昔はブサイク?!石原さとみの今現在画像と比較してわかったこと

isiharasatomi

厚い唇で世の中の男性を魅了している女優・石原さとみ。

次第にキレイになっていく石原さとみは女性にとってお手本にすべき存在と言えるかもしれない。しかし、デビュー当時から彼女を知る者からすれば、お世辞にも昔はキレイとは呼べなかった。いや、ブサイクだったといっても過言ではない。

言うまでもなく今現在は完璧な美貌をもつ女優として注目されているが、なぜ昔の画像やドラマが注目されないのか謎・・・。

ということで今回は石原さとみの昔と今を画像で比較してみた。

ブサイク説はガチ?女優・石原さとみの昔と今画像を比較してみた

石原さとみのプロフィール

918726d10a5c597eff7d936099f837991.jpg

石原さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 – )は、日本の女優。本名:非公開。東京都出身。ホリプロ所属。

人物
現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。

2005年4月から2010年4月まで、冠番組『石原さとみ SAY TO ME!』(ニッポン放送・週1回放送)のラジオパーソナリティを務めた。

役名によるものも含め、歌手業は未経験である。芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。

石原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式ウェブサイトに『さとみの大阪日記』を開設。クランクアップ後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。2012年6月18日に『さとみ日記』はアメーバブログへ移転され、『Satomi Diary』としてオフィシャルブログが開設されたが、現在は閉鎖されている。また、InstagramやFacebook、Twitterについては全てなりすましであると発表されている。

好きなアーティストはGLAYとゆず。初めて買ったCDもアルバムもコンサートもGLAY(『さとみ日記』より)

引用:Wikipedia


Focus 1: 画像で徹底比較!石原さとみの昔と今

 

それでは本題に入ろう。

今現在はキュート全開で知られる石原さとみが、昔も変わらずキュートだったのか。ブサイクだったのか。それはあなたの目で確かめて比較してほしい。

それでは昔の石原さとみ画像から。

 

画像: 昔の石原さとみ

is

 

決してブサイクと断定できるものではないし、石原さとみ本人であることは十分にわかるのだが、明らかに今現在の彼女とは違う。若さゆえの違いは納得できるのだが、どこか野暮ったさを感じずにはいられない・・・。

その理由は間違いなく“眉毛”の影響と言っていいだろう。
だが、“何かが違う”だけで今の石原さとみにはかぎりなく近いことは確かだ。

漠然と石原さとみに対して「昔はブサイクだった」と感じてしまうのは、やはり彼女が若かったことでメイクをあまり知らなかったこと、ナチュラルで売ろうとしていたことなどが挙げられるのかもしれない。

昔の画像と比較するかぎり、少なくとも整形をしている可能性は低いといっていい。

そして、今現在の石原さとみの画像を。

 

画像:今現在の石原さとみ

is

昔と今の画像を比較してみたわかったこと、それは石原さとみが全体的に痩せてメイク技術が向上した点だ。

つまり、女性としての魅力がアップしたということ。

もっとも注目すべきポイントは目かもしれない。
昔はアイメイクがほぼなかったが今現在は違う。
“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

昔の目はこのようにアイメイクがほぼない。

 

画像:昔の石原さとみ 目

is

 

現在はアイメイクに力を入れている印象だ。

 

画像:今現在の石原さとみ 目

is







 

アイメイクが変わるだけでもずいぶんと印象は違う。このアイメイクに騙される男性は少なくないはずだ…。

結果として、石原さとみが昔と比較すればキレイになったことは事実だ。それも整形なしで素材を極力生かした努力をしたことになる。

これは整形が当たり前になっているような今現在の芸能界において、もっとも評価すべき部分ではないだろうか。


 

Focus 2 : 昔は比較的体重があったもののデブではなかった石原さとみ

 

まずは石原さとみの今現在と昔における顔の変化を比較したが、次は体重の変化にフォーカスをあてたい。

では、あらためて昔の石原さとみの画像を確認してほしい。

 

画像: 石原さとみ 昔

 

023-e1425887237893.jpg

決して体重がありすぎるといった印象はないものの、体重がなさすぎるというわけでもない。パッと見の印象では「ぽっちゃり」という表現がもっとも適切といっていいだろう。

事実、ドラマ「ウォーターボーイズ」に出演していた頃の石原さとみはぽっちゃりだったような記憶がある。しかし、その後彼女は売れっ子女優の仲間入りを果たし、プロ意識が芽生えたのか容姿にもこだわるようになっていく。

 

画像: 石原さとみ ドラマ「ウォーターボーイズ」出演時

isihara.jpg

 

もはや今現在の石原さとみの画像を見れば、体重など気にかける必要もないほどだ。明らかに痩せているし、昔と比較してもぽっちゃりしている印象はない。

なお、石原さとみが体重を落とす様子は当時開設されていたブログでアップされていた模様。

そのブログではストイックにダイエットに挑戦する彼女がわかり、読者も勇気と希望をもらっていたというが・・・今となってはそれがないので確認しようがない。

いずれにしても今現在は昔とは比較にもならないほど美しくなっている。

 

画像: 石原さとみ 今現在

tumblr_ns8nkyx4UZ1s6mhrwo1_1280.jpg
tumblr_nvmj1fKwTu1qaqqspo1_500.jpg
tumblr_nq7qhcxVZ51usr84oo1_500.jpg

 

努力した物は美しいだけでなく素晴らしい。

安易に昔の画像などの情報をもとに整形と決め付けてしまうことは罪といえよう。

■関連商品

石原さとみ カレンダー 【2017年版】 17CL-0151

売り上げランキング: 22,967
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。