俳優・榎木孝明、不食で体重9キロ減「不思議ですが一度も空腹感はない」

俳優の榎木孝明が30日間の“不食生活”を実践していることがわかった。

榎木孝明によると、不食生活は18日に終了するようでこれまでに体重を9キロ落とすことに成功したという。普通に考えれば不食など体に大きなダメージを与える悪い行為と思ってしまうが、検査をしても異常はまったく見られないとのこと。

おまけに榎木孝明は「不思議ですが一度も空腹感はない」「スタミナが増しました」「集中力が増した」など、不食の効果を絶賛しているようだ。

榎木孝明、不食生活で体重9キロ減「食文化を否定しません」

俳優・榎木孝明、30日間「不食」生活中!摂取水だけ

俳優の榎木孝明(59)が、5月20日から続けてきた30日間の「不食」を18日に終える。
15日夜、インタビューに応じた榎木に、今回の思い切った行動を起こすきっかけや、体に及ぼしたさまざまな変化を聞いた。

修行僧のような姿ではなかった。榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。
「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。

不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。摂取は水のみ。血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。

飽食時代。04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。短期間の「不食」を何度も経験してきた。

「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。さまざまな変化が起きた。

「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

即“食レポ” 榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。

「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待っているそうだ。
(内野 小百美)

◆榎木 孝明(えのき・たかあき)1956年1月5日、鹿児島県生まれ。59歳。武蔵野美術大を経て劇団四季に入り、81年「オンディーヌ」主演。83年四季退団。主な主演作に84年NHK連続テレビ小説「ロマンス」、90年映画「天と地と」、フジ系「浅見光彦シリーズ」など。7月スタートの日テレ系「花咲舞が黙ってない2」 (水曜・後10時)に出演する。2男1女の父。特技は乗馬、武術全般、絵画。身長180センチ。

◆不食、絶食、断食とは いずれも「食物を体内に入れない」という点では共通しているが、「絶食」は主に医療行為やダイエットなど、なんらかの目的のための行為を、「断食」は主に宗教的な行為に対して呼ぶことが一般的。食欲と闘わずして食べない行為が「不食」と位置づけられている。

画像: 不食生活ですがすがしい表情を見せる榎木孝明

20150617-OHT1I50019-L

20150617-OHT1I50020-L

スポーツ報知

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434514984/

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

>>1
不食したらそりゃ体重減るだろ・・・

というよりも画像がまったくすがすがしい感じには見えない
頬がコケ、生気が無い

176: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>1
腐食は2日間やった経験あり。 階段を下りると、惰性(慣性)でフラフラして
止まったり曲がったりするのに難儀してヨロヨロして、通勤客にぶつかりそうに
なって、「まずいな・・・」と思った。 二度とやらんと決心。24年前だがw。
2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
そもそも不食ってカラダにいいのか?
榎木孝明の画像を見た限りではそうは思えんが・・・
3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

徐々に注目されてはいるようだけど
体にいいかどうかは結論出てないっぽいぞ。

 

え、6年間も水飲んでない? 「不食」は本当に人を健康にするのか

消費税が8パーセントに引き上げられてから8カ月が過ぎる。政府はほかの部分で帳尻を合わせているから10パーセントにしても全然平気! と目論んでいるようだが、貧民である我々は、スーパーやコンビニへ行くたびにジワジワと押し寄せてくる「消費税率引き上げ」の恐怖に布団をかぶって身悶えながら、「1食抜いたら食費浮くかな」と地味な節約に取り組むことくらいでしか太刀打ちできない。こんなに働いているのにお上から摂取されているようにしか感じられない日本の、何が『美しい国へ』だよ、と不満を口にしたところで、現状は変わらないのである。

そこで、ふと思い立ったのが「不食」である。2011年に世界人口が70億人に達し、地球上の8割の国では食料が不足しているという今、家族連れが多いファミレスで、ジャージ姿の独女がひとり、仕事のストレスからヤケ食いに勤しんでいる場合ではないのだ。食への執着さえ断つことができれば、使える時間は倍増するし、食費も光熱費もまるまる浮く。「チーズバーガーが食べたい…」なんていう、しょうもない煩悩のせいで、仕事を中断してまで夜中1時にファストフードに駆け込むこともないのである。

要するに食べないで済むのならいいのだ。でも、人一倍食べるのが好きな自分が、どうやって…?

