本性は最悪?佐々木健介に“殺人”の噂がつきまとう理由

sasakikensuke

現在、妻でタレントの北斗晶が闘病中の佐々木健介。

必死になって看病する姿、家族に対する愛、優しい人柄はもはやメディアで有名であるが、ネット上では「佐々木健介の本性はやばい」「本性隠してるよね」「殺人じみたことしてたくせに」と散々な意見が飛び交う。

事実、佐々木健介でYahoo!検索をしてみると、「殺人」といった関連キーワードが表示されるほどだ。

そこで今回は佐々木健介における「殺人」といったキーワードの関連性と、本性やその他噂についてまとめた。

佐々木健介の本性を知れば“殺人”キーワードの背景が見えてくる

佐々木健介のプロフィール

no title

佐々木健介(ささき けんすけ、1966年8月4日 – )は、日本の元プロレスラー、男性タレント、本名同じ。福岡県福岡市南区出身。東福岡高校卒業。 IWGPヘビー級王座、三冠ヘビー級王座、GHCヘビー級王座と合わせて、初のメジャー3大タイトルを戴冠する快挙を成し遂げた。 2014年2月13日、現役引退を発表し、28年のプロレス生活にピリオドを打った。 健介オフィス所属で主にタレント活動を行っている。妻は、全日本女子プロレス出身の元プロレスラーで健介オフィス代表取締役の北斗晶(佐々木久子)。

人柄・エピソード
1995年1月に新日本プロレスの当時22歳の練習生がスパーリング中に脳挫傷で事故死したのも、健介が放った危険なスープレックスによるもといわれている。2012年7月5日号の週刊文春によれば、1995年1月の新日本プロレス練習生事故死の真相ついて、当時の合同練習に参加した選手の話では、みんなでスパーリングをしている時に頭を打ったのであって、佐々木はコーチとしてその場に居たが、何度も投げたりはしていないとのことだ。

文春の取材に佐々木自身は、当時、コーチ(馳浩と佐々木健介)をしており、練習を観ていたので、管理責任がある。練習生が亡くなったことは忘れられない辛い想い出だと語ってる。警察の取り調べでも「練習中の事故」としている。

引用:Wikipedia


Focus 1: 佐々木健介に「殺人」という関連キーワードが浮上する背景

 

no title

冒頭でも説明したが、現在Yahoo!で「佐々木健介」と検索すると、なぜか「殺人」といった関連キーワードが表示される。この理由は前述のプロフィールで記述したように、過去に練習生が死亡するアクシデントが原因だと考えられる。

あくまで週刊文春は佐々木健介は関与していないとしているが、ネット上では噂が一人歩きし、佐々木健介が練習生を殺したと囁かれるまでに・・・。

そもそも佐々木健介が殺人をしたのであれば、すでに逮捕されているはずだ。(Wikipediaにも書かれているように、警察は「練習中の事故」としている)

こんな当たり前のことは誰もが納得しているものの、それでも殺人という噂は今になっても佐々木健介の関連キーワードとしてつきまとっている模様。が、殺人でないと判明しているにもかかわらず、未だ佐々木健介に悪い噂がつきまとうのは理由があったのだ・・・。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: 各プロレスラーが激白…佐々木健介の“本性”

 

まず、あなたは佐々木健介にどういったイメージを抱いているだろうか?







おそらくテレビ(タレントとしての)での佐々木健介のみを知る者からすれば、温厚でやさしくおちゃめな男性という認識を持っているはずだ。

が、プロレスに詳しく現役時代の佐々木健介を知る者からすると、佐々木健介の本性はとてもテレビとはかけ離れたものであると口をそろえる。

結論から言うと、少なくとも現役時代の佐々木健介は“鬼”のような存在で、わけもなく練習生を殴るなど評判がすこぶる悪い。

以下はプロレスラーが佐々木健介に言い放ったコメント。

菊田早苗

no title

「キツいのは知ってたけど、そこに殴りがついてくるのはおかしい!」


安田忠夫

no title

「あいつだけは絶対に許さない!」 「弱いくせに強いフリして威張ってたから皆に嫌われてた」


武藤敬司

no title

「あいつが意味もなく若手を殴るから一時期道場の雰囲気が最悪だった」


真壁刀義

no title

「絶対にどうしても許せない男が一人だけいる。自分が新弟子時代、(佐々木健介の)いびりはすごかった。 ヒザをケガしてスクワットできる状態じゃないのにやらせて。できないからって食らわして。 もう、辞めさそうとしてるとしか思えなかった。」

これらのコメントは実際に各プロレスラーが言い放ったコメントである。

プロレスはリップサービスなどの演出がありきだが、少なくともこれらのコメントにはそのような演出は微塵も感じない。つまり、真剣に佐々木健介に言い放ったコメントなのだ。

世間からは温厚なイメージが定着している佐々木健介だが、本性を知る者からすれば見たくもない人物なのかもしれない。

また、「殺人」といった関連キーワードが浮上する原因は、以上の“本性”における部分も影響している可能性がある。


 

Focus 3: 引退試合が実現しなかった佐々木健介

 

no title

プロレスラーといえば、良くも悪くも人気者であれば必ずと言っていいほど「引退試合」が開かれる。そして、多くのプロレスラーがその引退試合に参戦し、感動のフィナーレを迎えるわけだが、佐々木健介のみは違ったようだ。

事実、佐々木健介の引退試合は開かれていない。

これはあくまでネット上の噂によるものだが、佐々木健介の本性を知るレスラーが多かったこと、素直に佐々木健介が嫌われていたことが理由で、引退試合を開催することができなかった模様。

つまり、佐々木健介の本性は最悪の類であり、プロレス界における人望がなかったといえよう。

なお、これもネット上の噂であるが、妻の北斗晶も陰険な性格の持ち主のようで、現役時代は敵が多かったとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。