目撃談が後を絶たない「東日本大震災の怪現象」【特集】

higasinihondaisinsai

東日本大震災から数年経った今でも、被災地では数々の怪現象が報告されている。

このような怪現象はタブー視されていたこともあり、なかなか公の場に伝わることはなかったが最近は東日本大震災の怪現象関連の記事が増えてきた。

が、東日本大震災の怪現象は単純な幽霊話では片付けることができない。

そこには今もなお悲しむ遺族の想いが交錯しているからだ。

今回は東日本大震災の怪現象についてまとめた。

東日本大震災の怪現象から見えた“悲痛な叫び”

東日本大震災から1年、石巻で語られる「幽霊」の噂(過去ソース記事)

東日本大震災による大津波からまもなく1年。大きな悲劇を乗り越えようと懸命な宮城県石巻市で「幽霊」が出るという噂が飛び交っている。

前年3月に亡くなった人たちのさまよう霊が不幸をもたらすことを恐れて、修復工事が中断してしまったという現場がある。半分だけ修復されたスーパーマーケットを指して、あべ・さとしさん(64)は語る。「工事の人が具合悪くなったって聞いたよ。そこらへん中で死んでんだもの。そういう話は一杯あるよ」

石巻の一部では、漁港としてにぎわっていた震災前の活気を取り戻しつつある場所もある。住宅が再建され、商売が再開され、子どもたちが学校へ戻って来ている。しかし東北で犠牲となった約1万9000人のうち、およそ5分の1は石巻の住民だった。元通りになると思っている人はほとんどいない。

ささき・しんいちさんは3月11日の記憶は決して消えず、その消えることのない記憶が「亡霊」を生んでいると語る。「あの日のことはふと何度も思い出すんです。まして、どこで誰が亡くなっているか知っていれば、突然なことなんで、まだうろうろさ迷っているって思うこともあるかもね。自分は幽霊なんて信じるほうではないんだけど、こういう風に噂がでるのは分かる」

あるタクシーの運転手は、大津波ですべてが流されてしまったところには止まりたくないとAFPの取材に語った。乗り込んできた客が幽霊だったら・・・と思うからだという。石巻に住むある女性は「幽霊の列」の噂を聞いたことがある。生きていた最後の瞬間の不毛な努力をなぞるかのように、幽霊たちは丘へ向かって殺到し、津波から何度も何度も逃げようとするのだという。

カウンセラーや学者たちは、大きな災害や悲劇の後の幽霊話はいたって一般的で、社会的な「癒しのプロセス」の一形態だという。

文化人類学者の船曳建夫(Takeo Funabiki)氏は、こういった類の話が流布するのは「当然だ」と考える。 「人間は本来『死』を受け入れられないものなのです。まして突然の、異常な形での死――年をとってベッドの上で死ぬという形でない死――は昔から人間にとって最も受け入れがたい。その社会で納得できなくてたまっているものがどう表現されるかというと、噂話であったり、まつりの中で供養するなどということになります。社会的に共有できるものに変えるということがポイントです」

最愛の人を失った人々の一部は、魂を慰めるために神職を招いたり、お盆に霊を迎える準備などをした。

しかし、信心によっても喪失を乗り越えがたい人もいる。日本カウンセラー学院(Academy of Counselors Japan)の心理カウンセラー、池田宏治(Koji Ikeda)氏は「被災地の人は恐怖、不安、悲しみ、帰ってきて欲しいという気持ちなど色々な感情をもっている。心の中で処理しきれない非常に多くの感情が霊の投影という形で現れたと考えることができます」と語る。「(被災後の)色々な感情は溜め込んでいられなく、表現していかないといけない。現実に適応していくために、前に進むために必要だから、起きていることでしょう」

石巻で実際に幽霊を見たと表だって話す人はほとんどいないが、荒涼とした道をさまよう幽霊を受け入れる気持ちがある人は多い。すぎもと・ゆうこさんは、自分は特別迷信深いわけではないし、幽霊を見たこともないという。けれど「普通に生活してた人が突然亡くなったので、受け入れたくないと思っているんでしょう。出ない方がおかしいと思います」と語った。 (c)AFP/Miwa Suzuki

画像:今でも怪現象が後を絶たない被災地

img_41f8ddd6fe6fe5289f40def21d29ed08287240

AFP

10: Ψ
>>1
最近はあまり聞かなくなったが、
東日本大震災における怪現象は多いらしいな
13: Ψ
>>1
東日本大震災関連の怪現象記事はたくさんあるよ。
あれだけの死者を出したんだから、怪現象が起きない方がおかしいわ
2: Ψ
それじゃあ、東日本大震災の怪現象を集めていこう。
17: Ψ

>>1

NHKでも報道された被災地で続出する“震災幽霊”現象の正体とは?

