高橋惠子が若い頃に発表したヌード画像がエロすぎる【宗教】

takahasikeiko

ここ日本では有名な女優・高橋惠子だが、以前にヌードになっていたことをご存知だろうか?

今も十分にキレイな容姿で若者からの支持もあるわけだが、若い頃の高橋惠子を見ればまたイメージが変わるかもしれない。

という事で今回は女優・高橋恵子のヌード画像をはじめ、若い頃の情報や、問題となった失踪についてまとめた。

高橋惠子、若い頃に数々の大胆ヌード画像を披露していた

高橋惠子のプロフィール

no title

高橋惠子(たかはし けいこ、1955年1月22日 – )は、日本の女優。血液型AB型 身長162cm。本名:同じ、旧芸名・旧姓:関根 恵子(せきね けいこ)。北海道川上郡標茶町字磯分内熊牛原野出身。小学6年生からは、東京都府中市で育つ。

来歴・人物
デビュー作品は当初『おさな妻』で決定していたが、『高校生ブルース』の主演予定だった女優が怪我をしたことから、代役に抜擢されて、旧姓(当時の本名)関根恵子の芸名で、1970年8月封切の『高校生ブルース』で主演デビューを果たす。

妊娠する女子高校生という当時としては衝撃的な役を演じ、ヌードだけではなく、白いパンティに透けたアンダーヘアや、透け透けのネグリジェ姿を披露するなど、15歳とは思えない大胆な演技で、話題を集める。さらに同年『おさな妻』でゴールデンアロー賞新人賞受賞。マスコミによる記事で、奔放な不良少女のイメージが作られた。自分とは違うイメージが一人歩きしたことから、女優引退を決意するが、引退作のつもりで臨んだ増村保造監督の『遊び』で増村の情熱に感動し、辞意を撤回した。

1971年11月末に大映が倒産したことにより五社協定が自然消滅し、東宝へ移籍した。翌1972年、新・だいこんの花にレギュラー出演し、竹脇無我の妻役を務めた(インタビューでは川崎敬三の妻役と答えているが本人の勘違い)。同年7月から東宝と日本テレビが共同制作していたテレビドラマ『太陽にほえろ!』に2年間。 レギュラー出演した。

1973年、熊井啓監督の映画『朝やけの詩』に主演。映画の冒頭、湖を全裸で泳ぐシーンが話題となった。野尻湖で撮影された、このシーンでは、前貼りをせずに撮影に臨んだが、あまりに湖水が鮮明過ぎてヘアーが見えてしまい、環境庁からもクレームがあったことから、ロケ地を変更して撮り直しになった。

1974年3月、『太陽にほえろ』で共演した松田優作の劇団「F企画」の旗揚げ公演「みやもと武蔵」で舞台デビューを果たした。

1977年、年明け直後からストレスがピークとなり、自己否定するようになった。同年春、睡眠薬を大量に服薬し、自殺未遂を起こした。その後、女優業を休業して、岐阜県の山村で晴耕雨読の日々を送った。

1979年の初夏に事務所に女優復帰を申し出て、7月21日初日の渋谷PARCO西武劇場公演『ドラキュラ』の舞台公演でのルーシー役が決まったが、演技に対して恐怖を感じて、7月20日、タイのバンコクに逃亡した。同年11月初旬に日本に帰国し謝罪会見を開いた。一時芸能界引退を決意するが、翌1980年1月に芸能界復帰会見を開き活動を再開した。民放のサスペンスドラマの愛人役で復帰。

にっかつロマンポルノ10周年記念の大作『ラブレター』の主役へのオファーをもらった。同作品は、ロマンポルノ史上最高の興行収入を記録した。『ラブレター』公開後、所属事務所との契約が切れる時期に、かつて太陽にほえろで共演した萩原健一からの誘いを受けて、比較的小規模の事務所に移ることとなった。

1982年、操上和美撮影のヌード写真集が発売された。同年三菱銀行人質事件を題材とした映画『TATTOO<刺青>あり』で映画監督の高橋伴明と知り合い結婚、同時に芸名も高橋姓に改名。以後は大人の落ち着きある女性の役柄を数多くこなしている。

2012年11月、『カミハテ商店』で、1989年の『花物語』以来23年ぶりに映画主演をしている。

引用:Wikipedia

 

Focus 1: 高橋惠子が若い頃に発表したヌード画像まとめ

 

前述しているが高橋惠子は若い頃に数々のヌードに挑戦している。

当時の高橋惠子(関根恵子)を知らない者からすれば、高橋惠子が脱ぎ女優だったことはとても想像できないはずだ。

それでは高橋惠子が若い頃に発表したヌード画像をご覧いただこう。

 

画像: 高橋惠子 若い頃のヌードグラビア

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

美乳かと問われればその線引きが難しいが、素晴らしい胸の持ち主と言っていい。

高橋惠子のヌード画像としてはちょうど上記の3枚が撮影された頃がもっともエロいが、さらに若い頃?のヌード画像をもあるのでそちらも。
“{ "":"", "":1, "":"on" }”>

 

画像: 高橋惠子 さらに若い頃のヌードグラビア(※時期不明)

no title

no title

no title

no title

no title







no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

画像によって可愛いと感じるものもあれば、クールで尖った雰囲気のものも。

いずれにしても若い頃の高橋惠子は変わらずキレイだった。
もちろん今も熟してさらに美しくなっているが。


 

