塩地美澄がフライデーで魅せた“手ぶら”画像【Gカップ】

Gカップの巨乳を武器にグラビアに挑戦したフリーアナウンサー・塩地美澄が話題を集めている。

塩地美澄は元秋田朝日放送のアナウンサーだったが、自慢のGカップをグラビア画像で惜しみなく披露し、世の中の男性を魅了。

そして、極小ビキニからなる初の写真集「みすみ」を発売を控えた今、フライデーで過激な“手ぶら画像”を披露した。

そこで今回はフリーアナウンサー・塩地美澄のフライデー手ぶら画像と、写真集情報をご紹介する。

フライデーで過激な“手ぶら画像”を披露した塩地美澄

ついに自慢のGカップで世の中の男性を魅了している塩地美澄の最新画像が公開された。

なんと今回は今までのグラビア画像よりも過激な“手ぶら画像”を披露。

フライデーの最新グラビアではもちろんその手ぶら画像がもっとも注目を集めたのだが、それ以外の画像も見事なまでにエロい仕上がりとなっている。

それではフライデーで披露された過激な手ぶら画像をご覧いただこう。

 

画像:フライデー 塩地美澄 手ぶらグラビア

以上がフライデーで披露された過激な手ぶら画像だ。

フライデーのグラビアでこれだけのクオリティということは、写真集「みすみ」は大いに期待できるかもしれない。

手ぶらよりももっと過激な画像が含まれることを切に願うばかりだ。

掲示板で高評価!塩地美澄、初写真集で更に過激な画像を披露

Gカップアナ・塩地美澄が写真集「みすみ」発売へ

元秋田朝日放送のフリーアナウンサー、塩地美澄(しおち・みすみ、33)が、3月15日に初写真集「みすみ」(ワニブックス)を発売する。

一昨年春まで勤めた局アナ時代は“東北ナンバーワン女子アナ”として人気を集め、1メートル65、B89W64H88の豊満ボディーを武器に昨年からグラビアに進出。写真集は昨年12月にグアムで撮影し、Gカップ巨乳がこぼれ落ちそうな極小ビキニ姿を披露している。

塩地は「“プライベート旅行中かのようなナチュラルな表情を切り取っていただいた。白ワインを飲みながらの撮影もあり、ホロ酔い気分で最大限無防備になった姿も…」とアピールした。

画像: 塩地美澄 初写真集の一部

no title

no title

no title

no title

no title

no title

ソース: サンスポ

Focus 1: 塩地美澄のプロフィール

塩地美澄のプロフィール







no title

塩地美澄(しおち みすみ、1982年6月26日 – )は、スペースクラフト所属のフリーアナウンサー。北海道札幌市出身。北海道札幌北高等学校、小樽商科大学卒。身長165cm。

出身地: 北海道札幌市
生年月日: 1982年6月26日
最終学歴: 小樽商科大学
所属事務所: スペースクラフト
職歴: 秋田朝日放送(2006年 – 2014年)

人物
明るくオープンな性格で、北海道札幌北高校時代に「ミス北高」に選ばれた。高校、大学では元北海道テレビ(HTB)の小野優子の後輩であった。

2005年、JR北海道のキャンペーンガール「ミス・ツインクル」を務める。
2006年、秋田朝日放送(AAB)に入社。
2011年1月9日放送のパネルクイズ アタック25に後藤明日香とペアを組んで出場し、北海道テレビの石沢綾子、国井美佐のペアと連合して優勝した。
2014年3月末を以って秋田朝日放送を退社し、同年8月よりスペースクラフトに所属、当時入院していた父親が危篤(のちに他界)状態になり看病する時間を作りたかったことでAAB退社を決めたという。
2016年、写真集「みすみ」を発売しグラビアアイドルに本格参戦。

引用:Wikipedia 

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: 「ちょいブス」&「Gカップ」が注目の秘訣か

no title

以前、当サイトでは塩地美澄のグラビア画像を取り上げたが、その当時からそれなりの注目はあった。が、この度の写真集は以前のグラビア画像よりも露出が多いこともあり、魅了された男性は多い印象。

その注目の秘訣はネット掲示板でよく見かけるのだが、塩地美澄が「ちょいブス」でありながら、Gカップという巨乳という“程いいバランス”が取れているからかもしれない。

美人、かわいいといったアナウンサーは数え切れないほど存在するが、お世辞にも塩地美澄は誰もが認めるほどの美人ではない。よく「ちょいブスの方が興奮する」あるいは「ヌケる」といった声を耳にするが、まさにその条件をクリアしているのが塩地美澄といえよう。

なお、過去の塩地美澄のグラビア画像をご覧になりたい方は、以下の記事をご覧いただきたい。


Focus 3: 現在と比較!アナウンサー時代の塩地美澄 画像

さて、初の写真集が期待されている塩地美澄だが、アナウンサーを担当していた頃はどのような雰囲気だったのだろう。

大抵、アナウンサーはフリーになると急に色っぽくなったり、美貌面が急激に良くなるもの。

現役時代は地味なケースが多いのだが、塩地美澄はどうなのか。
では、アナウンサー時代の塩地美澄の画像をご覧いただきたい。

画像: アナウンサー時代の塩地美澄(秋田朝日放送)

no title

no title

no title

画像で比較する限りは現在と大差はない。

が、写真集のグラビア画像を拝見するかぎりは垢抜けた印象をもてる。

当時から塩地美澄の巨乳に注目していた者からすれば、この度の初写真集の発売は感涙モノかもしれない。

逆にアナウンサー時代の塩地美澄の方がよかったという声もあるとは思うが・・・。


Focus 4: 掲示板でも高評価!期待が高まる塩地美澄の初写真集

no title

ちなみに塩地美澄の初写真集におけるネット掲示板での評価は上々。

掲示板の書き込みをまとめたところ、次のような声が多く見られた。

「ちょいブス加減がたまらん」
「これはいい」
「ちょいブサで一番ヌケるやつ」
「デリヘルなら合格」

散々な言い様も多数見られたものの、結果として“最高のオナペット”と評価する人々が多いように感じた。

やはり塩地美澄がここまで注目されている理由は「ちょいブス」で「巨乳」という点だろう。見事なまでにネット掲示板では同じような書き込みが並んでいた。

さて、期待が高まる塩地美澄の初写真集だが、現在掲載されている一部画像を超えるような画像が収録されているかどうかが人気の鍵になる。最近のグラビアアイドルの写真集はネット上に掲載されている画像が核(メイン)であるケースが多く、いざ買ってみると「がっかりした」という声も。

男性をとことん興奮させる画像が詰まりきった写真集であれば、注目だけで売れるのでなく、評価して購入する者も現れるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。