かつてテレビで水すら飲まずにいる人がインドにいると話題になったことがあったが、なんと、ここ日本でも不食を実践している人たちがいるという。『食べない人たち 「不食」が人を健康にする』(マキノ出版)は、6年間も水を飲んでいない弁護士と、18年間1日青汁1杯の鍼灸師、不食の人体実験に挑んだ思想家による不食の実態が描かれているドキュメンタリーだ。1日3食、少なくとも30品目は食べるように、と学んできた身にとっては、本当に理解できないことなのだが、ここに登場する人たちは、皆「不食」を実践するようになってから、今までで一番健康になり、不治の病が治ってピンピンし、食べないことが快感になったなどと朗らかに言っているのである。

同書に登場する不食研究所代表の山田鷹夫氏によると、断食と不食は正反対の立場にあるという。その質的な違いは、実行している人の意識の違いだ。断食には「人は食べなければならない」「食べなければ生きられない」という考えが根本にあり、食べないことはたいへんなことで、それゆえに修行となりうる。一方、不食は「人は食べなくても生きられる」という考え方で行い、食べなくても生きられると考える人が食べないようにすることには、本質的に努力がいらないという。

その証拠というべきか、同書に出てくる3人は、実に自然に「不食」になっている。彼らに多大な影響を与えているオーストラリア人のジャスムヒーン氏と、大阪・八尾で医院を開いていた故甲田光雄氏は、いずれも「無理せず、徐々に不食に」がモットーのようだ。最初は間食を抜き、次に3食食べていたのを2食、1食と減らしていき、すると、いつのまにか、むしろ食べてない時のほうが体調がよくなっていた、というのである。

さらに、目に見えるものを何も口にしていないから何も食べていないわけではなく、プラーナ(大気中のエネルギー=「気」と呼ばれるもの)を食べている、と主張するのが弁護士で医学博士の秋山佳胤氏だ。もともと気功法から不食の世界に入っていった秋山氏は、プラーナをとって生きており、食物も水もまったくいらない体になっているのだそう。実際、同氏は山で遭難したことがあるのだが、その時、すでに不食を実践していたがために、むしろ森林の中で都会にいるときよりよいプラーナを食べて元気になったと主張する。

狐につままれたような読後感は否めないが、その一方で、「飢えのおおもとは愛の欠乏感。食べ物への執着が薄れていくと、物事への執着も薄れていき、愛に気がつくようになる」「不食の実験をしているというと人は笑うか、今の日本は巨大な胃袋と化していて、そんな日本の現状のほうが私以上におかしいのではないか」など、鋭く真髄をつくメッセージが散りばめられているのも事実だ。

西洋医学の医師や栄養士が読んだら、「とんでもない!」とさぞかし憤りを感じることだろう。少なからず、過激なダイエットに手を出してしまうようなティーンには安易に同書を手にすることはおすすめできない。しかしながら、世の中にはまだまだ科学では解明できないことがあるのだと、すこぶる驚かされた。

文=山葵夕子

ソース:ダ・ヴィンチNEWS

 

4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
不食って人によるんじゃね?
ちょっとでも体悪いとハイリスクな気がするけど
6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

不食は非常に興味有る

そもそも大人は食う必要が有るのか?
食わないと体調が良くなるのは確かだね

341: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

>>6
犬を育ててるとわかるが
子犬の頃だと大量に餌をやるが
体ができあがってから成犬になるとむしろ餌を大量に必要としなくなる
運動量が増えてるのにな

人間の場合子供の頃より大人になってから食べるから異常をきたすのかもね







7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
それは何となくわかるけど
しっかりと不食の安全性がわかるまでは実践できないな
9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
申し訳ないが、榎木孝明は精神異常だと思う
どう考えたって不食なんて体に悪いだろ
interview
500: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>9
だね。精神疾患・精神異常だよ。
607: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>9
榎木孝明は気功やっちゃったり
なんかそういうのに感化されやすい人だよね
13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
前、バラエティで20年間何も食ってないっていうおっさんを
取材して隠しカメラ仕掛けといたらその日の夕食から
いきなりカレー食ってて爆笑したことがある
20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
短期断食は体に良いらしいけどね
>>13
世の中には嘘をついて注目を集めたい人がそれなりにいるからね
466: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>13
世の中には光合成出来る体質の人もいるんだよマジで


25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
俺もたまに数日ほど不食やるが、30日間で9キロしか減らないはずがないし、生きてるはずもない。
絶対に何か食ってる。
55: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>25
9キロってのは少ないよな。15キロは減ると思うが・・・
あと、体力気力が衰えて、動くことが出来なくなりそう。
断食もいいけど、いきなりはやめたほうがいい。
徐々に徐々に減らしていき、普段は粗食で週末御馳走にしたら心身ともに良くなりそう。
529: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>25
点滴とか?
26: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
これ不食っていうよりも
榎木孝明がおかしな宗教にハマってんじゃないのか?
e0187763_16393066
31: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
私は1日絶食しただけで、翌日貧血でめまいとしびれで動けなくなった
生理があって貧血になりやすい女性は絶食は向かない
33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
目が死んでるじゃんか榎木孝明
さすがに腐食はあわないと思うが
34: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

