芸能プロ原宿H事件の被害者・樺沢潤、虚偽事実をバラ撒いた藤子まいを相手取って民事訴訟へ

当サイトで「芸能プロ原宿H」事件の真相を語って頂いた、樺沢潤さんがメディアで盗撮被害を告白したタレント・藤子まい氏を相手取って民事訴訟を提起した。

「芸能プロ原宿H」事件の真相については、こちらの記事を参照して頂きたいのだが、同事件で被害に遭った樺沢潤さんは“事実無根”であり、逮捕も“誤認逮捕”だったことを改めて強調させていただく。

当サイトは樺沢潤さんの無実を晴らすべく、「芸能プロ原宿H」事件に関連する情報を掲載していく予定だ。

今回は樺沢潤さんがメディアで盗撮被害を告白したタレント・藤子まい氏を相手取って民事訴訟を提起した件についてまとめる。

芸能プロ原宿Hの被害者・樺沢潤が藤子まいを相手取り民事訴訟

着替え盗撮逮捕が不起訴になった伝説のスカウトマンの言い分

昨年5月、「リベンジポルノ防止法違反」容疑で男性が逮捕されたニュースは一般紙社会面でも報じられた。

逮捕されたのは芸能事務所「原宿H」の社長だった樺澤潤氏。交際相手の腹いせ行為以外で同法が適用された初のケースだったことに加え、同氏が「伝説のスカウトマン」と呼ばれる“グラビア業界の有名人”だったことも注目された理由だ。

当時、本誌もこの事件を報じたが、実は樺澤氏は逮捕の約1か月後に嫌疑不十分で不起訴処分となっていた。樺澤氏が語る。

「従業員が女性の着替えを撮影・販売していたが、私は無関係だったと認められた。ただ、メディアは不起訴となったことを伝えないので、私は今でもネット上で犯罪者扱いさいる。それが悔しくてならない」

樺澤氏はそれらの記述の削除を働きかけているが、書き込んだ人物が応じなかったり、サーバー管理者との連絡が付かなかったりと困難を極めているという。

そうした“消火活動”の過程で裁判に発展したケースもある。樺澤氏の逮捕後に本誌を含む複数のメディアで盗撮被害を告白したタレント・藤子まい氏を相手取って民事訴訟を提起した。

「彼女の発言は事実でないし、そもそも逮捕容疑とは全く無関係なのに、信じている人は多い。裁判で発言の間違いを認めてもらわないと私の名誉は回復されないと考えました」というのが樺澤氏の言い分だ。

かたや藤子氏の代理人は「係争中につき、コメントは差し控える」とするが、裁判所に提出した書面からは、全面的に争う姿勢がうかがえる。

どちらの主張が認められるかは判断が下されるまでわからないが、藤子氏は樺澤氏が見出したタレントだっただけに、不幸な争いというほかない。

画像:タレントの藤子まい

no title

ソース:週刊ポスト

“{ "":"", "":1, "":"on" }”>


Focus 1: “虚偽事実”をテレビで言いふらし売名を行った藤子まい

 

no title

藤子まいの虚偽事実によって樺沢潤さんは貶められたわけだが、改めてその件についてまとめる。(※以下、こちらの記事から抜粋:執筆者は樺沢潤さん)







 

彼女(藤子まい)に関しては現在、週刊ポスト、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける 料亭~ 」で売名行為として私における虚偽事実を公共で言われてしまい現在、裁判の準備ですので詳しくは割愛させていただきますがまた東スポの記事と連動して真実をお伝えします。

 

 

東スポ記事

かつて樺沢容疑者の事務所に所属していた“元祖ブスドル”藤子まい(25)が15日、ツイッターで衝撃告白。「わたしもずっと昔にやられた、盗撮。。。大事なファンの方が教えてくださって消してもらえたけど、、

 

→ 全くの事実無根です。私は彼女に対して盗撮は一切していません!しかしながらこれははっきりと伝えますが、週刊ポストとの記事と連動しますが、彼女がDMMアダルトチャット、ならびにFC2ライブチャットを盗撮ではなく彼女が自らの意思で実際にWEBカメラに目線を合わせ、着エロ行為を行っていたことは記載させていただきます。

 

東スポ記事

さらに「わたしの後輩や友人たちもやられていて。。許せない!これから夢を追いかけてくる子達にこんな印象を残してしまうなんて申し訳なさすぎる。。」と怒りをあらわにした。

 

→ 彼女の後輩は私のモデル事務所にはいませんでした。なぜなら彼女は弊社では後輩をはじめ皆に嫌われていました。仕事を入れていたのは私だけで彼女はモデル達とは距離を取らせていたからです。ですので彼女が後輩に申し訳ないと言っているのは売名行為であり好印象を残したいだけです。また彼女の後輩や友人が盗撮被害にあった人間もいません。

 

彼女がこうやってTwitter上でいう経緯は2点あります。

 

1、FC2ライブチャットやアダルトチャットに本人が自らの意思で出ている事実を隠したいこと
→だから無理やり「盗撮された」と主張していると思われます。もし仮に彼女の盗撮動画があるとしたらかなりの有名なので証拠の動画がWEB上にあるはずです。そのような動画は一切ありません。

 

2、彼女は弊社を解雇となったモデルです
→度重なる仕事のドタキャン、そしてトラブル、そのことで解雇した腹いせもあります。

 

以上、彼女に関しては、法廷上で今後は裁判していくのでここまでで割愛させていただきます。


 

Focus 2: まだまだネット上から消えない「間違った芸能プロ原宿H事件における情報」

 

未だに芸能プロ原宿H事件を当時のままの情報で掲載しているサイトがあるなら、是非ともこちらの記事を読み、早急に事実確認をしてもらいたい。

回りくどい言い方はナシにして、芸能プロ原宿H事件は事実無根であり、樺沢潤さんは被害者なのである。

そして、芸能界の闇に染まった者たちは今もなお、樺沢潤さんを犯人として終わらせようとしていることを理解してほしい。

なお、当サイトは今後も樺沢潤さんと連絡を取り合い、近況報告や現在の心境などを記事にする予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。