1万5000人以上の犠牲者を出し、いまだに2000人以上が行方不明の被災地では、この間さまざまな「幽霊」の目撃談が相次いでいるという。ついには、「NHKスペシャル」までも本気で特集した「震災幽霊」なるホラー現象とは!?

被災地のボランティアスタッフが重い口を開く。

「いまだに行方不明になった家族を探し続けている被災者がいる現地では、“出る”とか“見えた”という幽霊話は不謹慎だということもあり、一種のタブーとなっている。それでも、誰にも話さずにいるのも気味が悪いのか、震災から時間を経てその手の話が聞かれるようになってきました」

実際、定期的な震災特集で「被災地のいま」を伝えている「NHKスペシャル」でも、昨年夏に「亡き人との“再会”~被災地 三度目の夏に~」を放送。反響の大きさから今年9月に再放送されたばかりか、AFP通信までが幽霊話を世界に配信。他にも当時の取材ディレクターが雑誌インタビューに登場するなど、にわかに「震災幽霊」に注目が集まっているのだ。

「実は、震災直後からその手の話はあったんです」

と語るのは、足繁く現地で取材をしているルポライターだ。

「子供が行方不明になった(岩手県)石巻のご家庭の話です。幼稚園から帰らない息子を探し続けて1週間、さすがに疲れ果て部屋で寝ていると玄関先が妙に明るくなった。『何だろう?』と不思議に思っていると、程なく消防団が『遺体が見つかりました』と訪ねてきたそうです。遺族の方はお子さんが『見つかったよ』と先に報告してくれたんだと話していました」

同じく石巻の漁師の家では、こんな不思議な現象が。

「おじいさんは、揺れた直後に船が沖に流されちゃいかんと、船を係留しに港へ出てそれっきり。海へ流されてしまったのか遺体は今も見つからないままですが、明け方、ちょうど漁へ出る時間に電話が鳴る。まるでこれから漁に出るぞ、という合図みたいで、今でもおばあさんは弁当を作っておじいさんの帰りを待ちわびている」(ボランティアスタッフ)

こうした目撃談は家族が犠牲になった人ばかりではない。震災直後の避難所生活ではこんな話があった。

「慣れない避難所では寝つけずに、夜は自分の車に移動していた男性の話です。ある晩、車のすぐそばで『これから飲み行くか』と、男性が誰かと話している声が聞こえてくる。こんな時に開いている飲み屋なんてあるはずないのにと思いながら、シートから身を起こして見ると誰もいなかった。飲み屋の名前までしっかり聞き取れただけに、やはり幽霊だったのかも、と」(前出・ルポライター)

また、昨年秋に奇妙な体験をした男性も、自身は被災者ではなかったが、

「宵の口、岩手・宮古周辺の海辺の道を車で走っていると『助けてぇー』という若い女性の声が聞こえたんです。痴漢か何かと思い、車のライトで探したのですが、ご存じのとおり沿岸部は人家も人気もなく、やはりそうだったのかも‥‥」

フォーチュンカウンセラーの小林世征氏がこうした霊現象を説明する。

「東日本の震災で亡くなった人の多くは、壁のような津波にのみ込まれ命を落としている。あまりに一瞬のことだけに、多くは自分が死んだこともわからずに霊としてさまよっているのです。これは御嶽山の事故でも同様です。こうした場合には、遺影に花をたむけて供養することで成仏していただくのが最善です」

復興は進んでも、人の命は戻ってこない。

「『生前は大酒飲みだったじいさまが亡くなってからはおとなしくなった』と愉快そうに話しているおばあさんが印象的だった」(ボランティアスタッフ)

