過去にはハイレグ画像も…ZARD坂井泉水の闇と黒い噂の数々

未だ死因が謎に包まれているZARD・坂井泉水。

現在もなおZARDの楽曲を好むファンは多く、今だからこそ坂井泉水の歌声が評価されている印象も。

誰もがZARD坂井泉水と言えば、純粋かつ飾らない風貌をイメージすると思うが、実は過去に大量のセミヌードやハイレグ画像を発表していたのだ。

そこで今回は今は亡きZARD坂井泉水のセミヌードおよびハイレグ画像、そしてネット上で囁かれている黒い噂の数々をまとめた。

ハイレグにセミヌード画像大量…ZARD坂井泉水の闇

ZARD 坂井泉水のプロフィール

no title

坂井泉水(さかい いずみ、1967年2月6日 – 2007年5月27日)は、日本の女性歌手、作詞家。ZARDのボーカリスト。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。 ビーイングの関連会社「泉水(SENSUI)」に所属した。またZARDとしてビーインググループのレコード会社「B-Gram RECORDS」に所属。歌手としての活動や作品などはZARDの記事を参照。

出生名: 蒲池 幸子(かまち さちこ)
出生: 1967年2月6日
出身: 神奈川県平塚市
死没: 2007年5月27日(満40歳没)

学歴: 松蔭女子短期大学
ジャンル: J-POP
職業:歌手、作詞家

人物
両親・弟妹の5人家族。20代前半までは身長165cmというスタイルを生かしモデルやレースクイーンとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、1991年2月、音楽グループ「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。

90年代を代表する女性歌手として、多くのヒット曲を生み出した。6thシングル「負けないで」で大ブレイクして以降、メディア露出やライブ活動を全くしなかった。生涯を通し、数回のテレビ、ラジオへの出演以外はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆ど行わなかった。

引用: Wikipedia

 

Focus 1: ZARD坂井泉水のセミヌード&ハイレグ画像まとめ

 

もはや歌手としてのイメージしかない坂井泉水だが、まだアイドルとして活動していた若かりし頃、セミヌードやハイレグ画像を大量に発表していた。

これはファンの間ではよく知られている事実であるが、一般層からすればやや衝撃的な画像の数々になるかもしれない。

それではZARD坂井泉水のセミヌード&ハイレグ画像をご覧いただこう。

 

画像: 坂井泉水 セミヌード&ハイレグ グラビア

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title







no title

画像によっては「かとうれいこ」のような写りのもの・・・。

少なくともZARD時代の坂井泉水は、はっきり言って水着やグラビアとは無縁の存在だったが、このような苦労を積み重ねてようやくZARDという栄光を掴んだのだろう。


“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

Focus 2: 2chに書き込まれた坂井泉水の現在・・・

 

no title

ZARD 坂井泉水が死亡していることは周知であるが、なんとも異様な書き込みが2chで発掘された。

その書き込みによると坂井泉水はまだ生きているというのだが・・・。

「ZARD 坂井泉水は生きている・・・?」

坂井泉さんは、死んだことになっているが、地方の精神病院で隠頓生活を送っている。
月一万五千円のお小遣いで、こてっちゃんを差し入れしたら、生のまま汁まで食べた。

私も一緒に食べた。

糖尿病、腎臓病、肝臓病の薬の飲み過ぎによる鬱病であり、人工透析をやらせたら急に笑いが止まらなくなった。

彼女は有名人の意見しか聞かない。
医療用麻薬をやれと行ったら、本当にやっていた。

人体の不調を訴えることができなくなるのが医療用麻薬であり、やめた方がいいと思った。 二重瞼と、本人の証言でかろうじて坂井泉さんだとわかるほど太っており、誰とも口を利かない。

ソース: 小野光太郎のブログ

結局のところ、ソース元のブログの筆者による情報と思われるが、はたしてこれは妄想記事なのかそれとも事実なのか・・・。

これは事実ならセミヌードやハイレグ画像よりもインパクトの強い情報になる。


 

Focus 3: 実は性格が真っ黒?ZARD坂井泉水の本性

 

no title

これまた2chに投稿された書き込みから。
何でもZARD 坂井泉水の本性は真っ黒そのもので、これまでに数々の悪行があったとのこと。

なお、これらの情報元は雑誌なのだというが・・・。

 

「性悪説が浮上するZARD 坂井泉水」

ある雑誌でビーイングの元社員が以下のことを証言していました。

・長戸氏は坂井泉水とできておりのボンテージ写真やきわどい写真をその辺に置いている

・坂井泉水は本名の幸子をもじって音楽業界のサッチーと呼ばれていて、性格は最低の人間だ

・坂井泉水は船上ライブのときは長戸氏をアゴのように使い平気で怒鳴っていた

・坂井泉水はTV出演の際にキレて周りのスタッフに当たり散らし、このままではうまくいかないと判断し、思い切って方向転換した、方向転換はいわば苦肉の策だった。

・長戸氏と坂井泉水ができているのはビーイングの関係者なら誰でも知っていて、こういう関係だったからこそZARDはここまで売れたと言える。 坂井泉水は大黒摩季が自分と方を並べるのが気に入らず、CDの売上げ枚数から、宣伝に幾ら使ったとか、タイアップが向こうの方が良いとか細かくチェックしてた。

・坂井泉水は倉木麻衣が売れ始めたときも坂井泉水はチェックがスタッフに入った

・ある女性アレンジャーがルックスをほめられ、それを見た坂井泉水が「あの娘は私には合わない」と長戸に言い、辞めさせた。

 

なお、この雑誌記事はいわゆる“でっち上げ”の可能性が濃厚なのだそう。

少なくともZARD 坂井泉水には純粋なイメージがつきまとうが、実は性格が悪いという説も完全否定できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。