Focus 2: 高橋惠子、若い頃の失踪事件の真相

高橋惠子、36年前の”愛の逃避行”失踪事件の真相語る「死ぬつもりだった」

no title

女優の高橋惠子(59)が、10日に放送されたTBS系トーク番組『サワコの朝』(毎週土曜7:30~8:00)に出演し、36年前の失踪事件について真相を語った。

15歳の時に出演した映画『高校生ブルース』(1970年)でヌードを披露し、鮮烈な女優デビューを飾った高橋。その後、数多くの青春映画に出演し、70年代を代表する人気女優へと登り詰めるも、1979年の舞台『ドラキュラ』を突然投げ出し、若手作家と共に海外へ失踪したことから”愛の逃避行”と呼ばれて世間を騒がせた。1982年、27歳で映画監督の高橋伴明氏と結婚。それを機に、芸名を「関根恵子」から「高橋惠子」に変えた。

この失踪について、高橋は「これはなかなか一口で言えないことですけども」と前置きしながら、「若気の至りというのか…その時は死ぬつもりだったものですから」と当時を思い返した。理由については「演じることが嫌になったというわけではないんですけども…ある事情から」と多くを語ろうとしなかったが、司会の阿川佐和子から「恋愛絡み?」と聞かれると「そうですね」と認め、「舞台を辞めることなんか、もってのほかですからね」と自殺を覚悟しての降板だったという。

しかし、「死んだ後のことを考えたら、自分の荷物を誰が片付けるんだろうと思ったんです」と親の顔が浮かび、「そんな思いはさせちゃいけない」と踏みとどまった。失踪中は海外で過ごし、開放感はなかったが貴重な発見があった。屋台で店員が食べ物を丁寧に焼いている姿を見た時に、「私にないのはこれだ」と思い、「見られている時には一生懸命やる。人からこうしなさいと言われたら一生懸命やる。でも、人が見ていようと見ていまいと本当に真心を込めて何かをすることが私にはないんじゃないか」と痛感した。

逃避行は112日間に及んだ。「帰るしかないし、親も心配しているわけですし。捜索願まで出されましたから」と日本に帰ることを決断したが、そこで待っていたのは周囲の批判。高橋はその状況を「”針の筵(むしろ)に座る”とはこんな感じ」と例え、「俳優さんも私が出るなら出ないという人もいた」と共演NGとされるほど、世間の風当たりは強かったという。

事務所に所属せずに個人マネージャーが付き添っていたことから、けじめはすべて自分一人。まずは舞台関係者に謝罪し、損害を賠償。自ら仕切って、記者会見も開いた。当時、記者からは「あなたは人間失格」などと厳しい追及を受けたが、「冷静に受けとめていたと思います。何を言われても悪いのは自分ですし、詫びるところは詫びてけじめをつけよう」と覚悟の上での謝罪会見だった。

その後、約1年間の謹慎期間中に考えたのは「これから」のこと。「舞台に出てはいけない」と心に決めていたが、復帰後は女優として求めてきた人の期待に応えて、ドラマや映画に出演した。そして、1982年に映画『TATTOO<刺青>あり』で高橋監督と知り合い、「運命的なもの。縁を感じました。一緒にいて自分らしくいられて、どんな逆境に追い込まれてもこの人とだったらゼロから一緒にやっていける」と感じたことが結婚へと繋がった。

そして、「”女優・関根恵子”のイメージを抱えたままの結婚生活は難しいと思ったんです。自分に近いところで女優をやってみたい」という思いで芸名を変更し、「脱がない」ことも決意。新婚旅行で海を見ながら、高橋は「関根恵子は死んだ」と思ったのだという。

ソース: マイナビ

若い頃の高橋惠子は相当なストレスを抱えながら活動していたのだろう。

世間から勝手に不良といったイメージを作られ、ヌード画像などの影響もあって本来の自分を伝えることができなかったに違いない。

 

Focus 3: 高橋惠子における“宗教”のウワサ

 

no title

最後に女優・高橋惠子に関連するウワサで常に浮上する“宗教”情報を。

はっきり言ってソースが定かでないため、高橋惠子が本当にその宗教に入信しているかは不明だが、すでに廃刊となっている「マルコポーロ」にて芸能人が入信している宗教が特集されていた。

その情報によると、高橋惠子が入信している宗教は「真如苑」。

 

真如苑(しんにょえん)は、東京都立川市柴崎町に総本部を置く、仏教(真言宗)系新宗教。真如苑では、自らの特色として「出家仏教の修行を基盤とする在家仏教教団」としている。真言宗から独立後、「まこと教団」と称していたが、管長・伊藤真乗が傷害容疑で逮捕・起訴されると、教団は大きな打撃を受け、1951年、真如苑に改名し、1953年、宗教法人として認証を受けた。

引用: Wikipedia 

 

現在は数え切れないほど新興宗教が存在するわけだが、高橋惠子が入信していると思われる真如苑は宗教的に問題ないのだろうか・・・?

なお、以下の記事をチェックすれば、真如苑は「邪宗教」としている。

真如苑は「邪宗教」である理由(ページ中段)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp

sponsored Link

Watch the new world

Twitter @ infocatcher1

Entertainment



Bestseller



return top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。