幽霊でも会えるだけ幸せという被災者の精いっぱいの願いが聞こえてくる‥‥。

ソース:Asagei+ 

19: Ψ
>>17
怪現象と聞くと恐ろしい想像をしてしまうけど
この記事を読むとなんか違ったイメージになるな
3: Ψ

東日本大震災の被災地で当番する方はかなり辛そうだぞ・・・。

海岸沿いの瓦礫置場には管理人が24時間体制で仕事するらしいが、夜間の当番の際には色んな物が見え過ぎるんだと。

その怪現象に怖くて仕事にならず、夜間閉鎖の現場が多いらしい。

23: Ψ

>>3
容易に想像できるから怖いよな・・・。
とてもじゃないが24時間体制で当番なんてできない。

怪現象だらけで精神やられそうだ

4: Ψ

そもそも怪現象が起こって当たり前だもんな
今後も東日本大震災の怪現象は起こると思う

かんたんに浄霊することなんて無理だし
不可能に近いはずだから

5: Ψ

現在はどうか知らんけど、
当時の被災地では次のような怪現象が多く目撃されたらしい

「水たまりに目玉がたくさん見えた」
「海を人が歩いていた」…。
遺体の見つかっていない家族が「見つけてくれ。埋葬してくれ」と枕元に現れたのを経験した人もいる

6: Ψ
津波であっという間だったからな。
死んだと自覚していない霊がほとんどのはず。
7: Ψ

被災地では今でも怪現象目撃されるらしいぞ。
地元住民が絶対に足を運ばないところもあるんだとか・・・。

東日本大震災は色々と爪痕を残すことになったな

8: Ψ
本当はもっと東日本大震災の怪現象ってあると思うんだけど
タブーとされるから表に出てこないんだと思う
9: Ψ

怪現象とか言っちゃうと色々と差別になってしまうからな。。
その点はメディアとしても自粛してたんだと思う

けど、最近になってようやく東日本大震災の怪現象が報道されるようになった







11: Ψ
まあ、あのNHKが報道したくらいだからな。
いま表沙汰になってる怪現象なんて氷山の一角だろうね
12: Ψ
被災地の方からすれば幽霊でも会いたいって声が多いらしい。
実際に幽霊と会って涙流したって記事みた


14: Ψ

怪現象でもいいから死者と会いたいと願う人は多いみたいだね。

霊、時には癒やしに 男性、被災地で幽霊話取材

東日本大震災の被災地でジャーナリストの奥野修司さん(66)=東京都在住=が、犠牲者の霊を見た家族や知人から聞き取りを進めている。ともすれば非科学的と思われがちな面もある取材対象だが、根底には家族愛や死生観、心の癒やしにつながる深遠なテーマが潜む。(聞き手は南三陸支局・中島剛)

-幽霊の取材を始めたきっかけは。
「岡部医院(名取市)の看(み)取り医療の取材で『お迎え』の重要性に気付いた。いまわの際に、亡くなった両親や親類を見る人は死に方が穏やか。その延長線で霊を見た人が被災地に多いと聞いた。『うちの患者は2割くらい見ている』と言う医師もいた。もう特殊な現象ではないと感じた」
「幽霊がいるかいないかを議論すると泥沼に入る。その人が見たという事実だけを素直に受け止めようと考えた。犠牲者と残された人の物語を、幽霊を軸に書きたい」

-どんな話があったのか。
「例えば、最愛の夫を亡くした妻の話。自暴自棄に陥り、死にたいと思う毎日。車で自損の重傷事故を起こしたりもした。ある時、夫の霊に会う。見守られている感覚が芽生え、お父ちゃんと一緒に生きようと思い直した。私はとても感動した。他にも犠牲者の霊の存在を感じ、生きる勇気をもらう話が多かった」

-なぜ幽霊を見る遺族がいるのだろう。
「亡くなった家族への強い思いが霊を見させるのかもしれない。殴られたり怒鳴られたりした、憎悪の対象だった家族の霊を見たという話は聞かない」
「霊を見ないから亡くなった人との関係が弱いというわけでもない。見てもいいし、見なくてもいい。幽霊を見るのは人に備わった生理反応で自身を癒やしているのかもしれない。生きる力が弱まった時、助けてくれる存在なのかもしれない」

-幽霊については語りにくい雰囲気がある。
「お迎えもそうだが、科学的に証明できない体験はすぐに、せん妄とか幻覚とかで処理され、病気扱いされる。人間には科学で説明できない領域がたくさんある。幽霊がマイナスの作用をしない限り、分からないけれど、そういうものがあってもいいと受け止めることが大事ではないか」
「自由に語れる環境をつくりたい。他人と話し、納得してもらうことが癒やしにつながる。『昨日お父さんが来た』と話す遺族に、『良かったね』と言えば、それが精神的なケアになる」

