母親は水沢アキ!フランセス・スィーヒの波乱万丈な人生とは・・・

芸能界ではトラブルメーカーとして知られる女優・水沢アキだが、娘がいたことをご存知だろうか?

その娘はフランセス・スィーヒ。

以前にはフジテレビ系「テラスハウス」にも出演したことがあるため、ご存知の方は少なくないだろう。

現在、フランセス・スィーヒは画家として活躍中なのだが、母親である水沢アキの影響で波乱万丈な人生を送ってきた。

そこで今回は水沢アキを母親にもつ、画家「フランセス・スィーヒ」についてまとめた。

母親・水沢アキに苦しめられたフランセス・スィーヒの人生

フランセス・スィーヒのプロフィール

no title

名前:フランセス・スィーヒ
愛称:フランキー
生年月日:1988年5月27日(年齢:25歳)
出身地:東京都港区
職業:画家
身長:158cm
体重:46kg
趣味:写真を撮ること、料理、ホットヨガ、節約
好きな異性のタイプ:教養のある人、家族を大事にする人、タバコを吸わない人
嫌いな異性のタイプ:食べ物を粗末にする人、物を大事にしない人、モラルのない人
好きな食べ物:納豆

フジテレビ系「テラスハウス」の元メンバー。
その後、テラスハウス出演を機に恋人と結婚した。

母親は女優の水沢アキ。

 

Focus 1: 水沢アキからのDVを受けていたフランセス・スィーヒ

 

no title

テラスハウスにも出演し、その名を知らしめたフランセス・スィーヒだが、彼女の人生は波乱万丈だった。

フランセス・スィーヒの母親は水沢アキであるが、幼少期から兄・ジュリアンと共にDVを受けていたのである。

 

画像: フランセス・スィーヒと兄・ジュリアン、水沢アキ

mizusawaaki13

 

このDVが明らかになったのはTBS系「私の何がイケないの?」だった。同番組に出演した水沢アキは息子・ジュリアン、娘・フランセスにDVをしていたことを告白。

フランセス・スィーヒは母親である水沢アキからのDVに日々悩まされていたが、とうとう耐え切れなくなり、15歳のときに家出を決行しアメリカの父親(水沢アキとは離婚済)のもとへ飛び立った。

なお、フランセス・スィーヒと母親である水沢アキの関係は絶縁状態にあると言われていたが、現在はどのような関係にあるかは不明。

しかし、母親が水沢アキであることを公表し、メディア出演もしていることから、ある程度の修復はあったものと見ていいだろう。

その証拠になるかは微妙だが、このように水沢アキとのツーショット写真もアップされている。

 

画像: フランセス・スィーヒと母親・水沢アキのツーショット

no title

no title







 

なお、フランセス・スィーヒは母親である水沢アキから「殴られて、蹴られて、物で叩かれたりした」と発言している。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: フランセス・スィーヒ、「テラスハウス」初の結婚メンバーに

「テラスハウス」初の“奥さん”に直撃 フランキー、結婚の決め手&番組の影響を語る

no title

昨年9月末に放送終了したフジテレビ系『テラスハウス』の元メンバーで画家の“フランキー”ことフランセス スィーヒが先月15日に入籍。モデルプレスでは、番組出演後に結婚した初めてのメンバーである彼女を直撃した。

フランキーが結婚したお相手は、番組出演時から交際を公言していたアンドリュー・ケイン。放送時は、アンドリューもフランキーの恋人として出演しており、仕事が忙しくてなかなか2人の時間が取れないフランキーへの不満を口にしつつも、「僕は100年でも待つよ」と優しい言葉を投げかける姿などが、「素敵すぎる」と話題になっていた。

入籍日である“5月15日2015年”は「シンメトリーが好きなので数字的に 5.15.15 にしたかったんです。しかも大安だったので!」と嬉しそうなフランキー。結婚式は同19日(大安)、東京・明治神宮で挙げ、「5月19日は私の大好きな祖母の誕生日であり、今後も祖母の誕生日を祝い続けられるためにもこの日を選びました」と明かした。

ソース: モデルプレス

 

Focus 3: 注目されるフランセス・スィーヒの作品集

 

画家として活動しているフランセス・スィーヒだが、その腕前はどれほどのものなのか。

ネット上にフランセス・スィーヒの作品がいくつか掲載されていたので、それらの画像を掲載しておく。

 

画像: フランセス・スィーヒ 作品集

no title

no title

no title

なお、以下はフランセス・スィーヒが作業をしている様子。

 

動画: フランセス・スィーヒ 作業風景

非常に素晴らしいペイントアートと言った印象。

母親・水沢アキのようなトラブルメーカーにだけはならないでほしい・・・そう願うばかりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。