過激派のグラドルグループとして一世を風靡。安西ひろこは一時期若者のファッションリーダーにまで上り詰め、当時人気絶頂だった浜崎あゆみと人気を二分するほどだった。

この紹介画像のなかでもっとも淋しく映るのは断然、矢部美穂になるのだが彼女はグラドルというよりもタレントとして人気者になったひとりである。そういった意味では貴重は水着画像というべきか。


 

Focus 2: 伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像 #2

 

no title

今となっては女優というイメージの雛形あきこも、デビューは若手巨乳グラドルとしてだった。その後、人気タレントのひとりとなり、マルチに活躍するようになる。巨乳で言えば、ミニスカポリスでお馴染みの大原かおりも同様。雛形ほどの活躍はできなかったものの、数多くの悩殺グラビア画像で世の男性を魅了した。

また、同じくミニスカポリスで人気となったさとう珠緒も、数々のグラビア画像で世の男性を虜にし、過去にこっそり披露していたヘアヌード画像は今でも話題だ。







山田まりやと吉井怜においてはデビュー当時はかなり注目された人気巨乳グラドルだったものの、その後は病気やプライベート問題によって早熟だった印象がある。

木内あきらはご存知、「ギルガメ」の司会で人気になったグラドルのひとりだ。


 

Focus 3: 伝説の人気グラドル 初水着グラドル画像 #3

 

no title

この画像で紹介されている人気グラドルは比較的その後が悲惨なタレントばかりだ・・・。

酒井若菜はロリ&巨乳で大人気グラドルとして活躍したものの、その後は不倫騒動やメンヘラ疑惑によって人間そのものが変わり果てた印象を受ける。次いで熊切あさ美もラブリンこと片岡愛之助とのドロドロ劇で悲惨な目にあい、藤崎奈々子においてはスタートダッシュは成功したものの2000年以降は完全にテレビから姿を消してしまった。

コアなファンからの人気を獲得したグラドルでいえば、岡元あつこと川村亜紀と言っていいだろう。しかし、人気グラドルのなかでは後手になることが多く、トップグラドルとは呼べないポジションだった記憶がある。

宮地真緒に関してはグラドルというよりも女優であるが、脱いだらスゴイということでそれなりの人気は獲得したはず。とはいえ、グラドルという括りにいれていいのか謎だ。


 

Focus 4: 伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像 #4

 

no title

同画像で紹介されている人気グラドルたちは現在も活躍しているタレントが多い。

インリンは過激派グラドルとして人気を博したものの、スタートダッシュのみで次第に消えていった印象。小林恵美は現在も志村けんの番組に出演するなど、地道に活動を継続している。

根本はるみはイエローキャブが誇る爆乳グラドルとして人気を勝ち取ったが、その後は下降線をたどる。しかし、現在もピーク時ほどではないものの地道に芸能活動を継続中だ。

熊田曜子に限ってはデビュー当時から注目され、現在もママタレントとして話題を集めるタレントのひとりとなった。さらに母親になってもグラビア画像を掲載するなど、未だにグラドルとして貪欲な姿勢をみせている。


 

Focus 5: 伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像 #5

 

no title

同画像に掲載されている人気グラドルはみなスタートダッシュに成功し、ピークを迎えるまではメディアから重宝されたタレントたちと言っても過言ではない。

マルチタレントとして人気になった安田美沙子、ちょっとした騒動で話題になった矢吹春奈、ヌード映画が話題となった岩佐真悠子、同じく過激な映画が話題になった山崎真美、現在もCMなどでコツコツ活動中の山本梓。

彼女たちの初水着画像を振り返ってみると、それぞれ個性あふれるキャラクターであったし、グラドルそのものが革命期に入ったことを意味していたのかと思わせてくれる。


 

Focus 6: 伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像 #6

 

no title

この時期のグラドルを見れば、巨乳だけが注目されるわけではない時期にシフトしたことがよくわかる。

事実、吉木りさは巨乳ではないものの過激な画像で話題になったグラドルであるし、小池里奈においては妹的な雰囲気が時代とマッチして人気になったタレントである。

これまでのグラドルの典型を行っているのが、杉本杏璃、川村ゆきえ、杉本有美といえよう。

 

参考元:「伝説のグラドル42人 門外不出の初登場水着はこれだっ」/ FLASH 2016 11.8号


以上、伝説の人気グラドル 初水着グラビア画像特集を終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。