桃田賢斗、スナックママとのハグ&カラオケ画像から“チャラい”人間性浮き彫りに

好青年だからこそ未来を・・・

現在、闇カジノ問題でバドミントン復帰が危ぶまれている桃田賢斗。

復帰を待望する意見もあるなか、桃田賢斗のプライベートを探るとチャラい過去ばかりが浮き彫りに。

スナックママとのハグ&カラオケ画像は桃田賢斗のチャラい人間性を印象づける証拠でもあるが、果たして桃田賢斗は本当に好青年なのだろうか。

今回は桃田賢斗の知られざるプライベートにフォーカスをあてた。

反省してない…桃田賢斗、スナックハグ&カラオケ画像からチャラいプライベートが明らかに

桃田賢斗のプロフィール

img_047801d6dac9541b24bcf6916b4c2389141453

桃田賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 – )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現三豊市)出身。三豊市立吉津小学校、福島県富岡町立富岡第一中学校、福島県立富岡高等学校を卒業し、2013年4月にNTT東日本へ入社。

BWF世界ランキング最高位は2位(2016年4月7日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。男子シングルスで日本人初のBWFスーパーシリーズ優勝、同ファイナルズ優勝と世界バドミントン選手権でのメダル獲得を達成している。

人物・経歴
名前の由来はアメリカのコミック『スーパーマン』の主人公クラーク・ケントで、世界で一番強い人になるようにと名付けられた。

小学1年生の時、姉が所属していた三豊ジュニアのコーチに誘われたのをきっかけにバドミントンを始める。6年生の時に全国小学生選手権シングルスで優勝。第5回日本バドミントンジュニアグランプリで香川県チームの一員として団体優勝。

中学3年生時の2009年、全国中学校バドミントン大会で優勝。全日本ジュニア選手権でベスト4に入り、男子選手としては史上初めて中学生で全日本総合選手権の予選に出場した。

引用: Wikipedia

 

Focus 1: チャラい性格は夜の街で有名だった?!

桃田賢斗、行きつけキャバクラ女性にチャラい人間性を暴露される

no title

違法カジノ問題でリオ五輪出場が絶望となり、バドミントン協会から無期限の出場停止、所属するNTT東日本から30日の出勤停止処分を受けた桃田賢斗(27)の豪遊ぶりが明らかになった。

フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜・後1時45分)が14日、桃田が常連だったという錦糸町のキャバクラ女性スタッフの独占インタビューを放送。同スタッフは 「結構使ってまして、30~40万円じゃないですか」と証言した。

同スタッフはまた、桃田が同じビルの9階にある裏スロット店にも出入りしていたと証言。店長と連れだって飲みに来たこともあったという。

接客女性がタイプかそうでないかで態度が明らかに変わっていたという桃田。

「頻繁に来ていて、いっぱい使う時は『試合に勝った!』と言っていた」と何も隠す様子はなかったようだ。酔っ払うとキス魔になり、同スタッフも何度も迫られていたと語った。

桃田と田児賢一(26)の会見を見て「私の印象では、どうしてもオリンピックに出たいから黙っている感じ。自分が悪いと思うけど、おとなしくしている、みたいな。お店では堂々としてるんで」との感想を持ったという女性スタッフ。プライベートを知るからこそ、違った印象を抱いた様子だった。

ソース:スポーツ報知

客の個人情報を軽々と喋るキャバクラ嬢も問題アリだが、桃田賢斗が本当にチャラい人間なのかもっとも知りたがっているのは世間。







仮にこの証言が事実であるなら、桃田賢斗は日々夜の街で豪遊していたと思われる。

むしろ田児にすべてを押し付けて上手いこと逃げようとしているだけなのか?


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: チャラい人間性を物語るスナックママとのハグ&カラオケ画像

 

そもそもなぜ桃田賢斗が裏カジノで賭博を行っていたことが明るみになったのか?

それは過去に週刊新潮が報道した年上スナックママとの“ハグ&カラオケ画像”が要因だ。

まずはそのスナックママとのハグ&カラオケ画像をご覧いただこう。

 

画像: 桃田賢斗 スナックママとのハグ&カラオケ

no title

no title

このスナックママとのハグ&カラオケ画像は相当マズイものだったようで、裏社会の人間が同画像の買い取りおよび不掲載をする動きを見せたとのこと。

この連絡が桃田賢斗に入り、それを関係者に相談したところ闇カジノが発覚した。

そもそもスナックママとのハグ&カラオケ画像が流出している時点で、桃田賢斗という人間が好青年とは言い難い。もちろん誰とて酒くらいは飲むものの、遊び方がいかにも・・・。

なお、スナックママとされる年上の女性は桃田賢斗の彼女とも言われており、カラオケではオレンジレンジの楽曲を好んで歌っていたという。

また、あくまで桃田賢斗は闇カジノ店に「6回しか行っていない」と証言しているが、実際は画像に写るスナックママやキャバクラ嬢数名を連れて何度も遊びに来ていたとフライデーが報じている。


 

Focus 3: 会見は嘘だらけ?まったく反省してない桃田賢斗

 

no title

桃田賢斗は会見で「(闇カジノには)反社会的勢力の人たちはいなかったように感じた」と語っているが、闇カジノ常連客は「何人ものヤクザが常に出入りしていた」と語っている。

なお、前述したように桃田賢斗の闇カジノ問題が明るみになった原因は、スナックママとのハグ&カラオケ画像であるが、これにもっとも激怒したとされる人物が桃田賢斗と同じカジノ店の常連だった地元の暴力団組長だと言われている。

激怒した理由はいろいろと推測できるが、桃田賢斗とスナックママとのハグ&カラオケ画像が流出したことに組長は「なんてことをするんだ」と激怒したという。

つまり、裏社会でのルールすらも守れない桃田賢斗が、表社会でルールなど守れるわけがないのだ。

このような背景を知ってから改めて桃田賢斗の会見を見ると、世間は「まったく反省してない」と口を揃えること間違いなし。

そもそも桃田賢斗が明らかに裏社会へ入り浸っていることは確かだ。

この時点で彼が世間の感覚からズレていることは一目瞭然である。


 

Focus 4: 年上のスナックママに相当ハマっていた桃田賢斗

 

no title

最後に桃田賢斗とスナックママの関係性について。

これはフライデーが報じている内容だが、桃田賢斗とスナックママはもはや恋人のような親密な関係だったのだという。

なお、桃田賢斗が入れ込んでいた年上のスナックママは前述した地元の暴力団組長も目をかけていたとのこと。つまり、このスナックママの女性は裏の世界に生きる人物であったことは間違いないだろう。

ということで、もはや桃田賢斗はチャラいどころか、“生粋のバカ”と表現するのが自然。

バドミントンの実力があるだけに残念に思う部分もあるが、桃田賢斗は自ら自身を滅ぼしたのである。いや、それにすら気づいていない可能性もあるが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。