顔画像が明らかに…浦沢直樹の不倫相手は“文春記者”の誰なのか?

人気漫画家・浦沢直樹に浮上した不倫スキャンダル。

浦沢直樹が不倫した相手女性は50代の大手出版社社員とのことで、かつては「週刊文春」の編集部に在籍していたという。

すでにその不倫相手の顔画像が明らかになっているが、名前などは公開されていない。

ネット上では不倫相手の女性がどこに勤務していたのか特定する動きが盛んになっており、現在では週刊誌が報じている「週刊文春」「小学館」「講談社」などの候補が浮上している。

はたして浦沢直樹を虜にした不倫相手の女性は誰なのだろうか。

顔画像や名前など判明か?浦沢直樹の不倫相手が“文春記者”である可能性浮上

浦沢直樹のプロフィール

no title

浦沢直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 – )は、日本の漫画家。血液型B型。代表作に『YAWARA!』『パイナップルARMY』『MASTERキートン』『MONSTER』『20世紀少年』など。
東京都府中市出身。府中市立府中第四中学校、東京都立富士森高等学校、明星大学人文学部経済学科卒業。1983年デビュー。漫画賞の受賞が多く、手塚治虫文化賞大賞を2度受賞している唯一の漫画家である。コミックスの売り上げは累計1億部を突破している。

1960 – 1970年代のロックのファンで、『20世紀少年』にはその影響が色濃く反映されている。ボブ・ディランの大ファンである。

連載作品
パイナップルARMY(1985年 – 1988年、ビッグコミックオリジナル、原作:工藤かずや)
YAWARA!(1986年 – 1993年、ビッグコミックスピリッツ)
MASTERキートン(1988年 – 1994年、ビッグコミックオリジナル、原作:勝鹿北星)
Happy!(1993年 – 1999年、ビッグコミックスピリッツ)
MONSTER(1994年 – 2001年、ビッグコミックオリジナル)
20世紀少年 / 21世紀少年(1999年 – 2006年・2007年、ビッグコミックスピリッツ)
PLUTO(2003年 – 2009年、ビッグコミックオリジナル)
BILLY BAT(2008年 – 2016年、モーニング)
MASTERキートン Reマスター(2012年 – 2014年、ビッグコミックオリジナル)

引用:Wikipedia 


Focus 1: 浦沢直樹の不倫相手は元週刊文春の敏腕編集者だった

浦沢直樹の女性スキャンダルお相手は「五十路の元週刊文春敏腕デスク」だった!?

no title

人気漫画家・浦沢直樹氏(56)の女性スキャンダルがボッ発。そして50代の大手出版社社員と報じられたお相手は、文藝春秋に勤務し、 過去には「週刊文春」の編集部に在籍していたというのだ。事実なら、少々意外な感じもするのだが‥‥。

密会を暴露された浦沢氏の近況について、出版関係者が重い口を開く。

「世間ではこのようなスキャンダルへの風当たりが強いですからね。ファン離れや単行本の売れ行きへの影響も懸念されていて、 浦沢さんは長年連載を持っていた出版社に釈明するなど、何かと後始末に追われているそうですよ」

スクープした「週刊女性」(10月25日号)には、今年8月から逢瀬を重ねる2人の様子が写真とともに掲載された。 記事によれば、出版社社員のA子さんには同じ会社に勤務する年下の夫がいるという。浦沢氏にも妻子がいるため、事実なら、「W不倫」になる。

「ラブホテルには時間差で出入りするなど、警戒はしていたようですが、あれだけ頻繁に会っていれば、男女の関係を勘ぐられても、しかたないでしょうね」(ワイドショースタッフ)

浦沢氏とA子さんは数年前から知り合いだったが、親密な関係になったのはごく最近のことだという。

「08年から続いていた漫画の連載『BILLY BAT』が今年8月に終了し、浦沢さんの時間と心に余裕ができたのが大きかったのでは」(前出・出版関係者)

一方のA子さん側も、

「仕事に悩みを抱えていて、愚痴なども親身になって聞いてくれる年上の浦沢さんに癒やされていたのでしょう」(前出・ワイドショースタッフ)

さて、当のA子さんは、前出の「週刊女性」の直撃取材に対して、

〈私も人のことを言えない会社にいますから。こうして公人の方と食事に行くとなると、そういう見方をされることもわかります〉

と回答していた。自身に降りかかった「不倫スキャンダル」に、誠実な対応を見せたのもA子さんの経歴が関係している──と、前出のワイドショースタッフがこう明かす。

「『週刊女性』にはA子さんの勤務する出版社の実名は出ていませんでしたが、実は彼女は、スクープを連発し、 草木もなびく『週刊文春』の編集部に一時デスクとして在籍していたこともある敏腕編集者だという話ですからね。 外で密会する際は、浦沢さんに変装を勧め、周りに人の目がある時は常に敬語で接していたようです」

