実は生きている?後藤健二に浮上する“黒い疑惑”の数々

イスラム国で殺害されたフリージャーナリストの後藤健二氏。「悲運の人」として彼を敬う人々は多いが、現時点で後藤健二にまつわる情報は非常に衝撃的なものばかりだ。

後藤健二の経歴などを探ってみると不審な点が多く、そもそも「フリージャーナリスト」とは別の存在である疑惑が浮上。さらには日本国籍ではない・政府工作員(CIAなど)・風俗店経営といった疑惑もある。

これによりネット上では後藤健二の正体と真実を探る動きが盛んになった。

おまけに後藤健二はまだ生きているという噂もあるのだが・・・。

今から紹介する情報はどれも確かな信ぴょう性はない。そのため、後藤健二氏の正体および真実を明らかにするものではないことを理解してほしい。

あくまで後藤健二の正体や真実関連の情報をまとめた記事である。

実は生きている…?後藤健二の“正体と真実”がヤバすぎる

後藤健二は生きている?シリア人男性「鉄格子越しに食事を運んだ」

image

過激派組織「イスラム国」に今年1月末までシリア北部ラッカ近郊で拘束されていたシリア人男性(45)が7日までに、殺害されたとみられる後藤健二さん (47)、湯川遥菜さん(42)と同じ施設にいたと証言、外国人房への配膳係を務め「私が鉄格子越しに食事を運んだ」と話した。滞在先のトルコ南東部シャ ンルウルファで共同通信の取材に応じた。

黒いマスクをつけたジハーディストの前にオレ ンジ色のジャンプスーツを来た2人の人質が膝まづいているビデオは、フェイク(偽造)である疑いがあると専門家が指摘している。このビデオの最新の分析で は、「グリーンスクリーン」と「フォニー・バックドロップ」を用いて屋内で撮影されたと思われると、テロリズム・リサーチとアナリシス・コンサルティム編 集主任のヴェリヤン・カンは分析している。彼女によると、2人の人質を撮影した最新のビデオは、2つの異なる方向から撮影したもので、同一の太陽を光源に するものではなく、もし屋外で自然の太陽を光源に撮影したものであれば、被写体の影は同じ方向に映されているはずだが、反対にビデオに映された影は一点に収れんしていると述べている。

「1月末まで湯川・後藤と同じ施設にいて食事を運んでいた」とするシリア人男性の証言は、ISISが投稿した映像がフェイクであるとする多くの専門家の証言を立証すると共に、「イスラム国人質事件」が、日本・イスラエル・アメリカ政府が共謀した戦争を引き起こすための自作自演の茶番劇であり、湯川・後藤は茶番劇で「人質役」を務める役者として政府に派遣された工作員であったという推測の正しさをますます明らかにする証明である。

ソース:産経ニュース(※リンク切れ)

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 

生きている可能性大?明らかになった後藤健二の“正体と真実”

以下、2ちゃんねるに投稿された後藤健二に関する意味深な書き込み。

後藤さん汚いことやりながらうまく成り上がったね

法政高校アメフト部→法政大学アメフト部→父親日立社員コネで日立子会社へ 3ヵ月で退職

恵比寿のスポーツジムで働く→1年後会員の入会金や月謝500万円使い込み(1ヶ月に30万帳簿とあわないことも)で 問い詰められるも、無言でつらぬきクビに

同時期に副業として 風俗店をやってたことが判明。スポーツジムの女の子も勧誘。羽振りがよく高級マンション&2万円のランチ&プジョー乗り回すなどしていた

その後他のスポーツジムに就職したと同僚が聞く

TBS系列の会社で経験をつみ会社設立

イスラム国なんてどうでもいいといってたのに、なにかこれがうまくいけばおいしいことになると思ったのではと同業者はコメントしている。

後藤健二の家族

前妻とは10数年前にイラク入りを反対されて離婚(中2の女の子がいる)

新学校から東大にいった現在の嫁とはまだ3年前に結婚したばかり。パリでであったという 。

海外で仕事を通じてであったのか30後半の嫁は、後藤さんが立派にみえたのかもしれない。(おそらく昔の風俗店の経営のブラック歴史は知らないと推測される)

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 
以前から後藤健二は生きているって噂あったけど、やっぱりそうなのかな?そもそも後藤健二って人間が実に胡散臭いって噂あったしな
_mg_2710-s_400x400
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 
それより後藤健二ら2名の人質は日本人じゃないという巷間の噂。
在日の子孫だとすれば、日本国籍じゃないだろう。
だったら、救助はシナ政府、韓国政府がやることで、日本政府がやることじゃなかった。
あっちの国にはクリスチャンが多いから、人質はキリスト教徒だ。
イスラム・キリスト教戦争に日本が巻き込まれたんだ。
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 
>>32

