自殺したAV女優・AYA、知られざる“嵐”との肉体関係

元小室ファミリーの一員であり、期間限定ユニット「L☆IS」のメンバーとして活動した牧野田彩を覚えているだろうか。

彼女はその後、AV女優に転向するも2010年に飛び降り自殺。生前ではジャニーズタレントとの“濃密な関係”がスキャンダルされていた。

とくに彼女と親密で肉体関係があったとされるのが、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルグループ「嵐」である。この度、その真相に触れる情報を報じた週刊文春の記事が再注目されている。

なぜ、今になって過去の情報が急浮上したのか不明だが、あまり知られない嵐の“闇”を公開させていただく。

業界から“体目当て”にされていたAYA

牧野田彩こと、AYAは業界では人がよく、魅力的な女性として評判だった。そして彼女自身が大のジャニーズファンだったこともあり、ジャニタレとは自然と親密になったという。

しかし、あくまで仲良くしていたのはAYAだけであり、ジャニタレたちからすれば彼女は単なる体目当ての女でしかなった。

こうして彼女はジャニタレ専用の便器にされる。とくに嵐の内、櫻井を除いたメンバーはAYAとの肉体関係を持っていることが判明。湾曲報道になったが、当時の報道がこれだ。

ara

ara

どの週刊誌もAYAが嵐を食ったと報じたが、それは事実とは異なる。実際のところ、AYAが嵐をはじめ、ジャニタレから弄ばれていただけなのだ。

その後、AV女優へと転向した彼女の人生は闇がいっそう増すばかり。AYAは真実を明るみにすることなく、自殺という形でこの世を去ったのである。







ジャニタレ専用の“便器”になった背景

AYAと嵐の関係は学生時代までさかのぼる。週刊誌でも彼女が暴露しているのだが、中学時代は松本潤と恋愛関係にあったという。また、中2で松本とセックスしたことも語られている。

その後、AYAは大野とも交際、二宮とはセフレという関係にあった。こうして彼女はジャニタレ専用の便器となってしまい、業界からもそのような目で見られることになったのだ。(表面上では“評判のいい女性”)

が、彼女はそのすべてを公にしようと暴露本を出版することを決意。捻じ曲げられた事実、そして自身への対応に我慢も精神も限界だったのだろう。

当時、その暴露本の発売を注目していた人は少なくないと思うが、結局それが発売されることはなかった。なぜなら、彼女が自殺したからである。

勘のいい方ならもう察しているはず。そう、AYAの自殺は“出来すぎている”のだ。

すべてを“揉み消す”ことで有名なジャニーズ

ジャニタレが何か問題を起こしても、それを無にしてしまうほどの力をもつジャニーズ陣営。AYAもまた、ジャニーズによって消されたひとりなのかもしれない。

おそらく暴露本の内容が相当なものだったのだろう。これを明るみにできないと判断したジャニーズは、自殺と見せかけて彼女を殺害した。この情報を深く知る人物なら誰もがそう思っている。

正直者がバカを見る・・・バカは長生きする・・・。AYAは優しすぎる女性だったのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。