市川海老蔵の“歴代彼女”のクオリティが高すぎる・・・

芸能人で“プレイボーイ”といえば、何人かのタレントが該当する。しかし、その代名詞といっても過言ではないのが、市川海老蔵ではないだろうか。

最近ではすっかりパパになってしまい、ブログ更新頻度を除いては普通になった彼。が、それは今となってのことであり、過去の海老蔵はスキャンダルが絶えなかった。

そこで今回は彼における歴代“元カノ”の面々をご紹介する。

市川海老蔵の歴代“元カノ”ラインナップ

日置明子(歌手)

hio

あまり知られていない事実だが、日置明子と市川海老蔵の間には子供がいる。だが、彼は子供は認知しており、現在も養育費を支払っている状態だ。


米倉涼子(女優)

yone

“結婚秒読み”とされていた本命のひとりだった米倉。誰もがゴールインを予想したが破局。私が思うに、この破局こそが“プレイボーイ”になった原因かと。


佐藤江梨子(女優/元グラドル)

sato

「遊ばれた」と佐藤江梨子が発言し、なんとも歯切れの悪い破局になった記憶が・・・。いずれにしても佐藤からすれば、かなり真剣だったことが伺える。


高岡早紀(女優)

takaoka







交際宣言はなく、あくまで週刊誌にデート現場をリークされただけだが、両者ともに“お遊び”に積極的であることは間違いないだろう。



宮沢りえ(女優)

miya

週刊誌がデート現場をリークしていた。ただ、なかったかのように消え去った疑惑の交際ともいえる。よって、お互いに真剣じゃなかった可能性が高いかもしれない。


河北麻友子(タレント)

kawa

市川海老蔵の自宅から出てきたところをリークされた河北。その後、進展はなかったようだが本当に交際していたのかはナゾ。魅力的な海老蔵にハマった美少女といったところか。

海老蔵の名言「数が多すぎて覚えていない」

ちょっとおもしろいエピソードがあるので、こちらも掲載しておく。

それは海老蔵が名古屋学院創立120周年記念講演で篠山紀信氏と対談したときのこと。

彼は生徒から次のように質問された。
「過去に交際した女性の人数は何人いるんですか?」

これに海老蔵はあっさりと、

「数が多すぎて覚えていません。」
と答えている。

ストレートな返しをした海老蔵もすごいが、ドがつくほどのストレートを投げた生徒もまたチャレンジャーである。さらに生徒は際どい質問を続け、海老蔵を困らせたようだ。

さて、改めて海老蔵の歴代彼女を振り返ってみると、ハイレベルすぎることがわかる。

彼には女性を惚れさせる魅力があるのか?それともテクニックが巧みなのか?こればかりはわからないが、いずれも美女ばかりという点がスゴイ・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。