これまで大物のゲス不倫を暴いてきた「文春」の元編集者ならば、そのリスクは十分に承知していたはずだ。 それでも関係を断ち切れなかったのは、浦沢氏に魅力があったからだろう。

「浦沢さんはミュージシャンとしてCDをリリースしたこともあるマルチな才能の持ち主。かと思えばガタイもよく、ワイルドな一面もある。女性も一緒にいて飽きないのでしょう」(コミック誌編集者)







漫画界のモテ男と噂になった「五十路愛人」について、知人男性が明かす。

「A子さんはサラサラのロングヘアが印象的な和風美人です。年相応に、ややぽっちゃりした感はありますが、足は細く、肌はツルツルでとても50代には見えません。 いつもスカート姿で大人の色気を振りまいていて、愛嬌もあります」

社内では「デキる女」として有名だったという。

「今回の報道が出る前からA子さんは編集の現場から離れていますが、月刊誌や週刊誌にいた頃、編集部内で“鬼上司”とささやかれていたそうです。 ふだんは穏やかな方ですが、後輩や部下の指導にも熱心で、つい厳しい口調になってしまうこともあったとか」(文藝春秋関係者)

また、彼女が「不倫騒動」の一方の当事者とされていることについては、

「社内だけでなく、取引先でも噂になっています。かん口令が敷かれているわけではありませんが、A子さんを気遣って、社内でその話題に触れる人間はいません」(前出・文藝春秋関係者)

真相ははたして‥‥。発行元である天下の文藝春秋におそるおそる問い合わせると、

「弊社では、社業以外のご質問については回答しておりません」(広報部)

出版界を騒然とさせた「不倫愛」はどんなオチを迎えるのだろうか。

ソース:アサ芸プラス


Focus 2: 浦沢直樹と出版社社員の相手女性における不倫

 

no title

浦沢直樹と不倫相手の出版社社員の女性は、はたしてどのような不倫をしていたのか。

これもまた週刊誌で明らかになっている。

8月10日の昼下がり、浦沢直樹が原宿の整体院『H』で施術。その後、近くのスポーツショップへ向かった彼のもとに現れたのは黒髪の女性(不倫相手)だった。女性は慣れた様子で彼のカバンを持つと、浦沢直樹のみメガネをはずしてニットキャップをかぶって変装をした。

その後2人はスープカレー店『S』でやや遅いランチを楽しむと、何事もなく解散したとのこと。

しかし、別日に浦沢直樹と黒髪の女性がまたも密会している様子が目撃された。

その日の天候は雨。午後8時過ぎに黒髪の女性はひとりでホテル『E』の中へ。

 

画像: 浦沢直樹と不倫相手女性がホテルに入る様子

no title

その1分後に時間差で浦沢直樹もホテルに入っていった。それから3時間ほど経過すると、同ホテルから浦沢直樹のみが出てくる。その1分後に黒髪の女性が姿を現わす形となった。2人はホテルから離れた場所で再度合流して共に歩き、大通りでタクシーを拾うと別々に帰路についた。

 

画像:浦沢直樹と不倫相手女性がホテルから出る様子

no title

このようにホテルに入ってから出るまでの様子がきっちり画像になっている。

つまり、浦沢直樹の不倫は疑惑ではなく、ほぼ間違いのない“事実”と言っていいだろう。


 

Focus 3: 顔画像が明らかになった不倫相手の出版社女性社員は誰なのか?

 

no title

浦沢直樹の不倫相手とされる出版社社員の女性で明らかになっていることは、大手出版社に勤務しているということ、かつて大手出版社に勤務していたということ、の2点。

ネット上では「週刊文春」の記者、もしくは編集者という見方が強くなっているが、そのほかにも「小学館」や「講談社」の社員という噂も浮上している。が、週刊誌が「週刊文春」に勤務していたと報じていることから、浦沢直樹の不倫相手女性は週刊文春の社員、もしくは元社員と見ていいだろう。(報道によるなら現在は文藝春秋に勤務)

また、同不倫相手の女性においてはす顔画像(モザイク付き)も明らかになっているが、名前などは不明。しかし、以下の詳細は明らかになっている模様。

浦沢直樹の不倫相手女性 詳細

名前: 明らかにされていない
年齢: 50代前半
顔: モザイク付きですでに公開されている
職業: 大手出版社に勤務している(週刊文春が有力)
不倫頻度: 浦沢直樹と週に2回密会していた
出会いのキッカケ: 浦沢直樹と出会ったキッカケは数年前の雑誌の企画
結婚: 既婚者。年下の旦那が同じ会社にいる
子供: 子供はいない

これだけの材料が揃っていれば、もう浦沢直樹は言い逃れが難しい状況・・・。

週刊文春といえば芸能人の不倫を暴くことでイケイケ状態であるが、まさかその社員が不倫報道をされるとは。

まさにちょっとしたブーメラン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。