韓国籍がバレた金子賢、関東連合との深い関わりは事実なのか

以前から何かと黒いウワサが囁かれていた俳優・金子賢。

急に俳優業をやめると総合格闘家への道に進み、何事もなかったかのように芸能界に復帰。その後は“筋肉”で注目を集めて再ブレイクを狙うものの、その他筋肉タレントに勝るストロングポイントがないために人気に火が着くことはなかった。

そんな金子賢といえば、うっかり自身のブログにアップした画像から韓国籍であることがバレてしまう失態をおかしているが、関東連合の噂と比較すればヌルい話かもしれない。

ということで今回は実は韓国籍だった金子賢と関東連合の接点についてまとめた。

金子賢に浮上する黒い噂「韓国籍」「関東連合との接点」

金子賢のプロフィール

no title

金子賢(かねこ けん、1976年10月19日 – )は、日本で活動する男性俳優、タレント、元総合格闘家。東京都新宿区出身。オフィスジュニアに所属していた。現在はプラチナムプロダクションに所属。東京都立大学附属高等学校(定時制)卒業。

俳優活動
父が西城秀樹と友人であり、2人が共にゴルフに行ったことが金子のデビューのきっかけになったという。

1996年、北野武監督の映画『キッズ・リターン』で主役デビュー。ボクサーの卵シンジ(安藤政信)の同級生マサルを演じた。

役柄は様々だが、マザコン、ストーカーや奇異な性格・趣味を持つキャラクターを演じることが多い。

総合格闘技
2004年、「ようやく全身全霊をかけて打ち込める物が見つかった」と総合格闘家に転向。所属事務所の強い慰留に応じ、芸能界引退は思いとどまったものの、芸能活動を休止して高田道場で総合格闘技の練習を始め、ブラジリアン柔術は渡辺孝真(Axis柔術アカデミー代表)の指導を2年間受けた。

2005年12月31日、総合格闘技デビュー戦となったPRIDE 男祭り 2005のオープニングセレモニー前に行われた第0試合でチャールズ・”クレイジー・ホース”・ベネットと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2006年10月9日、初参戦となったHERO’Sのスーパーファイトで所英男と対戦。オモプラッタ、三角絞めなど柔術仕込みの技術を若干披露するも体力が続かず、最後は腕ひしぎ十字固めで一本負け。試合前にはHERO’Sスーパーバイザーの前田日明に「アマチュアの試合から出て来い」と非難された。

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!で総合格闘技デビュー戦のアンディ・オロゴンと対戦。序盤から中盤にかけてテイクダウンに成功したものの、終盤は、アンディのローキックに立っているのがやっとなほど一方的に攻められ、0-3の判定負け。試合後に前田日明は「あれは金子の勝ちです。なぜならばテイクダウンと試合の攻勢で見れば明らかに3-0は無いでしょう」とコメントした。

2007年2月、「格闘技挑戦は2年間限定」という所属事務所との約束もあり、俳優業を再開した。

引用:Wikipedia


Focus 1: うっかり韓国籍をバラしてしまった金子賢

 

no title

以前から金子賢には“在日疑惑”がつきまとっていた。

顔立ち、実家がパチンコ屋という要因からも、ネット上では「韓国人と見てほぼ間違いない」という意見が多く、それを否定しようとするユーザーの方が少なかったような印象がある。

とはいえ、ネット上で囁かれている噂など事実無根の情報ばかりで、金子賢につきまとっていた韓国籍疑惑もあくまではウワサでしかなかった。

そう、金子賢本人が韓国人であることを告白わけしたわけでもないし、週刊誌がその証拠を掴んだわけでもなかったのである。







ところがある日、その韓国籍疑惑が事実であることが確定的になった。

2014年5月22日、金子賢は自身の公式ブログにて所持しているパスポートを掲載したのだが、そこには本名であるはずの「KEN KANEKO」とは別の名がクレジットされていたのである。

パスポートに記載されていた名は「KIM/HYEON(キム・ヒョン)」

 

画像: 金子賢のパスポート

kim

 

その名から判断するに間違いなく朝鮮系。
韓国籍なのか北朝鮮籍なのかは不明だが、金子賢につきまとっていた韓国籍疑惑は間違いではなかったのだ。

それはそうと、金子賢はなぜこのような失態をおかしたのだろう?

うっかりミスだったのか、それとも自らの意思だったのか。
韓国籍であることを隠さずに活動している芸能人は少なくないがはたして・・・。


 

Focus 2: 金子賢と関東連合の接点

 

no title

金子賢には韓国籍疑惑だけでなく、もう一つの根強い疑惑が浮上していた。
それは“関東連合”との接点だ。

関東連合との接点に関してもあくまでウワサではあるが、それを物語る記事が以前に報道されていた。

金子賢と関東連合のつながり

昨年9月、大手芸能プロダクション・スターダストプロモーションを退社し、自ら事務所を立ち上げて、芸能界での再スタートを切った藤井リナが、元格闘家の俳優・金子賢のブログに登場し、一部で物議を醸しているという。かねてから黒いうわさがつきまとう金子との交友関係に、不吉な予感を募らせる関係者も多いようだ。

気になるその内容は、金子が今月15日、藤井と共通の友人の誕生日を祝ったというもの。藤井が、肩を大きく開けたチューブトップのミニワンピ姿で笑顔を振りまいている写真も掲載されている。

「金子といえば、参加者の素性が悪かったことから、マスコミ完全シャットアウトの厳戒態勢で行われた宮崎あおいと高岡奏輔の挙式、また広末涼子の奇行事件など、関東連合界隈の話題では、必ず名前が挙がっていた人物。リスクヘッジを考えれば、表立って関わりたいと思う芸能人は少ないはずです」(芸能プロ関係者)

一方で藤井の方も、かねてから黒い交友関係が伝えられていた。

「元関東連合リーダーの石元太一をはじめとして、藤井の交友関係は、ずっと問題視されていました。ブログに掲載された写真は、金子と藤井がいかに仲がよいかが伝わってくるもので、一見しただけで“関東連合臭”というか、危険な香りがプンプンする写真ばかりでしたね。そんな藤井を、陰でフォローし続けていたスターダストの後ろ盾もなくなった今、同事務所との付き合いを考えて、藤井へのオファーを尻込みするテレビ局や代理店関係者も多く存在します」(同)

こうして崖っぷち状況の藤井だが、唯一の切り札として心に秘めているのが“告発ネタ”だという。

「藤井は今後、もしスターダストによって芸能活動を妨害されるような圧力に遭った場合、事務所を木っ端みじんに粉砕してしまうような爆弾ネタを隠し持っているそうなんです。現在はまだ胸の内に秘めたままのようですが、どんなきっかけでそれが炸裂するかわかりませんよ」(週刊誌記者)

藤井は、雑誌モデルやファッションショー出演など、現在も芸能活動を続けてはいるが、依然として前事務所とはにらみ合いの状態だという。スターダストに対して、いずれは爆弾が投下されることになるのか……近しい関係者たちは特に、両者の動向から目が離せなさそうだ。

もし、これが事実なら金子賢は関東連合と深い関わりをもつ人物とみていいだろう。

韓国籍がバレ、関東連合との関わりが噂されている金子賢が自身のイメージを回復するタイミングはやってくるのだろうか・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。