-なぜ幽霊の取材に力を入れるのか。
「これまで否定されてきたこと、いかがわしいと切り捨てられてきたものを再評価したい気持ちが、私の仕事の根本にある。新しい価値観を見つけることで、新しい世界が生まれる。社会の選択肢が多くなる」
「長年取り組んだ沖縄の取材でも、沖縄戦の直後、たくさんの幽霊話があったと聞いた。今後も何か大きな災いがあった時、霊を見る人間が増えるかもしれない。それがごく普通のことなんだと、認め会う社会の方が楽に生きられると思う」

[おくの・しゅうじ] 1948年大阪府生まれ。著書「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞。他に「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年」「看取り先生の遺言」など。東日本大震災の被災児童を沖縄にホームステイさせるティーダキッズプロジェクトに取り組んだ。

ソース:河北新報 

15: Ψ
被災地の人からすればそれは自然な考えなのかもしれない。
なんだか考えさせられるわ
16: Ψ
なんかどこかの神社だかの東日本大震災の記事が印象深かったな。。
18: Ψ

これじゃないか?

被災地で語られる幽霊話

前回の記事「神職としての研鑽」では、家に幽霊が出て困っている、という相談を電話で受けた事例を紹介しましたが、その相談とは別に関係無い事なのですが幽霊話といえば、私が個人的に以前から気になっていたのは、東日本大震災の被災地で語られている数々の幽霊の目撃談についてです。

一般のメディアではほとんど報道されていないようですが(但し、昨年の夏に全国放送されたNHKスペシャル「亡き人との“再会” ~被災地 三度目の夏に~」という番組では、この問題が大きく取り上げられました)、実は、東日本大震災の被災地では、地元住民による幽霊の目撃談が絶えません。

足だけの人影が道路を渡っていたとか、遺体安置所のあった場所から呻き声が聞こえてくるといった類の、恐怖譚として語られる話(但しそういった話の多くは、自身の目撃談としてではなく、知人の知人の経験、という伝聞の形で語られている事が多いようです)も少なくはないようですが、それよりももっと多いのは、亡くなったあの人が目の前に現れた、あの子の声が聞こえた、あの子の気配を感じたといった、深い悲しみの中で大切な故人と再会出来たという遺族自身による体験談です。

被災地で多く語られるようになった幽霊目撃や心霊体験の話は、第三者にとっては恐ろしいものかもしれませんが、被災者にとっては必ずしもそうではなく、幽霊でもいいから亡くなった大切な人と再会したいと切望している遺族もおり、そのため被災地での幽霊目撃談や心霊体験談の中には、幽霊となった大切な人や家族と再会を果たし、もしくはその気配を感じ、慰められたり励まされたりした(あるいは、絶望から立ち直るきっかけになった)という感動的なエピソードもあったりします。

幽霊となった大切な故人との邂逅は、いつまでも認める事が出来なかった故人の死を、遺された者が受容するために必要なステップ(儀礼)である事もあるのです。

勿論、そういった身内の幽霊話ばかりではなく、多くの人が亡くなった場所や遺体が安置されていた場所などでは、どこの誰か分からない死者の幽霊を見て戦慄した、という話も語られていますが、しかし、そもそも被災地、特に津波により甚大な被害を受けた一帯では、地元の住民達は震災直後、あちこちで無数の遺体を目の当たりにし、また、行方不明の家族を探して遺体安置所もまわるなどし、結果的に、望む望まないに関係なく数え切れない程多くの死者と直接向かい合わざるを得なかったわけですから、住民や被災者のそういった震災時の体験を踏まえると、被災地で語られる幽霊の目撃談は、何ら特別な事ではなく、その事情を鑑みるとむしろ自然な事なのではないかとさえ思えます。

被災者の中には、自分が体験した心霊体験が異常な事であると感じ、誰にも相談出来ずに悩んでいる方も多いと聞きますが、そういった相談を受ける側の人には、多くの人が亡くなった被災地での幽霊目撃や心霊体験は、決して異常な事ではなく、むしろ自然な事である、という前提で相談を受けとめる大らかな姿勢も必要なのではないかと思います。

