美空ひばりの死因は本当に「間質性肺炎」だったのか

日本歌謡を代表する歌手・美空ひばり。

彼女における噂でもっとも注目されているのが「死因」だ。とはいえ、美空ひばりの死因は「肺炎」だったと公表されているのだが、ネット上では肺炎のほかにも「大腿骨頭壊死」となどの死因を疑う声が多い。

何度もいうが美空ひばりの死因は「間質性肺炎」。
事実、「美空ひばり 死因」でYahoo!検索すると、Yahoo!が「肺炎」との回答をしてくれる。

が、死因が公表されているにも関わらず、異なる死因の噂などが浮上するのはなぜなのだろうか。

今回は歌手・美空ひばりの死因についてまとめた。

美空ひばりの死因に直結した「行動と病気」の数々

美空ひばりのプロフィール

no title

美空ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 – 1989年(平成元年)6月24日)は、日本の歌手、女優。横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園高等部卒業。12歳でデビューして「天才少女歌手」と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となった。昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の1人であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した。本名は加藤 和枝(かとう かずえ)。愛称は御嬢(おじょう)。身長147cm。

52歳、無念の死
再入院から2日後の1989年3月23日、「アレルギー性気管支炎の悪化」「難治性の咳」など呼吸器系の療養専念により、横浜アリーナの杮落としコンサートを初めとするその他全国ツアーを全て中止し、さらに歌手業を含めた芸能活動の年内休止が、息子の和也から発表された(再入院当時「特発性間質性肺炎」の病名は公表されなかった)。

1989年6月24日の午後0時28分、再度「奇跡の復活」は果たせぬまま、特発性間質性肺炎の症状悪化による呼吸不全の併発により逝去した。52歳没。

引用: Wikipedia


Focus 1: 「大腿骨骨頭壊死」を患っていた美空ひばり

 

no title

美空ひばりは芸能活動がちょうど末期に差し掛かったとき、「大腿骨骨頭壊死」を患った。

これは公表されている事実であるが、その病気に至った原因についてはさまざまな噂が飛び交っている。事実、美空ひばりが患っていた「大腿骨頭壊死症」を調べたところ、その原因は決してひとつではなかった。

しかし、この病気の原因としてもっとも多いのは、“アルコールの大量摂取”。“ステロイド性”であることがわかった。

美空ひばりはプライベートにおいて過剰な飲酒が目立っていたとの報告や証言が目立っていただけに、おそらく大腿骨頭壊死を招いた原因はアルコールの大量摂取と見て間違いないだろう。(※そもそも美空ひばりがアルコール依存症にかかっていたという説もある)

また、一部の証言によれば、美空ひばりはいわゆる“酒浸りの生活”にしていたが、それは単純にアルコールを自ら好んで飲んでいたわけではなく、精神を安定させるために飲んでいたとのこと。


 

Focus 2: 崇拝される美空ひばりに重くのしかかった“プレッシャー”

 

no title

アルコール依存症患者は年々急増している。
その平均寿命は50歳前後と言うから、いわば死と隣り合わせと言っても過言ではない。

美空ひばりも52歳という若さで亡くなったわけだが、「酒がないと生活ができない日々」が続いていたことはほぼ間違いないだろう。

現代ではアルコール依存にかかりやすい人の特徴として、“意志の弱さ”が挙げられているが、美空ひばりははたしてそれに該当するのだろうか。あれだけ堂々とステージに立ち、美声を披露していた彼女だが、とても繊細な性格の持ち主だったと考えると、アルコール依存に陥った原因はそれだったのかもしれない。

言うまでもなく、アルコール依存症は“精神病”である。
酒を断たないかぎり、治療することはできない。

だからこそ、アルコール依存に苦しむ人が多いのである。

美空ひばりは私たちが想像できないほどのプレッシャーを抱えていたことは確かだろう。そして、それを「誰に語ることもなく生きてきた」とするなら、お酒でごまかしながら、満たされることのない芸能生活を続けていたのかもしれない。

だが、そのすべてが不幸だったわけではないはずだ。

数少ない喜びを感じたからこそ、美空ひばりは歌姫として君臨することができたことと思う。








 

Focus 3: 衰弱した美空ひばりの身体を襲った死因である「肺炎」

 

no title

美空ひばりの子・和也は、美空ひばりに対して本当の病名(肺炎)を最期まで伏せていた。しかし、美空ひばりが3月上旬に診察を受けた際、医師により「間質性肺炎」の説明を受け、それが本人知れたのだという。

なお、美空ひばりの死因となった「間質性肺炎」の原因は不明とされていた。

が、これまでの大病に加え、アルコール依存症にかかっていた美空ひばりの身体は衰弱しきっていたに違いない。だからこそ、人間が本来もつ「自然治癒力」が機能しない状態だったため、もはやありとあらゆる病気を併発するリスクがあったのではないかと考えられる。

なお、死因となった肺炎だが主にステロイドホルモンが有効だったとのことだが、既に美空ひばりは肝硬変の症状もあり、そのステロイド剤における治療がほぼできない状態だったとのこと。

美空ひばりの死因は「肺炎」で変わりないのだが、ネット上で彼女の死因が注目される背景には、「肺炎に至るまでの要因」に着目している人々が多かったのだと思われる。つまり、なぜ美空ひばりが肺炎になったのか、その経緯が死因につながっているとしてさまざまな意見が飛び交ったのだろう。

個人的に美空ひばりの死因「肺炎」は、過度なアルコール摂取が招いたと感じる。

自然治癒力が機能しない身体になってしまえば、人間の健康を維持することは困難になり、免疫力が低下するのでさまざまな病気を患う可能性が高いのだ。


 

Focus 4: ネット上で見られる美空ひばりの死因まとめ

 

no title

最後にネット上で確認した、美空ひばりのいくつかの死因をまとめた。

「美空ひばりの死因と玄米」
日本にも玄米食を信奉する著名人が多数いるらしい。とりわけ有名なのは、美空ひばり、高峰三枝子という、戦後芸能史に残る大スターの死が玄米だったという話だ。

89年に亡くなった美空ひばりは、肝臓を患って高タンパク質食が必要であったにもかかわらず、一日にゴルフボール大の玄米おにぎり2個と特製のお茶しか取らせなかったという謎の治療師による食事療法によって死期が早まったといいます。52歳という若さでした。

ソース:こういちの人間学ブログ

美空ひばりの死因は「タバコ」
ひばりさんは愛煙家でしたので死因は間質性肺炎による呼吸不全で亡くなってます。お酒も15歳から飲んでいて結婚した小林旭さんとも仕事の忙しさで愛しているのに離婚しなければいけない状況になって暴飲暴食をするようになりました。

ソース:[NPO法人 禁煙推進の会 兵庫さんだ]

美空ひばりの死因
(美空ひばりは)間質性肺炎で呼吸困難になり亡くなりました。原因は煙草、お酒ですねアルコール依存に近かったと思います。52歳だったのでまだ早すぎますよね

ソース:Yahoo!知恵袋


■関連商品

不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]
日本コロムビア (2001-12-21)
売り上げランキング: 846
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。