単純に不食は体内に蓄積されているものを消費してるんだよ。
脳内も確実にダメージ受けてるぞ。

榎木孝明はまったくすがすがく見えない

42: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
これある意味病気だよね
しかももう治らない
46: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
ためして合点でプチ断食は体に良いとかやってたが1日で十分だったな
69: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>46
医者には「やめろ」と言われたがな。活動に見合った食事、それだけ。
みんな食べ過ぎなんだよ。
58: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
不食を実践して餓死したスイス人女性がいるんだよなあ
榎木孝明もヤバイと思うが
359: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

>>58

 

不食を実践し、太陽光のみで生きようとしたスイス人女性が餓死

先進国で飽食が叫ばれる中で日本でも断食ダイエットが流行りましたが、それを究極まで推し進めた「不食」の実践の中でスイス人の女性が餓死という痛ましい事態にまで至ってしまいました。

食べ物は人間の体をつくる重要な要素で、不足しても過剰でも問題になります。先進国では高カロリーの食事や偏った栄養摂取から長いこと生活習慣病に悩む人が絶えず、日本でも脂肪を効率良く燃焼させると報道された食品があっという間に売り切れ、トクホのコーラが発売されるなど、多くの人にとって健康は大きな関心です。

最近はオーガニックな食材やベジタリアンフードが注目されたり断食をダイエットに組み込むなど、食べることそのものの質や量を見直す動きもクローズアップされてます。ですが、その最も極端な方法とも言える「不食」を実践していた女性が餓死という結末を迎えてしまいました。

亡くなったのはスイス人のアンナ・ガットさん。50代初頭に「In the Beginning There was Light」という、ドキュメンタリー映画を見て太陽光のみで生きるという考え方を知りました。その映画では62歳の人智学者ミッシェル・ワーナー氏と83歳のインド人ヨガ行者プララッド・ジャニ氏を主に紹介。彼らはブレスアリアニズム(人間には食物や水は必要ではなく、プラーナや日光のみで生きられる)という考え方からスピリチュアルな実践を重ね、食物の代わりに太陽光から栄養を得て生きていると主張していました。

また、アンナさんはオーストラリア人の女性、エレン・グレーブ氏の出版したブレスアリアニズムの書籍を読んでおり、その本に書かれているとおりに実践を開始。最初の一週間は食べ物も飲み物も完全に絶ち、唾さえも吐き出していたとのこと。そして次の二週間は飲み物は摂取しましたが固形の食べ物は一切口にしませんでした。

この時点で彼女が目に見えて衰弱したため、アンナさんの子供たちが心配して止めようとしましたが、アンナさんは体調が著しく悪化したら実践を中止すると約束。ですが、2011年の冬のある日、彼女は電話に出なくなり、駆けつけたところ既に死亡。検死の結果は明らかに餓死だったといいます。

なお、このエレン・グレーブ氏に関しては、彼女の主催する長期の断食セミナーで死者も出るなどして2005年の時点で既に問題になっています。

JAMS オーストラリアニュース 光を食べるカルト集団、教祖はオーストラリア人女性

西洋の医者の多くは不食は自殺行為だと考えています。摂食障害のスペシャリストであるイギリスのディー・ドーソン博士は「不食の実践者は精神的な問題を抱えていると言わざるを得ない。彼らは食べなければ餓死するということを完全に認識しているのだ。」と言いますが、プラーナや光で生きられると信じている人々は、この実践で命を落とすとしたら全くの不注意が原因でしかあり得ないと考えています。

ただし、断食は世界中の様々な宗教で実践され続けている行のひとつ。日本でも流行に取り入れられる程の認知度を誇ります。例えばインドではヨガの修行の一環として断食も行われており、聖者と呼ばれるクラスの実践者の中には(真偽はともかく)何年も何も食べずに生きているとされている人もいます。

先に紹介したインドのプララッド・ジャニ氏も70年に渡って不食を貫いており、科学者による実験でも主張が認められるなど、ものを食べない、もしくはほとんど食べないことに関しては健康の面からも、精神的な面からもまだまだ研究の余地がありそうです。

ただし、極端な主張を真に受け、これまでの生活や自分の体調に無頓着なままでこうした実践に取り組むのは今回のような事故のもとになってしまいます。長年の修行の末に「不食」にたどり着くのと、素人が思いつきでやってみようとするのでは天と地ほどの違いがあります。「健康のためなら死んでもいい」という言葉もありますが、どんなやり方にせよ無理せず安全に取り入れていきたいところです。

ソース:BUZZAP

 

374: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>58
榎木孝明も同じ道をたどりそうだ・・・
本気で不食なんてやったら死ぬ
66: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
不食で即身仏への道
78: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
榎木孝明はインド僧みたいだよな。
いつか細木数子の番組で何言われても媚びずに堂々としてた。
細木が焦って脅かしてたけど「そうですか」としか言わず
逆に見透かされたみたいな境地になった細木の目がつりあがってたw
473: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>78
武道やってる方だからなー。
射すが。
97: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
不食の可能性がどうであれ
栄養断つってことは筋力が絶望的に落ちるはずだがな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。