なかには、実際には見ていないのに、見間違いや勘違いなどで、幽霊を見たと錯覚してしまった、という事例も少なくはないと思います。
しかし確実な事は、幽霊を実際に目撃しようがそれが単なる勘違いであろうが(もっと極論すると、そもそも幽霊がいようといまいと)、幽霊の存在を感じ、それによって悩んだり苦しんだり(場合によって逆に救われたり)している人がいるという事実であり、そういう人達の悩みに応えている宗教者もいるという事です。

霊的な悩みは、行政の担当者や医療関係者には打ち明けにくい事から、主に、地元の神社仏閣教会等で奉仕している現地の宗教者達や、各宗派や教団等から被災地に派遣されたボランティアの宗教者達が、そういった相談にのったり対処をしたりしているようですが、おおよその傾向として、日頃から除霊や加持祈祷を行う機会の多い密教(特に真言宗)系や日蓮宗系の僧侶はそういった対応に慣れているらしく、反面、浄土宗系や浄土真宗系の僧侶は、幽霊や霊魂などは全く根拠のないもの、として対応している人が少なくないようです。

特に浄土真宗は、「亡くなった方はこの世でのはたらきを終えて、阿弥陀如来様のお浄土へ還られる」という教えもあって、故人が幽霊になる事はない、そもそも幽霊は存在しない、幽霊とはその人の心の中の恐怖・悲しみ・苦しみを他のものにおしつけた表現の一つである、としているため、真宗関係者にはその傾向が強いようです。

そこまで明確に幽霊を否定しなくても、そもそも宗教者の中には、霊的な話題というものを嫌う人もおり(新宗教よりもむしろ伝統宗教の宗教者に多いかもしれません)、現実には宗教者によってその対応は大きく個人差があります。ただ全体的な傾向としては、多分、神社神道の神職や、キリスト教の神父・牧師なども、そういった相談への対処はあまり慣れていないと思います。

宗教者としては(そういった相談の対処に慣れていない私自身の立場としても)、何とももどかしい所ではあります…。

以前、宗教新聞の「中外日報」紙上で、「大きな災害は、風化させるものではなく浄化させるものだ」「震災は忘れるのではなく、喪に服していく事で、不条理に亡くなった犠牲者と“和解”を果していく事が重要」という言葉が紹介されていましたが、私としては、そういった言葉も噛み締めた上で、宗教者には相談者の悩みを正面から受け止めるだけの器量や技量が求められるという事(とはいっても全てをそのまま受け入れるのではなく、場合によっては、それは単なる思い込みですよ、あなたの気の迷いですよ、とはっきり言う事だって必要だと思います)を痛感している、今日この頃です。

最後に、前回の記事「神職としての研鑽」に関連して一言補足すると、こういった幽霊話への対処については、神職養成機関や階位検定講習会では全く何も教えてくれません。そもそも教科書で学べるような事ではなく、これは現場で実践を積むしかありません!

(田頭)

引用:西野神社 社務日誌 

20: Ψ
ああ、これだ。
貼ってくれてありがとう
21: Ψ

東日本大震災の影響をまったく受けなかった人間からすれば
怪現象は不気味な現象そのものだが

被災地の方からすれば怪現象はまた違ってくるんだろうな

22: Ψ
もちろん被災地の方だって万人がそういう捉え方じゃないと思うよ。
傷が癒えない方にとっては怪現象こそが救いになるかもしれないって話で
24: Ψ

東日本大震災はあれだけの死者を出したんだから
傷なんてかんたんに癒えるわけがない

そもそも怪現象なんて言っちゃダメなのかもしれないな

25: Ψ
幽霊でもいいから会ってみたいと思う遺族は多いようだ。
それだけ傷が深いんだよ東日本大震災は
26: 無印テーマソング ◆xJFQMLRhfhrB

未だ見つかってない人もいるわけだしね。。

まだ遺体が見つかれば踏ん切りがつくものの
行方不明っていうのは辛すぎるよな

27: Ψ
311は絶対に忘れてはいけない
日本はもっとケアをしないといけない
28: Ψ

この辺で東日本大震災の怪現象収集はお開きだ。
とても勉強になったし奥深い時間をありがとう

そして東日本大震災で亡くなった方のご冥福をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。