在日疑惑が囁かれる後藤健二だが、正式にいえば国籍は日本といえる。しかし、後藤健二の母親が自ら『朝鮮の馬山出身の在日の朝鮮人である』と会見で告白してるので、在日朝鮮人であった可能性は高い。







後藤とは名乗っているもののそれは通名であり、日本人女性(嫁)と結婚したことで日本に帰化した。よって正式な苗字は“城後(妻の姓)”。最近では後藤健二は母親と一緒に連日連夜、反日活動を繰り返している在日の朝鮮人という情報もある。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 
>>12
前の苦さんとイラク入り反対で離婚してるのに、今回の奥さんも離婚したかったんじゃないの?
乳飲み子おいてシリアいっちゃうとかもう明らかにね
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 

以下、週刊文春における後藤健二の実兄のコメント

「母とは20年以上音信不通でしたから、突然の記者会見に驚きました。」 知人のコメント「健二さんが再婚したことも知らなかった。三年ほど前のお母さんの誕生日に後藤さんと一緒に食事をした実兄は「健二に代わってお詫びします。応援してくれている人に感謝しています。と至極まっとうなコメント。

後藤父も実兄も奥さんも、いきなり出てきたあんなバアサンがベラベラ余計なこと喋ってはらわた煮えくり返ってるんじゃないの? ほかにもジム勤務の時「500万円もの額が帳簿と合わない、本来お店に入っているはずのお金がなく一日で30万円も勘定がちがうことがあった。後藤さんを問い詰めても無言を貫くばかりだったからやめてもらった」とか 「南麻布の高級マンションで風俗店をやっていて近隣住民から不動産屋に苦情が来た」とか・・。驚愕の事実が一杯。その時の写真も公開しましたが、それも何年ぶりなのか分からないほど疎遠な状態が続いていた」 だって。誰だよ、あんなバアサン連れてきたヤツw。

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 

後藤健二の風俗経営説はデマか?別人が無関係を強調

風俗店経営の後藤健二氏、週刊文春の記事に困惑
「私はフリージャーナリストの後藤健二氏とは無関係です」
no title

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 

 なんか後藤健二胡散臭いな
生きている可能性が浮上した時点で、なんかISISというか裏組織と繋がっている気が・・・

 

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 

 週刊文春によると、後藤健二の母親も明らかに基地外って書いてあったな。
原爆反対とか変なことを記者会見で喋ってたの事実だし。 

親子揃って気がふれてんのかもね

ref_l

 

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 
ヤバすぎる!後藤健二は“政府工作員”という疑惑

img_0現在、後藤健二関連の疑惑はいくつも浮上しているが、なかには後藤が“政府工作員”といったウワサも流れている。なんでも後藤は湯川氏をイスラム国の生贄とするべく、シリアに派遣された工作員というのが同疑惑。結局のところ、同疑惑に関しては確かな信ぴょう性が得られないため、その真実を確かめることはできない。

が、政府工作員というウワサは絶えることがなく、日本の謀略勢力における工作員、韓国の謀略機関における工作員、アメリカのCIAにおける工作員といった情報まで飛び出している。仮にこれが真実だったとしたらヤバすぎるものばかりだ。

後藤健二の真実と正体が明らかになる日はやってくるのか

n-kenji-goto-large570

このように後藤健二氏にウワサされる“真実と正体”はどれも信ぴょう性がある情報ではない。誰が言い出したかはわからないが、あくまでネット上の噂でしかないのだ。

が、唯一真実として捉えても問題なさそうな情報は、後藤健二の国籍に関連するネタかもしれない。

後藤健二氏の母は朝鮮籍であることを明らかにしているので、彼が在日だった可能性は十分にある。しかし、少なくともつい最近の後藤氏の国籍は日本だったことに間違いはない。しかし、一部情報によると後藤健二氏の母は本物ではないといった意見もあるため、怪しいのは後藤氏だけでないといえよう。

そして、もっとも問題となるのは後藤健二氏の正体関連のウワサだ。

工作員、風俗経営者といった情報が交錯しているが、これらにおける有力な情報は得られていない。

そもそも後藤健二氏が裏の人間だったとするなら、生きている可能性は十分にあるのではないだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。